スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピッツのゴースカに行ってきました

ゴースカ。
正式には「GO!GO!Scandinavia(ゴーゴースカンジナビア)」といって、
スピッツのファンクラブ会員限定のライブのことを指します。
それに昨晩行ってまいりました。

前回は2015年、Zepp福岡というライブハウスでありまして、その時は2階席。
ステージからちょっと遠かったけど時々着席しながらのんびり観れました。
Zeppが取り壊しになり、7回目となる今回は天神のDRUM LOGOSというライブハウスで行われました。
ここは椅子席はなくすべてスタンディング。
少しでも見やすい場所を確保するべく、最寄りの駅のコインロッカーにバッグ類は預け、
入場に必要な持ち物とスマホだけを持って列に並びました。
緑の多い公園をぐるりと囲みながら列をなし、整理番号400番台の私はちょうど真ん中あたり。
なので必然的に会場でもだいたい真ん中あたりの場所でした。
そうだなー、ステージまで4メートルくらいでしょうか。
割と近く、メンバーのお顔がきれいに見えました。

いつも思うのですが、スピッツファンってみんなおだやか~にのんびりと笑顔な人が多い。
無理にいい場所に行こうと押したりする人なんかもいなかったな。
ゴースカは会員ひとりにつき一枚しかチケットが取れないので、みなさんおひとり様なはずですが、
それぞれおとなりの人とすぐに仲良くなり、
私も初対面のファンの方おふたりとライブ後ご飯をご一緒してきました。
昨夜の平均年齢43歳(スピッツ調べ)だそうで、すでに2コオーバー。
スタンディングに足腰が耐えうるか心配だったけど、ジャンピングまでしちゃったもんね。
もうすっごく楽しかった。
ファンクラブのイベントなので歌う曲が事前投票で決められたり、
プレゼント(崎ちゃんのドラムスティック欲しかったー)をもらえる抽選会があったりする。
メンバーの相変わらずぽつぽつ話すような、世間話のようなMCはほっこり微笑ましく、
演奏してくれた新旧交えた曲の数々はなんというか、どれも濃く、しみじみとよい。
ファンも盛り上がるときは飛ぶし、静かな曲はおりこうさんに聴きますが、
スピッツはファンの好きなようにさせてくれる、どこかお父さんのような包容力(笑)。

メンバー、51歳。
田村さん。色白で話し方がとても優しく、ジャンプがまだまだ現役。負けていられない。
テッちゃん、元気そうでよかった。髪が老けない。ますますパンク。
崎ちゃん。衣装のパジャマと汗の対比が色気さえ感じるふしぎ。大大大好きな崎ちゃんのドラム。
マサムネ。痩せてた。仙人のよう。でも目はずっと変わらない。どこかさみしげに見えたのは気のせいだろうか。

最後のほう、この会場参加者の事前投票第1位の曲ですっていって、『桃』を歌ってくれました。
たぶん私も入れたと思う。
大好きな歌。
マサムネが素敵な声で歌うのを見ながら、
すきだなーとかうれしいなーとかがぐぐぐとこみあげてきて、
もう欲しいものはぜんぶここにあると思ったのでした。
彼らの歌う日々の小さくて愛しい営みの中にぜんぶあると。
いつも変わらずいてくれる、歌い続けていてくれるスピッツには感謝しかありません。
ありがとう。

帰ってきて手持ちの古い雑誌を引っぱり出してみました。

ああ、若いね。
このマサムネ、好きなんだー。

553101521_convert_20180713211909.jpg



553101549_convert_20180713211918.jpg


ずっと心の恋人、マサムネ。
この世界にこんな人がいてくれてよかった、何度そう思わせてくれたことか。
世の中捨てたもんじゃないね。
ちなみに「桃のくちびる」とは産毛の生えたそれではなく、桃を剝いた時のつるんとしたさまをあらわしているとのこと(ネム様談)。
てか、ふつうそっちだよね(笑)。
スポンサーサイト

木が倒れました。

先日の豪雨で被害にあわれた方に心よりお見舞いを申し上げます。
私の住む町でも土砂崩れで家が埋まってしまった場所があります。
幸い我が家は無事でしたが、テレビで信じられないような光景を目にして胸が痛みます。
自分にできることは今目の前のことをきちんとやることなんだなと感じます。
ちゃんと生活するというか。


