post image

『ボヘミアン・ラプソディ』

先日嵐コンに一緒に行くため神戸からはるばる来てくれていた友人が、ふと「『ボヘミアン・ラプソディ』、よかったよ」と言った。とくに映画の話とかしてるわけでもなく、わりと唐突に。ふーん、クイーンね、クイーンって名前は知ってるけど、(曲も実はけっこうどこかしこで聴いたことがあったと映画観てわかった)それぐらいの知識でも面白く観れる?ま、この流れは観ろってことだね。結局一週間もあけずに2回観た。ものすごく心...

post image

『万引き家族』

『万引き家族』、観に行ってきました。パルムドールの受賞と、レディースデイでもあったので観客が多い。まずまず大きいサイズのシアタールームだったけれど3分の2くらいは埋まっていたんじゃないかな。お年寄りの方もたくさん(むしろお年寄りの方が大半?)いらっしゃいました。勝手にちょっぴりユーモアありの涙ほろり系だと思っていたんですね。全然違いました。ちょっと重苦しい系です。答えは出ないんだけど、とりあえず考え...

post image

『孤狼の血』

『孤狼の血』を観てきました。バイオレンスな場面って好きじゃないのです。想像力がムダにはたらいてリアルに感じられてつらい。それにヤクザものっていうのにも興味がなく、しかも息子たちが旅行中で留守の間のレイトショー(終了時間24時)だったので、暗い気分になるんじゃないかと行く前から尻込み。いざ鑑賞し始めると、しょっぱなから震え上がるくらいのリンチシーンに息をするのも忘れ(笑)。その後も随所に散りばめられる痛...

post image

『娼年』

大変ごぶさたしています。元気です。少し前には映画を数本立て続けに観て、『グレイテスト・ショーマン』がとても好きだったので、記事にしようかと思いつつもなんとなーくめんどうで。何度もそんなふうにして気にはなりながらもここを放置状態でした。みなさん、お変わりなくお過ごしでしょうか。さて先日のこと。テレビを観ていたら松坂桃李さんが出ていました。前に一度『ツナグ』という映画を観たことがありましたが、それ以外...

post image

『騎士団長殺し』とつれづれ

待望の村上春樹氏の長編を読み終えました。昨年の9月、お会いした(というか後ろの方の席でそっと見させていただいた)村上氏。にこにことキュート(失礼ながら。でもほんとうに)なあの方が書いたんだなとイメージしながら読むと、今までの作品よりも親近感。今回のおはなし、とてもすらすらと読みました。砂地に水が吸い込むように文章が入ってくる。以前のものは読めない漢字や、意味の分からない単語や、想像が難しいたとえな...

post image

『リリーのすべて』

今日観てきました。最近観てきた映画の中でいちばん興味があったもの。今日は子ども達の終業式で、春休みになると長男の部活のお弁当やら、次男には沖縄に向けて宿題させなきゃなんないしで落ち着かないだろうから、今日しかない!と思って博多駅の映画館まで出かけてきました。ジェンダーものです。世界初の性別適合手術を受けた女性リリー・エルベの半生を描いた伝記ドラマ。(実話だって映画の最後に気づいたわけだけど。)主人...

post image

『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』

本日観てきました。ゆめカード(ゆめタウンっていうショッピングモールのカード)提示で200円OFFでした。ありがたい。平日の午後のせいか、はたまた映画のテーマのせいか、年配の方(男女ともに)ばかりでした。私がいちばん若かった。予告を観た感じでだいたいのストーリーは察しました。ラストがどんなふうになるかも予想通りだったけれども、それでもやっぱり観たいと思ってしまうのだな。安定のハートウォーム感。ニューヨーク...

post image

『キャロル』

『キャロル』を観てきた。ニノの映画を観に行った時に予告を見て面白そうと思ってた。今日行こうとスケジュールノートにまで書きこんでいたけど、このへんの映画館ではやっていなくて天神まで出なくちゃいけない。せっかくのレディースデイだけどめんどくさい…。やめようかな…。でもネットでレビューがよかったのでやっぱり行ってきました。小さめのシアタールームだったけどさすがの女性デイ、満員!鑑賞後のトイレで「途中で寝そ...

*ロッタ*
Page top