2016_09
25
(Sun)18:05

ティピーテントをつくる

「ティピーテント」って知っていますか?
もともとはネイティブアメリカンの移動式住居で、
小洒落た感じにアレンジされたものがインテリア雑誌などに載っているのを見たことがあるかも。

こういうのね。

3cc424ddd140d95b6a9c838680baf10ed9aa216b.jpg


小さくペット用にしたものをペットグッズのネットショップで目にして、
あら、可愛いと思ったけれどなかなかのお値段。
そしたら先日簡単にハンドメイドできることがわかって早速つくってみることにしました。

「ペット」「ティピーテント」で検索すると作り方や既製品などたくさんヒットします。
けして難しい作業はなく、中でも自分が作れそうなデザインのものを選びました。
私はこれと、とあるネットショップのものを参考にいいとこ取り。

生地は先日IKEAに行った時に会員限定価格になっていたこれ。
ニャンコ柄、かわいい。
メートル約1000円くらいで120センチ購入。

IMG_5067_convert_20160925174043.jpg

私のすごいところはぜんぶ手縫いだってことなの(笑)。
ミシンだともっと楽にあっという間にできちゃうと思うのだけど、
初秋の涼しい時間にのんびりと仕上げました。


完成。

IMG_5142_convert_20160925174101.jpg


もっと縦長のほうがティピーっぽいです。
縦横のバランスをあまり考えなかったので普通のテント感。


よりくつろいでもらおうと思ってクッションもつくりました。

IMG_5144_convert_20160925174148.jpg


ひもを付けて棒に通して、

IMG_5146_convert_20160925174202.jpg


入れるとこんな感じ。

IMG_5143_convert_20160925174115.jpg

いいねえ。
猫になりたい。
子どものころ押し入れに布団を敷いて寝たりしていました。
狭いところって落ち着くね。

細ストライプの生地もひもも手持ちのもの、木の棒と麻ひも、クッションの綿は買い足しましたが、
それでも3000円弱でできあがりました。


さっそく主役の2ニャンズに入ってもらいました。

FullSizeRender_(9)_convert_20160925170253_convert_20160925174025.jpg

一応ゴロンとしてくれたけどすぐに出ておりました(泣)。
クッションができあがるまでの間テントだけ設置していたけど、
出たり入ったりしてかくれんぼしたり、棒のてっぺんまでよじ登ったり、
どうやら犬小屋のワンコみたいに中でじっとお昼寝みたいなことにはならなさそう。
まあね、それはそれで…。


最近の麻と麦、とっても仲良し。
私も子ども達も毎日のように「かわいいね~、かわいいね~」と言って過ごしています。

麻はやっぱり洗面器がお気に入り。

IMG_5150_convert_20160925174216.jpg

麻を大好きな麦が無理やり体をねじ込ませるので、麻だけでも狭い洗面器は飽和状態。
でも器用に体を絡ませあってお月さまみたいにまあんまる。
愛おしいね。



スポンサーサイト
2016_08
30
(Tue)18:40

キャットタワーをつくる

実は半月ほど前に我が家にやってきていたニューフェイス。


FullSizeRender_(3)_convert_20160830172134.jpg


麦(むぎ)ちゃん。
オス。
7/13生まれ。
もらってきたその日までお母さん猫のおっぱいしか飲んだことがなかったのに、
我が家に来てすぐにカリカリを食べるようになり、
トイレも一発で覚えその後粗相もなく、
先住猫の麻から甘噛みというのは名ばかりの加減を知らない噛みつきを日々受け
「ふんぎゃぉぉぉ」と雄たけびをあげながらも仲良くしており、
とっても元気で賢いよい子。

とうとう我が家も多頭飼いってやつ。
以前から憧れていたキャットタワーを自作することにしました。
というのも先日とても感じのよいキャットタワーをお見かけしたのです。→tono-pさんの自作キャットタワー
キャットタワーの色やたたずまい、そしてお写真が静かで素敵だなと思いました。
2×4サイズという安価で手に入りやすい木材を専用金具でつっぱるだけという簡単さに、
ひょっとしたら私にもできるかもと思っちゃったわけだね(笑)。
そうなるといてもたってもいられない。


