post image
Read this post

はじめてJ

この間から絵を置いてもらっている千秀さんでお会いした嵐ファンの方が松潤が好きというので、松潤かー描いてみてもいいなーという気になった。同じくお店でお知り合いになった油絵を描かれる方からは、絵はずっと描いてないと腕が鈍るから描きなさいと言われていた。以前の私だったら「智くんを好きだから描きたい」という、純粋というかストイックというか、そういう理由以外で絵を描くなんて意地になって反発しただろう。でも、...

post image
Read this post

絵を飾ってもらいに行ってきた

ヨガの帰りによくお茶しに行く近所の喫茶店。親子でされていて、小ぢんまりとあたたかい雰囲気のお店、『千秀』さん。少し前からサンキャッチャーを置いていただき販売させてもらっていました。地元のお客さんが多く、アットホームで居心地がいいのでいつもついつい長居しちゃう。先日納品に来店した際に私が描いた智くんの絵のポストカードを見せたら、これも飾っておくね~と快く言っていただきレジ横の棚に。次に行った時には先...

post image
Read this post

嵐の活動休止に思うこと

常日頃からこのブログでも申しているように、私は過剰な人間だ。そして最近はっきりと自覚したのだが、私は人生に退屈したくないと思っている。いつも楽しくしていたい。松潤じゃないけど、ヒリヒリとドラマチックなのがいい。だから日々の喜びも悲しみも結局ドラマチックという点ではおなじで、心の奥底ではどっちもちゃっかり堪能しちゃってるのに最近気づいたのである。嵐の一報を聞いた時まず最初に、「え?やっぱ来た?だよね...

post image
Read this post

うれしいことひとつ、悲しいことひとつ

悲しかったこと。約10年通ったヨガ教室が2月いっぱいで閉鎖することになった。始めた当初は子ども達は7歳と3歳くらいで、次男を遠くの園まで往復車で1時間かけて通わせていたから今よりずっと忙しかったはずだけど、とにかくヨガを始めてみたかった。10年の間に先生の都合で何度かお休みがあったりしたし、一時期10人くらいはいた生徒数も入れ替わりがあり、ここ数年は少人数でアットホームにひっそりと活動していた。先生は生徒数...

post image
Read this post

『ボヘミアン・ラプソディ』

先日嵐コンに一緒に行くため神戸からはるばる来てくれていた友人が、ふと「『ボヘミアン・ラプソディ』、よかったよ」と言った。とくに映画の話とかしてるわけでもなく、わりと唐突に。ふーん、クイーンね、クイーンって名前は知ってるけど、(曲も実はけっこうどこかしこで聴いたことがあったと映画観てわかった)それぐらいの知識でも面白く観れる?ま、この流れは観ろってことだね。結局一週間もあけずに2回観た。ものすごく心...

post image
Read this post

ARASHI Anniversary Tour 5×20

20周年ドームライブ、行ってきました。当選したのは2016年夏のアリーナツアー以来。その前は2013年『LOVE』ツアーだったので、3年に一度は当選していることになるね。今回は神戸から来てくれた短大時代の友人との参加。久しぶりの再会を喜び、ドーム横につい最近オープンしたMARK IS 福岡ももちへ。はじめて見るお店がたくさん入っていて、人も多くにぎやか。美味しい回転寿司を堪能して、開演時間に合わせてグッズ売り場へ向かい...

post image
Read this post

うちわ完成2018

今日は智くんのお誕生日。なんと!38歳ですって!!今朝子ども達に言ったら、長男が、「大野くんってもうそんな歳なん?お母さんが好きになった時にはもっと若かったのに、いつの間にかお母さんの歳、追い抜いたんやね」wwwほんとそれくらい、もうたいがいええ歳やねってことで。30代後半の嵐、素敵じゃありませんか。智くんの一年がしあわせでありますよう願っています。さて、うちわ。実はもう早くに一枚出来上がっていたのです...

post image
Read this post

新しいMINIがやってきた

約2年前のこの記事 → 💛思い出のたくさんつまったコ、もう一度乗りたい。最後の望みをかけて先日修理の見積もりに出しました。おなじ頃、久しぶりに短大時代のお友達とLINEで話して、車好きの彼女がイタリアのマニュアル車を買ったといってしばし車談議に花が咲きました。好きな車に乗れない人生なんてつまらないよね、やっぱりもう一度MINIに乗りたい!そんな強い気持ちがむくむくーっと湧き上がってきたのでした。見積もりの結果...

*ロッタ*
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。