2012_11
23
(Fri)13:20

サンキャッチャー de 智

もうすぐ智のお誕生日。
サンキャッチャーで智イメージのものをつくれないかなと少し前から考えていて、
やっぱつくろう!と思い立ち材料を取り寄せたりしていました。

IMG_2293_convert_20121123141626.jpg

使う金属は絶対にシルバー。
智のイメージカラーは青と、私の中では黒も。
ソフトなウエスタンみたいな、ちょっとお守り的で無造作で無骨、そうでありながら優しく繊細。
そういうイメージでそろえました。


トップのかたちはこれ。上の写真の氷の柱みたいなかたちのと迷ったけど、これにしました。

IMG_6712_convert_20121123141321.jpg

スワロフスキー  #6150   『ペガサス』  クリスタル 50mm
まだお日様に当ててみてないけど透明でこれだけ大きなものなら、
虹も光の粒もきっとたくさん出るんじゃないかな。
(↑後日お陽様に当ててみました、出たよ、出た。きれいなのがたくさん)
ペガサスの羽根のかたち。チャームもシルバー製の鳥の羽根のものをつけました。
智の背中には羽根が見える。軽やかに動いて静止するための。
いつもは接続には金具を使用するのですが、黒い革ひもを使ってわざとラフに結びつけました。
黒い革は、うん、智に似合う。


オニキス。透明なのはクリスタル(水晶)。
クリスタルのかたちはまるではなくボタン型。
クリスタルのあいだのまるいシルバーロンデルは実は魚の模様なのです。わかるかな?

IMG_2321_convert_20121123141239.jpg

オニキスもクリスタルも私が大好きな石です。
オニキスは漆黒のイメージからは意外なほど、安定感のある優しい力強さを持つ石。
石自体も女性性です。
そして迷いのない信念を象徴する強さを表現している。
私はそこに智にも通ずるものを感じます。


11月の誕生石はトパーズ。
画像ではわかりにくいかもしれませんがこれはブルートパーズです。
薄い青ではなく濃い青のイメージで。

IMG_8607_convert_20121123141336.jpg

こだわって買ってみたはいいけどトパーズは高価な石です。
わざとごろごろとした整っていないかたちを選びましたが、媚びない凛とした美しさがあります。
ブルートパーズ


むふふ。これは絶対に外せなかった釣り針型のシルバーチャーム。

IMG_2323_convert_20121123141252.jpg

遊び心で注文したら実物は細工が美しい存在感のあるものだったので、
ネックレスにしてもじゅうぶん素敵かもしれない。
そう、それを智がつけたらもっともっと素敵に決まってる~。想像だけでニヤける。


全体像。

IMG_2319_convert_20121123141225.jpg

お部屋の窓辺用のサンキャッチャーはだいたい長さが平均30センチくらい。
でもこれはボディ部分(チェーン部分は含まず)が約25センチと短め。
でも使用しているのが天然石と本物のシルバーなので、
小ぶりで地味に見える中にも燃ゆる白い炎って感じ。←自分でほめる
智がつけているネックレスのようなサンキャッチャーにしたかった。


縦にするとこんな感じ。

IMG_9591_convert_20121123141349.jpg


吊るすとこんな感じ。

IMG_2328_convert_20121123141307.jpg


うーん、実物の方がやっぱり何倍もきれいだけど、うまい写真が撮れなかった。

で?これつくってどうすんだって話。
本人の目にすらとまることもないっていうのに私ってけなげだな。
でも満足。愛する智のお誕生日だもんね。







スポンサーサイト
2012_11
16
(Fri)19:53

ミルク

昨夜の、
ももクロにちょっと困ったような顔したり、
自分の好きなとこ10個言うのに迷って考え込んじゃったり、
そんな彼を見ながら私はしみじみとああ、この人が好きだなあと思った。

それはじんわりと胸に染み渡るような、重苦しくはないけどちょっと切なくて、
そして確固たる思いだった。


ねえ、会ったこともないのにって笑う?
思ってるような人じゃないかもよって呆れる?


