2015_11
21
(Sat)19:20

Danskoじゃないよ、Sanitaだよ。

あれは遠い短大時代。
サボが流行ったことがありました。
その当時愛読していたオリーブとかmcシスターなんかの雑誌を見て知ったのだと思うけど、
私はそのかわいらしいフォルムにびっくり。
すごく欲しくて、忘れてない、たしか6000円台でベージュのヌバック素材の木底のサボを買いました。
重くて歩きにくいんだけどショートパンツにJ・Crewの白いセーターを着て、
白いくしゅくしゅソックスにサボを履いてた。
すごく大事にしてたな。
その後北欧ブームなども経て不動の人気を保ってきたように思えるサボですが、
またね、ついうっかり買っちゃいましたよ。


こちらです。

じゃん。
Sanita(サニタ)のサボ。

FullSizeRender+(1)_convert_20151121180115.jpg


国旗のシールがかわいい。
ポーランド製。

FullSizeRender_convert_20151121180056.jpg

底は木ではなくてウレタン素材です。

タイトルにもありますが、サニタよりはダンスコでググったらすごくたくさんの商品とコーデなんかがヒットします。
実際ネットショップやフリマアプリでもダンスコの方がポピュラーっぽい。
でもね、まったく同じに見えるのです。
どこが違うん?
よくよく調べてみたらダンスコはサニタから派生(?)したアメリカのメーカーで、
主に製造は中国で行われているらしいです。
サニタはデンマークのメーカーでポーランド製。
サニタは最近ではMHL.(マーガレット・ハウエルのカジュアルライン)ともコラボしています。
お値段はほぼ変わらないのだけど、どちらを買うかは明らかだな、うん。

ということで我が家にやってきたサニタちゃん。
ネットショップで購入したのですが、いちど届いたものがサイズが大きくて交換をお願いしました。
ちなみに私のジャストサイズは38です。
足は長さは23.5センチサイズで合ってると思うのだけど、
厚みはないけど外反母趾ぎみの幅広タイプのため選ぶのは24.0~24.5センチの靴。
ちなみにビルケンだと37、デザインによっては38。
もし検索でサニタ(もしくはダンスコ)のサイズ選びにお困りの方がいらしたら気軽に聞いてくださーい。
ここを読んでくださってるみなさんにも静かにおすすめします。
デンマークでは医療の現場などでも作業靴として重宝されているらしく、
土踏まずや甲の部分はホールドしてくるのに、かかとや指の付け根への圧迫が少なくたしかにはきやすい。
重さはそれなりにあるし何ともいえないふしぎな着用感ながらも、
そのたたずまいが愛らしくて早速今日もう履いてでかけちゃいました。

ネットで検索するうち出会った粋な着こなしはこちら。

453344dad35655f7ead2fdd4b4ec26c6e58c31c5.jpg

絵になるー。
後ろのブルーの建物も素敵。
こんなふうなざっくりしたラフなスタイルが好きです。


さてさて、今年ももうすぐ最後の月。
この間はフライングタイガーでクリスマスの小物を買いました。

これと(200円)、

IMG_3763_convert_20151121180239.jpg


こいつ(笑)。300円。

IMG_3762_convert_20151121180146.jpg

棚にごろごろと置かれていたのだけど、どうしても壁に掛けたい。
ま、税込300円だしと思い購入。
まぢヤバすぎる、なんなの、この応接間感。
こんなのフツーはあんまり買わないよねと言われましたが。

ちなみにこれくらいの大きさ。

FullSizeRender+(5)_convert_20151121180132.jpg

わりとミニマム。


今日はお友達からいっしょに行く約束のドリカム・ワンダーランド@ヤフオクドームのチケットが届いたよーとLINEが。
そう、嵐のライブの前にもドリカムというお楽しみがあるの♡
今回はワンダーランドなので青春時代に聴いたあの曲この曲が盛りだくさんなはず。
やっほー。
お友達にも嵐にも会えるし、ニノの映画もクリスマスも楽しみ。
楽しい冬になりそうです。







