サンキャッチャー、まとめてドドーーンと。

熊本にいるお友達がやるワンデイショップに出してもらえることになったので、
ちょこっとつくってみたので紹介。


☆古道具屋っぽいイメージのお部屋用☆

IMG_0009_convert_20131016135926.jpg

グリーンのはたぶんすごく安かった(と思う)アクリルビーズ。
キラキラしすぎていないところが好き。


吊るすとこんな感じ。

IMG_3039_convert_20131016135939.jpg

トップはスワロフスキーのシャンデリアパーツ。
このかたち()。
リーフ(葉)という名前だけど、気品がある。宝石みたい。



☆安定のシャンパンゴールド・お部屋用☆

IMG_0320_convert_20131016140101.jpg

シャンパンゴールド系はよくつくるけれど、
そのたびにやっぱりスワロフスキーはどうしたって美しいなと感嘆のため息が出る。
透明感と微妙な色合いがさすがなのだ。


IMG_0025_convert_20131016140044.jpg

ちょうど真ん中に配置した大きめのビーズも何とも言えないかたち。
カットがとてもきれい。



☆キラキラ星・お部屋用☆

IMG_0015_convert_20131016140011.jpg

黒っぽく見えるビーズは実は濃いブルー、夜の藍色。
配置はランダムにしました。
宇宙の屑みたいに。


IMG_5799_convert_20131016140136.jpg

お部屋用は長さが30センチほどですが、これはすごーく長い。
ビーズは小さめだけれど存在感があって、窓辺に飾ると可愛くてついつい見てしまう。



☆天使の羽根~♪・車用☆

IMG_7666_convert_20131016140156.jpg

なんだかんだ言ってスワロフスキーのビーズではクリスタル(透明色)がいちばん美しい。
カットが映えるし、どこまでも透き通っている。
で、ついつい白い羽なんてつけちゃうってわけ。
トップはけっこうめずらしいかたち。スワロです。


IMG_1944_convert_20131016140118.jpg

長さ20センチくらいで少し短めなので車用かな。
ただし、目の前でゆらんゆらんしてても気にならない人限定(笑)。
私は全然平気なタイプ。
 


☆ストラップは楽しい☆

IMG_0019_convert_20131016140027.jpg

今回ははじめてスマホのイヤホンジャック用のものもつくりました。
ストラップはあれこれあまり悩まず、遊び心でチャチャチャッとつくれていい。
ふわんふわんのミニミンクはもう何年も前に買っていたものでやっと日の目。
丸カンを糸で上下に縫い付けて使用しています。

興味のある方はこちらもよかったら見てみてください。→mixiアカウントでやってるサンキャッチャーのページ









北欧の森へ

サンキャッチャーは最近では全然つくっていなかった。
なのに、続けてふたつ依頼がきた。
どちらも前からのお友達だけど、本当にふいに。

一時期はたくさんいただいていたオーダーも、
離婚の前後くらいから何となくつくる気がしなくて消極的になったら、
だんだんとなくなっていった。
飽きたのもあるけど、どうも私は気が向いた時にやる方が性にあっているらしい。
だからもうこの先もうつくることもないかもなんて思っていたのだけど、
こんなふうに機会がやってくるってことはこれも私の役割なのかもなんて思ったりね。


これはご友人の新築祝いにとオーダーされたもの。

IMG_3626_convert_20131010075757.jpg

木の温かみを感じる、賑やかそうなお宅だったので、
ガラスビーズばかりだとシャープで冷たい感じになってしまう気がして、
前にいつか使えるかもと思って買っておいたフェルト玉を入れてみた。
ドロップスみたいな色のアクリルパーツはラ・ドログリーで買ったもの。
白の葉っぱ型のは、本来の用途はもしかしたらしおりかオーナメントなのかも。
薄いけど金属っぽくて、変形しやすくわりとデリケート。
でもサンキャッチャーにつけて吊るす分には問題なさそう。
イメージは北欧の森。白樺。


吊るすとこんなふう。

IMG_3630_convert_20131009214719_convert_20131009220608.jpg

ミラーボールみたいなまあるいこのガラス玉は本当にミラーボールみたいな光の粒をつくる。
いっぱいの粒と虹の光。
サンキャッチャーの光の旬は以外にも秋~春。
陽が低いほうがすごくよく虹をつくってくれる。
秋になって我が家の窓辺の子たちからもたくさん虹が生まれていて、とても可愛らしいです。









チャン・グンソクモデルのサンキャッチャー

チャン・グンソク氏は友人にファンがいるので親近感。
そのモデルのサンキャッチャーもいつかつくることがあるだろうと思っていました。
今回ご依頼をいただき動画を観てみましたが、
観る前から何となくのイメージカラーとテーマみたいなものは決まっていました。

『ポップでキュート』

話し方も仕草もキラキラ☆彡パチパチ☆彡ってはじけてる感じ。
それでいてどこかノーブル。

星のかたちのエレメントをご指定だったので、それもイメージをどんどん膨らませてくれました。
☆星☆を主役にして、カラーは大人っぽく。
ヒョウ柄もどこかに入れたい。


そしてできあがったのがこれ。

IMG_2723_convert_20130317091026.jpg

サンキャッチャーというよりバッグチャームみたいなじゃらじゃら感を出したくて。
色とりどりの羽根をつけた帽子をかぶった彼の画像が記憶にあって、

これ。

o0478072012308021531_convert_20130317092532.jpg

羽根も付けてみたくて、黒のものをチョイス。



IMG_2725_convert_20130317091046.jpg

この Happy っていうチャームが私の中では何とも彼らしいような気がして。
男の子だけどリボンとかスパンコールとかチビTとか、そういうのが似合っちゃうようなとこも。