いいも、悪いも、ない。
どんな相手でも関係ない。
自分の中にある愛する気持ちに気づくのに正しいも正しくないも、ない。

その人がその人で在ることが尊くて、その名前にさえ涙が出る。
たとえ好きな気持ちを伝えることさえできないとしても納得できる。
好きと思う気持ちは誰のものでもなく私の責任だから、踏ん張るしそれなりに覚悟もいる。

そんなふうに思いながら見るその人が本当に優しく笑うから、
ああ、この人をみつけてよかったなあと今度は思う。













彼みたいに優しくありたいといつも思う。














2012_11
14
(Wed)14:24

IKEAに行ってきた

ロッタというハンドルネームはとあるところで使い始めてもう長いことたつ。
由来はスウェーデンの映画(1993年)の主人公の女の子の名前。
日本公開は2000年で私は映画館で観た。
『ロッタちゃん はじめてのおつかい』と『ロッタちゃんと赤いじてんしゃ』があるのだけど、
おつかいのロッタちゃんの方がちっちゃくて可愛い。


133952_1_convert_20121114095302.jpg


気難しくてかんしゃく持ち、突き進む自分道。
知らない人の前で口なんかぜーーーーーったい開けないんだから!!とか言って
歯医者に行くのを断固拒否したりするの。
↑これはちくちくするからキライ!とセーターをはさみで切り刻んじゃうシーン。
あー、こんな言う事きかない子どもうぜぇと思いきや、
感激屋さんで楽しいことが大好きでおちゃめなロッタちゃんは、
パパやママやお兄ちゃん、お姉ちゃんやお友達にもとっても愛されてる。

映画を観ていっぺんで大好きになって、
ロッタちゃんが抱いてるバムセのぬいぐるみも持ってたんだけど、
おめめが取れたり汚れたりして処分しちゃったこと、いまさら後悔。
そういえばミニブック型のパンフがあったなと思って探したら、


あら!

IMG_5096_convert_20121114095411.jpg


奈良さんでしたか。
奈良さんの描く女の子も今とお顔がちがうね。

ロッタちゃんもそうだけど、私は北欧が好きで。『かもめ食堂』とかマリメッコとか。
テキスタイルやインテリアもだし、のんびりした国民性みたいなのにも惹かれる。
もちろんIKEAも福岡にできると知って、できる前もできてからもずっと行きたいと思っていて、
やっと先日行ってきました。


我が家から車で一時間半もかからないくらい。

IMG_5814_convert_20121114094722.jpg


おっきなおっきなツリーが入口で出迎えてくれました。これって本物だよね?
北欧ではあまりたくさんオーナメントをつけたりしないそう。
ロッタちゃんの映画でも、もみの木が売り切れちゃってがっかりするロッタちゃんに
思わぬ方法でモミの木がやってきてくれるシーンがそういえばあったな。
また観たくなっちゃった。

IMG_5061_convert_20121114094707.jpg


先に行った知人に聞くと特に目新しいものはなく、ニトリのようだということでしたが、
なんの、なんの!!私にとってはパラダイス!!!
楽しい!うれしい!ここに住みたい!ってな感じでした。


カフェテラスというか食堂。メニューの取り方もまるで学食みたい。
ファミリーカードを持っていたのでドリンクバーが無料でした。
クリスマス仕様で明るい店内。

IMG_9508.jpg


おいしくないと聞いてても食べたかったミートボール。
肉にジャム???(りんごのジャムみたいだった)と思いきや、
これが意外にも合ってるし、私にはすごくおいしかったよ。
で、やっぱシナモンロールをセレクト。

IMG_0917_convert_20121114094639.jpg


今週末に向けてかクリスマスグッズが続々飾り付けられていました。
我が家のツリーも早く出さないと。
この季節って本当に心躍る。


戦利品。

IMG_2737_convert_20121114094653.jpg

グリーンのボウル皿99円、コップ6個で199円などなどとにかく掘り出し品がいっぱい。大満足です。


hitominさんのマイケル用のパネルも無事サイズがぴったりでよかった。
早くこうしてあげたかった。

IMG_1094_convert_20121114133757.jpg


IKEA、いいよ、いい。また、すぐに行きたい。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。