さて前回に引き続き庭ネタです(需要ある?)。
大雨の前に台風ばりに風が強い日がありました。
夜中何だか騒がしいので目を覚ますと、長男が「お母さん、見て見て!」とあわてております。
窓の外を見やると、な、なんと、庭の木が根元からこてんと倒れてしまっていました。
台風が来るとテレビで強風であおられて倒れた木なんてやってるけど、
まさかほんとうに倒れるもんなんだ。

哀れ。

36983677_1078368302312558_3921383107789324288_n_convert_20180711135102.jpg


シマトネリコという木で、我が家には計5本植えているのですが、倒れたのはこの一本だけ。
翌朝造園屋さんに来てもらったら、大きくなっている(高さ4メートルくらい)わりには根が下に張りきれてないことが原因とのこと。
土が硬かったり水はけが悪いと根が下に伸びないんだとか。
そのうえ手入れ不足でぐんぐん上に伸び、5本のうちいちばん大きいのは7~8メートルはある。
シマトネリコは細長いシルエットが持ち味の木なんだけど、背が小さいうちから剪定しないと巨木になる。
風には強いらしいが、大きくなって葉が茂ればそのぶん風をまともに受けてしまうのだ。
うーむ、今までを反省。
いい機会だからほかの木も全部メンテナンスしてもらうことに。
見積もりをお願いしたところ、予想を上回るいいお値段。
だが仕方ない。

今朝から造園屋さんの方が見えたのだけど、職人さん3人が若い!
20代前半くらいの男の子たちがこの暑さの中頑張ってくれています。
差し入れをお渡しした時のさわやかな返答といったら!
機材で傷つけないよう家の外壁にシートを張ったり、
はがした芝や掘った土もブルーシートの上で待機させたり、
細やかな作業をしてくださっているのでよかった。


倒れた木ですが、正直もうダメなのかと思ったんです。
でも、ほら、こうなりましたよ。

36996369_1078368312312557_7882875600896000_n_convert_20180711135117.jpg

だいぶ枝を切られてしまいましたが、すっきりとしてどこか若々しく自慢げに見えます。
木の棒は補強のため。
またしっかりと根付くまでは1年くらい、元のように大きく茂るには3年くらいかかるそう。
ちなみに芝生は週一回刈るぞーとかはりきってたけど、ちょっとおさぼりして伸びてきちゃった。
でもこうして画像でみると青々としてきれいですね。
木がきれいになったら刈らなくちゃ。

となりの芝生は青く見える

今住んでいる家、建って今年でちょうど10年。
当初は手入れもよくされ青々としていた庭の芝生。
家族構成の変化(笑)によってまめに手入れをしてくれる人が不在となり、
しばらくは芝生専門の庭師さんにお世話を頼んでいました。
(その頃にはまだこんなにきれいな芝生→2014年7月の記事
さすがにお金がかかるのでここ数年は年に1、2度シルバー人材センターに草刈りついでに芝まで刈ってもらい、自分でも1回くらいは芝刈り機をかけるかな~ってな程度。

大した手入れもしないのに我が家の庭木も芝もとても元気で、
ということは雑草だってものすごく勢いがいいわけで、
毎年夏が近づいてくると伸びきったそれらを見てはユウウツな気持ちになっていました。
で先日重い腰をあげて去年かおととしに購入したばかりのマキタの電動芝刈り機で芝刈りしました。
当初はバロネスの手動式芝刈り機を使っていたのですが、芝が伸び、土面がでこぼこになってきて、
滑りが悪くなってきたので手っ取り早く電動のものに替えてしまいました。
しかし電動とはいえ、我が家の芝生面積はなかなかけっこう広いうえに、
平らな土面でなかったり庭木や敷石があったりして刈るのが重労働。
シルバーさんに頼めるのも金銭的に月に1回程度だし、かといって自分で刈るのも大変だし、
このままでは雑草だけの庭になる年も遠くない、さてどうしたものか。

とりあえずもっと楽に、女性の私でも芝刈りできる機械はないのか。
過去にはこういうのがいいんじゃないかと真剣に思ったことがありました。

mono18498655-150616-02.jpg

エンジン式仮払機。
私の住んでいるところは田畑が多くて、ご近所には趣味で野菜をつくっているご老人の方も多く、
草刈りっていったらこの機械なのですよ。
シルバーさんが芝刈りしてくれるのもこれでやってくれる。
すいすい刈れるし時間がかからないのが魅力。
でも、これ、こわい。
回転するガリガリがこわい。
私、何でもやれるけどこれは敷居が高い。