吊るすとこうなる。

IMG_2727_convert_20130317093049.jpg


ご依頼を受けてこうしてつくるわけだけど、その機会をありがたくいただいて、
でもそのご希望に添おうとばかり思ってつくると全然楽しくないので、
実は自分の思うように自分のイメージでしかつくっていないということが今回すごくわかった。

彼のファンが見たらどう感じるのかはわからないけど、
私的には私から見たチャン・グンソクを表現し尽くした感があって、
アイディアもすぐに湧いたし、楽しかったし、楽しませてくれたのは彼かな。
そういう意味でもやっぱりスターなんだね。








テーマ: ビーズ | ジャンル: 趣味・実用

ピンクのサンキャッチャー

ふたつともに同じ方からの依頼で、娘さんおふたりへのプレゼント用。


サーモンピンクのビーズ。

IMG_2703_convert_20130306114316.jpg

あいだを空けて空気感をつくり、ゴールドの金具で大人っぽく。
トップはご指定通りにしずく型の透明色5センチ大のものだが、
これは虹がたくさんできるし、どんなイメージにも合うのでつかいやすく出番が多い。


元気な感じのピンクのビーズ。

IMG_2705_convert_20130306114331.jpg

いろんなかたちのビーズをつなぎ合わせるうち、その賑やかに並んだ様子とビーズの形に、
何か宇宙っぽいなと思ったので太陽と月のチャームを付けた。
シルバーの金具はつかうビーズによってはゴールドの金具より若々しい感じになる。


今の季節の太陽の高さはたくさん虹を連れてくる。
今日みたいな暖かな晴天の日は、サンキャッチャーもすごくうれしそうに見える。









テーマ: ビーズ | ジャンル: 趣味・実用

Twinkle Star

可愛らしく瞬くお星様のようなイメージでつくってみました。


IMG_6005_convert_20121203092239.jpg


長さ80センチのロングタイプです。
ボタン型のクリスタル(天然水晶)は等間隔ではなくわざとランダムに付けました。
テグスではなく細い細いチェーンを使用しています。

トップは28mmの星型のガラス。
ストラップなどに使用するミニサイズではありますが、
スワロフスキーなのでカットも形も存在感があるし可愛い。


吊るすとこんなふう。

securedownload_convert_20121203092308.jpg

きれいでしょう?
長さを変えてたくさんつくって下げると星のカーテンみたいになって楽しいかも。








テーマ: ビーズ | ジャンル: 趣味・実用

強風の日に

今日はやけに風が強いなと思ったら台風接近中だった。
そうとは知らず家じゅうの窓を開け放ったものだから、ものすごい暴風が吹きこんで
窓辺に吊り下げているいくつかのサンキャッチャーのうちひとつが落っこってしまった。

この子。よかった、割れなくて。
IMG_0824_convert_20120828115938_convert_20120830114154.jpg

これは去年5月にスピッツのライブに行き最前列ど真ん中の席を体験し、
その後マサムネにあげるつもりで(かなりまぢで。送ろうかと思ったくらい)つくったものだ。
震災後具合を悪くしていたマサムネはその前のライブをいくつかキャンセルしていて、
ファンは気が気じゃなかったが、私が行ったライブには元気になって歌ってくれた。


マサムネ、ね。
8a54f95a.jpg
20年来の心の恋人。


そんなことがあったし、しかもほんとにすぐ目の前にスピッツがいるってことで、
今まで行ったどのライブよりマサムネがぐいぐい自分のなかに入ってきた。
彼の中の弱さも強さも歌への思いも苦しいくらいに。
で、ライブの後すぐにこれをつくった。

イメージはドロップス。

サクマドロップみたいな、缶に入ったお砂糖と香料の味のパステルカラーの。

石の色もかたちもいびつでバラバラで、それはスピッツの歌の見せる世界みたいに甘酸っぱくて、
優しくて、ノスタルジック。

結局こんなのを真剣に送ってこられてもマサムネびっくりを通り越してちょっと気持ち悪いかも、
なんて考えると勇気が出ず、マサムネの手に渡ることはなかったのですが。

元夫は私のつくるサンキャッチャーに対して求めれば感想を言ってくれていて、
それはなかなか励みになったりしていたのだけど、
ある日酔っぱらって緩んでた元夫がこれを見て、
「これは嫌いだ。いやらしさがある。」
「媚びてる。邪念がある。」
とかなんとか、そんなふうなことをのたまった。
私たちの仲がぎくしゃくし始めていたし、マサムネを思ってつくったところに少なからず後ろめたさもあり、
ちょっとぎくりとした。
酔っ払いらしくしつこく何度も言うので、なんだ、こいつ、いったい何を言いたいんだとムカついた。
これをつくって込めた思いはピュアだったからね。
今振り返れば元夫も何か感じるところがあったのかもしれないが、
誰にも気兼ねなくいろんな人に憧れや恋心みたいなものを抱けることも、
今の私に与えられた自由のひとつだとしんみり思う。

誰かを思ってつくったものにはその時の自分の気持ちが入っているから特別。
吊り下げられっぱなしでほこりがかぶっていたので、台所洗剤で優しく洗ったらきれいになった。
そしてまた窓辺に。

IMG_0927_convert_20120830114213.jpg


夏が過ぎて冬に向かって陽が低くなっていくと虹がよりたくさん出るようになる。
冬に出る虹はすごく優しい表情を見せてくれる。
自分のためのサンキャッチャー、またつくってみようかな。

次は智イメージで(笑)。