調べてみるとこの夏発売になったばかりのこういうのがあるのを見つけた。→ラブリコ
何となくおしゃれ。
つっぱる用と棚版を固定する金具をネット購入しました。

IMG_4947_convert_20160830174821.jpg

こういう時だけ貸してくれる猫の手(笑)。


その他の材料はホームセンターやダイソーでなるべく安価になるように購入。
材料費だけだと合計6000~7000円くらいでした。

IMG_4960_convert_20160830171332.jpg

木材はホームセンターの方が手早くカットしてくれます。


まず最初に木材にやすりがけをして、棚版はかるーく面取りしました。
その後オイルステイン塗布。
使用したのはワトコオイルのダークウォルナット。

IMG_4961_convert_20160830171301.jpg

色見本などなく、たぶんこれでイケるだろうと予測して購入しましたが、
我が家の床材の色とはちょっと違ってしまいました。


次男のサイズアウトした下着を切ったものにオイルを染み込ませ塗りこんでいきます。
棚版はパイン、16ミリの厚さのものです。

IMG_4964_convert_20160830171345.jpg

一度塗り後。
この後もう一度塗りこんで一日乾燥させました。

IMG_4967_convert_20160830180602.jpg

乾燥中。
乾くのが待ち遠しい。
麻たんも様子見(笑)。


そして、ついに、










完成。


IMG_4989_convert_20160830171439.jpg


つっぱり具・天井部分。

IMG_4993_convert_20160830171522.jpg


つっぱり具・床部分。

IMG_4994_convert_20160830171531.jpg

つっぱる強度は十分だと思います。
猫が昇降するていどではグラつかないのでは。


IMG_4990_convert_20160830171448.jpg

棚版の大きさや配置する間隔などtono-pさんのブログ記事やコメントなどを参考にさせていただきました。
部屋の中央に配置したかったので棚版をらせん状に設置。

棚版はこんなふうに支えられていますが、

FullSizeRender_(4)_convert_20160830172124.jpg

これはイカんかった。
棚版、グラグラ。
次男がお試しに麻を乗せてみたら重量に負けてバキッとネジ部分から外れましたから(笑)。
tono-pさんのように切り込みを入れて噛ませたかったのですが、
DIY初心者のため手を抜いてしまいちょっと後悔。
結局完成後にL字金具で補強しました。

IMG_4997_convert_20160830171542.jpg

コルクシートはダイソーで購入したものがおそろしく薄くて破れやすいものだったので、
当面は貼らずにいようと思います。


完成後はどこに置いたらニャンズが興味を持ってくれるのかと家じゅうあちこち移動させましたが、
な、なんと予想外のスルーですよ。
無理やり乗せてみたところ、

麻。憮然としてます。

IMG_5003_convert_20160830171550.jpg


麦。案外気に入ったみたい。

IMG_5004_convert_20160830171600.jpg

いちばん低い棚版で寝てくれるようになりました。

たぶん、オイルのにおいなんだと思います。
麻は近寄ってもくれません。
実は昨日キャットタワーその2が我が家にやってきたのです。
木工所の機械の裏でお母さん猫が産んだ麻。
そこの木工所のおじちゃんに依頼していたキャットタワーが時を同じくして完成してきたのでした。

FullSizeRender_(3)_convert_20160830183622.jpg

こちらは無塗装なので麻も登るんですよね~。

現在並ぶようにしてキャットタワー2台置き。
贅沢この上ないと思うのですが、思い描いていた猫まっしぐらとはいかなかった。
あってもなくても猫にとってはさほど変わりないみたい。
だけど私はといえば、完成したことで満足しております。


2016_05
09
(Mon)22:05

猫ベッドをつくる

はじめての猫との生活が3週間ほど過ぎた。
猫の子の成長はほんとうに速い。
人間の子どもの成長を倍速で見ているよう。
離乳食とかトイレトレーニングとかいろいろ頭悩ませるけど、
子猫の成長に助けられて、ああ、そっか、そんな考え込むほどのことじゃなかったのね、
なんて思える。
いつかは必ずクリアしてできるようになっていく、親も子も。
人間の子どももおなじなのだけど成長がゆっくりなので、
悩める親は抑うつ状態になったり虐待なんてしてしまったりするのだろう。
子猫みたいにサクサクーっと大きくなればいいのに、なんてことをぼんやり思う。

さて、子猫が来てからの私の目下の楽しみは猫グッズの物色。
以前までは横を素通りしていたペットショップも今ではパラダイスに見える。

キャットハウスとか、

09_convert_20160509213129_convert_20160509214501.jpg


キャットタワーとか、

_1434098449_18018_convert_20160509213910_convert_20160509214447.jpg


段ボールハウスだって、

pc_wgd104781_cathouse3a_xl.jpg

欲しいのであーる。

陽の当たる床にそのままぺたーっと寝てたりしてて、
それはそれで気持ちよさそうにしているのだけど、
家の中のいろんな場所に寝床を置いてあげたらちんまりと寝てくれるのかしらと思って、
とりあえず猫ベッドから。
楽天のショップやアプリのハンドメイドショップなんかも見てみたけど、
いろんな形や柄のものが売られていてなかなかけっこういいお値段。
安価なものはふかふかしてなさそうだし、これといって好みの柄のものがない。
そこでこれはもしかしたらつくれるんじゃないかと思ってね。
探したら見つけたのがこちらのブログ→『Lunasol diary』さん
型紙もきちんとあって、作り方もお写真付きでわかりやすく、
ミシンでなく最初から手縫いのつもりだった私でもがぜんやる気に。


