2014_02
27
(Thu)16:40

ときめきトゥナイト

これ買っちゃった。

ときめきトゥナイト 真壁俊の事情 (りぼんマスコットコミックス)ときめきトゥナイト 真壁俊の事情 (りぼんマスコットコミックス)
(2013/08/09)
池野 恋

商品詳細を見る

小学生の頃りぼんで連載されてて、すごく好きだった。
これは主人公の蘭世が片思いしていた(その後ちゃんと結ばれるんだけども)真壁くんの方の目線で
何十年かぶりに描き下ろされたものだと知って読んでみないといかん!と思って購入。
で、これを読むにあたっておさらいもしとかないといかん!と思って、
本編の方もごっそりレンタルしてきて読み始めた。

憶えているものだね。
何度も何度も読んだから懐かしい。
でもね、今改めて読み返すとグッとくる場面がある。
蘭世の愛情の深さとか真壁くんの蘭世への信頼とか、そんなものに。
少女漫画の鉄板だけど主人公の女の子の一途さとかとかドジなとことか、
そういうものもうらやましいななんて思って泣けたりして。

あとね、私、子どもながらにこの作者さんの絵がすごく好きだったのだよね。
今見てもそれはすごくよくわかる。
細部までていねいに描き込まれているし、登場人物の着ている服がすごくおしゃれ。
蘭世の黒髪が風にふわりと舞い上がったりする描き方をため息ついて見とれていたの憶えてる。
ああ、描きたいななんてぼんやり思った。
私が描きたいのって漫画なのかもしれない。
見ていて楽しくなるようなおしゃれな感じの絵。
アニメ、ではなくてね。


レンタルコーナーをウロウロしていたら今月の新刊とこに気になる漫画みっけ。

アオハライド 9 (マーガレットコミックス)アオハライド 9 (マーガレットコミックス)
(2014/01/10)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

この男の子の目が好き。
ぺらぺら~とめくってみたらば、なんかね、似てたの、智に。
一巻の出会いの場面の中学生の男の子が智に。
学園恋愛モノですよ。
ええ、大丈夫です。
ガチで感情移入できます。
これはまだ連載中みたいなんだけども、

流れでこっちも借りて完結巻まで読んじゃた。

ストロボ・エッジ 全10巻 完結コミックセット (マーガレットコミックス)ストロボ・エッジ 全10巻 完結コミックセット (マーガレットコミックス)
(2010/12/01)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

ラスト、泣いたわ。
この作者さんの描く男の子がとにもかくにもカッコいい。
学園モノだとか少女漫画だとかいうふうに全然あなどれない。
作者さんの懐の深さなんかも垣間見えたりしてね。

文字だけの物語を自分だけの景色を思い浮かべながら読むのも好きだし、
歌の短い言葉の中に100の想いを透かして見るのも好きだけど、
漫画ってさ、その両方を満たしてるよね。
うーむ、そろえよっかな、アオハライド。


面白い漫画があったら教えてくださーい(´∀`*)






スポンサーサイト
2014_02
22
(Sat)01:33

ビールな君

今回の智はビールの。
なんて優しい目でビールを見つめちゃってるの?
そんなに愛しいかってくらい。
グレーのVネックと髪の毛流れもツボ。


ラフ~に描き始めた。
横顔だし、目は細められて面積が狭いので、ま、けっこう似る。

完成。


[スマホ撮り]

IMG_0726_convert_20140222083258.jpg



[プリンタでスキャン]

IMG_convert_20140222011910.jpg


クロッキー帳なのでちょっとぼんやりかな。
元画より寄り目になって可愛く幼くなっちゃった感。
お顔もふっくらだしね。


2014_02
18
(Tue)17:58

ワンコなのか?ニャンコなのか?な智

今回の智は公式写真の、頭に耳付けてるやつなんだけど、
犬、のつもりか。
猫、なのか。
耳は犬っぽいけど、手と顔が にゃん♡ って感じにも見える。

なかなかレアなセレクトだなと思ったそこのあなた。
そうです。
実はこれ、小学生の女の子に贈るためのもので、その子がリクエストしてくれた画像。
元画像は持っていなかったので拾ってきました。
いつものように拡大コピー。
ナナメってる体勢はまっすぐになるようにしました。