2015_02
13
(Fri)21:17

荒野のメガロポリス

光GENJI、大好きだったんだよね。
中3~高1にかけてハマッてて、ドル誌やCD(あ、カセットだったかもしんない)をおこづかいで買ってた。
田舎の学生だったからコンサートは叶わなかったけど、
歌番組をテレビの前で正座して観たり、
録画したビデオももうホント擦り切れるくらい観たな。
赤坂晃くんが好きで、末のふたりが高校受験の時には千羽鶴を折ってJ事務所に送ったっけ。
あれ、どうなったのかな。
今は荷物みたいなのは送れないようになってるみたいなんだけど(←調べた)、
その当時はたしかプレゼント類も送付OKだったんだよ。
バレンタインのチョコとか。
トラック何台分とかって、たしかよくニュースになってたな。

嵐を見ていると時々光GENJIと重なることがあって。
老若男女問わず人気があるとことか、明るく楽しいイメージとか。
光GENJIも曲がすごくよくて好きな曲がたくさんあったけど、その中でも『荒野のメガロポリス』が好きでね。
で、このごろ嵐の『Sakura』を聴きかじったら思い出した。
切なく強い感じが似てるなーと思って。

で、ググって久しぶりに聴いてみたんだー。→こちら

これはローラースケート履いてないバージョン。
曲のアレンジもちょっと違う。


光GENJI 荒野のメガロポリス 投稿者 mark444444444

ちなみに → 『ガラスの十代』
(途中靴下脱ぎ忘れたのに気づいて再び引っ込んじゃうのがたぶん赤坂くん)

会場、めっちゃ歌ってる!!
キャーキャーがすごくて最初歌が聴こえん。
めっちゃ見事な口パク(笑)。
勢い、あるなー。
もうこれ見たら何でも許せるね。
すべてはジャニーズの伝統であり、応援するファン心理もいつの時代も変わらない。
ほら、衣装のイケてなさもさ、笑っちゃうくらい変わらないよー。
でもそこがいいんだと思える。

この『STAR LIGHT』は秀逸!!

彼らは本当に器用にローラースケートで歌って踊っていたけど、
時々地味ーに派手ーにスッ転んでカメラに抜かれて、てへへって笑ったりしてたんだよ。
今観るといたいけではかなくて健気だよね。
すごく頑張っていたもん。

この曲は冬の色のない荒野の寒々しさと、若さと、情熱と、そんなのが全部感じられて、
今聴いてもぐっとくる。
ああ、私は何ひとつ変わっていないんだなあ。
ずっとずっとおんなじとこに立っているんだなあ。
光GENJIを好きだった気持ちで嵐のことも好きなんだなあ。
それはしあわせと呼べるのかもしれないね。


2014_11
07
(Fri)16:44

ニューバランス M996

少し前に本屋で見かけたこんな本を購入した。

IMG_1821_convert_20141107160608.jpg

最近この手のMOOK本みたいなのってたくさん並んでるね。
好きでよく立ち読みする。
今回はスニーカーが主役の本だけど、
各界のいろんな人(スタイリストとかイラストレーターとか)の
実際にいつも着ている服とのコーディネートがたくさん載っていて、
真似できそうだし面白かったので買ってみた。

私はふだんヒールのある靴をまるで履かない。
だからサボとかサンダルとかのちょっぴりヒールみたいな靴でもすぐグキッと足首ひねっちゃう。
それにカッコがいつもカジュアルなのばかりなので自然と靴も気取らない感じのものばかり。
私の中で大定番のコンバースオールスターの記事なんてのを書いちゃうくらいである。


そうだ、この前いただいたバイト代でスニーカーを買おう。
この本を見ていてそう思いついた。
今までおしゃれな人がカッコよくこなれた着こなしをしていて、
おお素敵と思ったことのあるあのスニーカー。