選んだのは北欧ふうの生地。
ちょっと奮発しました。

IMG_4415_convert_20160509210735.jpg

がしかし、つくっていくうちに暗雲立ち込める。
というのも、可愛いかったはずの生地が形になるとどこかニトリちっく…。
よく言ってIKEA。
長男にも「そう言われればそうだね」と同意される。
1000円くらいで売ってそうだよ、トホホ。
おまけに例のごとく手がかたい私。
縫い目が詰まってややタイトに、反った形にできあがる。


これだ。

FullSizeRender+(2)_convert_20160509210858.jpg


昨晩完成し、今朝主役の麻たん(猫の名前ね)をさっそく入れてみる。

FullSizeRender+(1)_convert_20160509210917.jpg

おや?
およよ?
どうもお気に召した模様。
出ようともせずじっとしてる。


IMG_4424_convert_20160509210931.jpg

この後このまままどろんでおりました。
ニトリちっくなことなど猫はまったく気にしていない。

今回無心にちくちくと手縫いしながら、ああ、楽しいなと思った。
家事もそっちのけでやっていたいと思う作業が一円にもならないことに軽くジレンマ。
ちなみに横にちらり写っているのはいずれ近いうちに段ボールハウスにリメイク予定。
猫ベッドももういくつかつくって部屋のあちこちに置く(あくまで)予定。
猫グッズづくりは飽きるまでしばらく続く。



2016_04
21
(Thu)23:24

たまをとる

先日沖縄旅行に行った際、帰ってくる日に首里城に行った。
なんというか、わりとこぢんまりとしているのね。
建物の赤い感じ、どことなく感じる大らかさ、好きだった。
今回の旅行で自分のモノってほとんど買わなかったけど、首里城WAONを思わず即買いしてしまった。
ワオン!ってするたびに沖縄を思い出すから。
(ま、近所のイオンにもご当地WAONとして売ってますがね)

でね、首里城に続く石畳の道の途中にニャンコがいたの。

Image-1+(1)_convert_20160421224506.jpg


人に慣れていて、なでなでしようと近づいたら次男の腕にたまをとってきた。

Image-1_convert_20160421224522.jpg

カワイイ(。>ω<。)ノ

この『たまをとる』、
猫がねこじゃらしなどに反応してムキになって攻撃しかけてきたり、
じゃれついてきたりする行動のことを指して言うのですが、
今まで何の疑問もなく使っていた言葉だったので知らなかった。
な、なーんと方言らしいです。
そのたまとり姿が子ども達の猫飼いたい心に決定打。
空前の猫ブーム(?)も手伝って、
我が家でもついに猫デビューしようと少し前から里親サイトで探していました。
生まれたばかりの子猫ってすごい人気なんですねぇ。
いくつか問い合わせてみたものの順番待ち。
そこでとっても頼りになるフラ友さんに試しに聞いてみた。
「子猫、いない?」
そしたらすぐにいるよって言ってくれて(やっぱり!)、すぐに電話してくれて、
2日後にはお知り合いのお宅に生まれた子猫ちゃんをお譲りいただきました。


そして晴れて昨日我が家にやってきた坊や。

13006448_628672603948799_5008301872226913638_n_convert_20160421224539.jpg

ただいま体重350グラム。
半ノラの母猫が作業場の屋根裏みたいな場所で生んでいて正確な生年月日は不明。
まだよちよち歩きで、推定生後一か月。
猫用ミルクと哺乳瓶を買ってきて飲まそうとするのですが、
つい昨日まで兄弟猫と母猫のおっぱいを飲んでいたのだからそうスムースにはいかず、
全然吸い付いてくれない。
スポイドも試してみたけど身をよじって断固拒否。
よく泣くし、寝床のダンボールを必死によじ登ったりして元気だから様子を見ていました。
そしたら今日の夕方になって上手にくいくい乳首を吸った!!!!
ひと安心です。
昨日はどう接していいのかわからずにいた子ども達も今日はたくさんだっこしてくれていたし、
新しい家族にメロメロな我が家であります。

まだ赤ちゃんすぎるので今日はキャリーを買ってきました。
しばらくは長い時間家を空けるときにはどこでも連れてくー。
育児、ふたたびやな。
すでに猫クッションとか、キャットタワーとか、グッズに心トキメキ中。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。