じゃあさ、外国でよく子どもがアルバイトで芝刈りしてるあのでっかい芝刈り機はどう?

d10eff06-s_convert_20180703155748.jpg

子どもじゃないけど、なんかラフ~。
芝刈りするのにホットパンツって。
うん、これなら馬力がありそう。
外国のだだっ広い芝生に対応できるんだからきっと我が家の庭でも容易なはず。

調べてみたらホンダが製造販売している芝刈り機っていうのがどうもあるらしい。
丈夫で長持ち、我が家の庭のように雑草まみれの芝生でも刈ってくれる。
ただね、気になるのはエンジン式っていうこと。
レギュラーガソリンで動く。
ガソリン買ってきて、きちんと専用容器で保管して、オイルのメンテもやって、と面倒だけど、
電気コードのわずらわしさはない。
重さやエンジンのかけ方なども気になったけど、レビューを見るとそう苦でもなさそう。
あとは値段ですが、きっとこれ以上にパワフルな芝刈り機はない(ゴルフ場なんかの乗用式は別)はず。
手動、電動と試してきて、かかる時間と手間にくじけてきた今、この値段はむしろ安心に払うお金だ。
大丈夫、これなら任せられる。


ということで購入しました。

じゃん。

IMG_7603_convert_20180703151357.jpg


IMG_7604_convert_20180703151414.jpg

HRG416という型番のもの。
HRS536とどちらにするか迷いましたが、グラスバッグがあった方がいいと思ってこれに。

燃料となるガソリンはガソリン携行缶という専用の容器で持ち運びしなければいけません。
そしてガソリンスタンドで給油してもらうのも自分ではできず、
必ずスタッフの方に声掛けして入れてもらう必要があります。
ほえー、はじめて知ることで新鮮。
芝刈り機本体には赤い部分の上のところのキャップをひねってガソリンをドボドボっと入れるだけ。
問題のエンジンですが、右手の細いワイヤーみたいなのを引っ張って稼働させます。
いきなり最初からぶるんるんと好調な滑り出しと思いきや、2度目がまったくかからず。
次男を呼んできて手伝ってもらいやっとのことで再起動してからは順調でした。
力が要るというよりはコツが要る感じ。

そしていよいよ芝を刈ってみます。
おお!刈れてる!
落ちていた細い木の枝や、15センチ程度の雑草ならいっしょに巻き込みながら芝を刈っていきます。
時々引っ張られて体がぐいーんとなったりしましたが、レバー操作に慣れてきたら問題なし。
重さがあるので持ち上げて方向転換するのが力が要りますが、45歳の今はまだ大丈夫。
自走するのでとにかくあっという間に刈っちゃう。
ご近所への騒音が気になっていたけれど電動のものより気にならないくらい。

IMG_7605_convert_20180703151426.jpg


IMG_7606_convert_20180703151443.jpg

スカーッときれいになりました。
(画像がちと暗めなのは夕方だから。芝刈りは私の場合夕方に限ります。)
何しろ手入れをさぼっていたぶん仕上がりはまだらで茶けた部分も多くありますが、
数日して伸びてくると緑になってくれます。
芝生にとっていちばん大事なのは『刈ること』だそう。
とりあえず今夏、目標は週に一回の芝刈り。
それで雑草の生え具合や、芝生の成長度合いがどう変化するのか。
刈って、刈って、肥料もあげて、刈って、刈って、水やりも忘れずに。
やってみようと思っています。

そんな私の目下の楽しみはインスタグラムでの芝生めぐり。
#芝生
#芝刈り
なんてワードで検索するとたくさん出てくる素敵な芝生の数々。
管理されているのは断然男性が多いような印象。
ハマり症なのはやはり男性なのでしょうか。
短く切りそろえられて青々と光った美しい芝庭にため息が出ます。
雑草があっても一緒に刈り取ることですっきりと目立たずに清潔な庭であればいいと思っていましたが、
感化されてちょっと欲が出てきました。
我が家なりの芝生ライフ、楽しもうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。