今日届きました。

ニューバランス M996
IMG_1817_convert_20141107160503.jpg



IMG_1818_convert_20141107160553.jpg


ネットで購入するにあたっていろいろとリサーチしました。
1400と996というふたつの型番、最後の最後まで迷いましたが女性らしい細身のフォルムということで996に。
(でも結局男女兼用のサイズ展開だったんだけどね。24.0センチ~)
私の足は幅広のためレビューを参考に1.0センチ大きめの7インチ(25.0センチ)にしました。
でもね、甲は薄いのよね。
そのせいか今日届いて早速履いてみたらやっぱり大きいの。
でね、ググりましたよ。
そしたらありました。
ニューバランスのスニーカーのサイズが大きい時の対処法。→ニューバランスの正しい紐の結び方
これで結んだらフィット感が増して、大きいのがあまり気になりませんでした。
(すぐに履いておでかけした)
足が疲れない素晴らしいスニーカーだということだったけど本当だ~。


私のスニーカー。

IMG_1822_convert_20141107160623.jpg

上段はすべてコンバースオールスター。
下段・青はスペルガのスリッポン、下段・中央はスプリングコート(G2タイプかな?)。
下段・右が今回購入したM996。
こうして見るとだいぶ大きいね。
このすべての中でお値段もとびきりビッグ(笑)。
履きまくろうと思います。


今日買ったモノ。

IMG_1834_convert_20141107160642.jpg

ギャラクシーヘアゴムとギャラクシーピアス。
プチプラ、バンザイ!
ギャラクシー、だいすき☆




2014_09
11
(Thu)18:38

秋はおしゃれをしたくなる

ここ九州では日中はぐんぐん気温が上がり、たぶん30℃くらいはあるんだろう。
まだまだ陽射しは厳しいけど部屋に吹き込む風は心地よくなってきた。
9月に入ったから素足にサンダルはもうやめて素足にUGG のモカシンにしてみる。
内側がボアボアのやつ。
ウールなので冬は暖かく初秋でもそこまで暑苦しくはない。
ほぼ反射的に新しい服が欲しくなる。
ブログも書く気がむくむく起こる。
ふしぎな秋パワー。

こざっぱりと清潔でいてちょっと粋なカッコが好き。
もう以前ほど服にお金をつかえないし、おしゃれに対する熱もずいぶんと落ち着いた。
それでもこれは欲しいなと思っているものがいくつかある。


まずひとつめはユニクロのカシミヤ。
毎年買ってるんだけどね。
昨年買おうと決心した時にはすでに売り切れていたカラー・赤。
今年こそはと思ってる。


16_128152_convert_20140911173001.jpg

この間店頭で下見をしたらやや丈短のミニマムなつくりのようだったので、
Lサイズを買ってゆったり着ようかな。


ネイビーも欲しい。

140627_women_57-xxm_convert_20140911173014.jpg

思うに今までのものよりVネックの切れ込みが深め。
首元はスースーするけど優しい感じで私は好き。
週末セールで2000円近く値引きになるチャンスまで待つ。


ふたつめはデニムシャツ。

img68321931.jpg

これはアントゲージのウエスタンシャツだけど、近所のお店で見かけたらすごくカッコよかったんだよね。
以前にこんな記事を書いたことがあってね。
それからというもの、とくに好き。
私、おしゃれに関しては男の子のするカッコの方が断然好ましい。
体型も中性的だし時々男性ファッション誌も買う。
お顔のいい若い男の子だったら黒いTシャツにジーンズ短パンに赤ビーサンなんてのじゃなく、
やってみたいおしゃれがいっぱいあるなー。
むふん、でもそこが彼のいいとこなんだけどね。



みっつめはもう買った。
今日届いた。
ずっと欲しかったスリッポン。

いちお、さとしカラーね(笑)。

IMG_1571_convert_20140911173048.jpg


履くとこんなん。

IMG_1570_convert_20140911173030.jpg


これはスペルガというスニーカーブランドのものでスエードだけど、
色も素材もいろんなのがいろんなメーカーから出ていて楽しい。
スリッポンはそうだな、嵐の中なら雅紀が似合いそう。
てか持ってそう。
さとしはスリッポンって言葉に???ってなりそう。



今夜はパブリックビューイングの抽選結果発表だったね。
あれってさ、外れることなんてあんの?








とかなんとか言ってたら!!!

ガーンΣ( ̄ロ ̄lll)  外れとるやんっ!!!

びっくりした。
生コンならまだしも、Hawaiiで楽しくやってるのを遠い日本で観て楽しいふりして盛り上がるってのに拒否られた。
まー、いいけど。
でもたぶん2次も申し込む。





2014_07
23
(Wed)21:00

スピッツのライブに行ってきました

昨日は福岡国際センターでのスピッツのライブでした。
国際センターといえば1万人級のキャパ。
スピッツにしたら大きい。最大級。
元の夫は私の影響でスピッツファンになったのでライブも何度も一緒に行っていたけど離婚しちゃって、
今春のライブに一緒に行ったお友達は遠くに引っ越してしまったので、
今回はおひとり様でのんびりと観てきました。
ちょっとだけさみしかったけど、ライブが始まってしまえば完全に自分対スピッツでした。

今回は大きなアリーナツアーでツアー名が『FESTIVARENA』
ステージにもサーカスにあるみたいなたくさんの旗が連なったセットがあって、上には打ち上げた花火の形のライト。
照明も水玉模様だったり光のビームだったり、会場全体をスクリーンにしていっぱいに映る。
スピッツの4人自身は派手なアクションもなく職人気質に演奏してるのだけど、
演出が気が利いていて凝ってるなーといつも思う。
彼らのそういうひけらかさないアーティスティックなところも好き。
アリーナ席だったけど最後列から数えた方がはやいくらいの後ろの方だったので、
メンバーの様子はステージ上の巨大スクリーンで見ていたのだけど、
映るのは今のメンバーなんだけど画面に模様を重ねてあったり、
アングルがまるで編集したみたいにおしゃれでした。

スピッツはいつもMCも多くなくて、
メンバー全員(ながーくキーボード担当してる女性もふくめ)が一応それぞれ話すんだけど、
みんな話は得意ではなさそうだしメインはマサムネ。
マサムネにしたってとつとつとしゃべるイメージなんだけど、
今回はどうみても彼はうれしそうにしてた。
静かな中にも饒舌だったし、
あれだけ大きな会場でやるってことも(とくに昨日はマサムネの実家だし)、
結成して27年やってきたってことも、
胸にぐっとくるものがきっとあるんだろうな。

で、歌。
今まで聴いてきたマサムネの歌とちがう。
声がすっごくよく出ていたし、節回しが、なんというか粋にアレンジされてるところがあったりして、
すごくわかりにくい人だけれども、ああ、きっと今ノリノリなんだろうな(にやり)と見た。
トートバックに入れたはずの食べかけの白パンが、
夜ホテルで食べようとしたらどこにも見当たらなかったという話をして、
「どこにもないんです」と言った時の可愛らしさ。
やっぱり彼もかわいい人なのだなと思う。

スピッツの歌を聴いていていつも浮かぶ言葉は『黄泉の世界(くに)』。
ひっそりさ。
ちょっとだけの悲しみ。
ひんやりと漂うかすかな甘いにおい。
『楓』を歌った時だったかな、
マサムネの伸びる声と会場の人いきれが途切れた静けさが一瞬スローモーションで重なった感じがして、
スクリーンにアップになったマサムネの水をたくさんたたえた大きな目(泣いてはいなかったけど)を見たら、
ああ、この人ってと思った。
愛おしさみたいなのがこみあげてきて、
智の顔も浮かんで、
スピッツの歌が本当に好きだと思って、
この世の好きや見事をもっともっとたくさん見たいと強く感じた。

スピッツの歌はマサムネの柔らかい心根なんだなー。
20年前に出会ったスピッツ。
ずっとずっとマサムネを好きだけれど、この人は全然変わっていない。
聴き続けてこられてよかったと思った。


『夜を駆ける』 SPITZ


オープニングが大好きなこの曲だった。
この曲を聴くときまって村上春樹の『神の子どもたちはみな踊る』という短編小説を思い出す。
いつも映像でこの曲を聴く。




»