なんだか柄on柄な服は無視。
両のおててをもすこしお顔に寄せて描くことに。



完成。

[スマホ撮り]

IMG_0718_convert_20140218152105.jpg

描いてる途中のを次男が見て、「このおおのくん、なんかこわい。」とのたまったのですが、
あげる子がおんなじようにこわいって思ったらどうしよう?


[プリンタでスキャン]

IMG_0002+(2)_convert_20140218152201.jpg

私の絵を好きだと言ってくれているその子。
おばちゃんはなかなかドキドキしていますよ。
喜んでくれるといいな~。







2014_02
07
(Fri)19:18

見つめてくる智

今回の智。
Rayの。
最初見た時雑誌持ってちょっと遠ざけたよね(笑)。
どアップさらに実物大以上。

今回はクロッキー帳でもなくケント紙でもないこれをつかってみた。
水彩により適しているみたいだけど。
指でぼかした時にささーって毛羽立って、あ、これダメかなと思ったけど、とにかく描き進めることに。
そのうち気にならなくなったね、毛羽立ち。
むしろぼかせばぼかすほどいい具合に伸びてくれてケバケバも目立たなくなった。

陰影フェチの私に、おらおら影つけてみろぃと言ってる智の目。
これくらい影の部分が濃くて大きいとやりがいあるよね。


完成。

[スマホ撮り]

IMG_0677_convert_20140207185757.jpg



[プリンタでスキャン]

IMG_convert_20140207185851.jpg


今回は思いのほか指と服を描くのが楽しかった。
お顔より気楽だからかな。
最初迷走したけど、ちゃんと智になってよかった。







2014_02
04
(Tue)19:17

ワタシヲツクルモノ~KAN~

KANとの出会いは高校時代。
『山田かつてないテレビ』という番組ではじめて彼を知って、『愛は勝つ』には相当ハマった。
はじめて買ったのが『野球選手が夢だった。』というアルバムで、
離島の高校生だった私にはオトナでスタイリッシュに聴こえたけれど、
とにかく詞もメロディも切なくて大好きだった。
彼はピアノ弾きだからピアノをつかった曲が多いのだけど、その音色も心地よくてね。

短大に入って親元を離れて暮らした鹿児島時代にはいろんな友人ができたけれど、
その中にKANが好きだという子がいて仲間たちでライブにも足を運んだ。
で、この週末その友人が神戸から遊びに来てくれて、いっしょにKANのライブに行った。
2年ほど前にも行ったおなじ場所、Zepp福岡。
椅子席の3列目、真ん中よりやや左。
オープニングでKANからピンポイントで指をさされ(勘違いぢゃないよ。だって3列目だもん、目合ったもん)、固まる。

つかず離れずで時々CDを引っ張り出して曲を聴いたりはしていたけど、
今回のライブであらためて思ったこと。

ああ、本当にいい曲ばかりだな。

そして今までのどの時よりも曲と自分の気持ちがひどくなじんで、
優しくされているような気分になって、
KANの包容力をすごく感じたライブだった。
好きな音楽を聴いた時って好きな人のことを思い出すね。
そしてぜんぶつながってるって気になるね。
KANの曲を好きだった自分の歴史が確かにあったことを誇りに思う。

友人が帰ってしまった昨晩、YouTubeの動画で曲を聴きながら
手持ちのKANのCDをぜーんぶiPodに同期させる作業をやった。
で、同時にこれも書きながら、
なにかひとつ曲を載せたいなと思って、
なにがいいか考えてみたんだけど名曲が多すぎて。

とりあえず好きなのふたつ。

『ときどき雲と話をしよう』
KANの歌はほぼ100%恋の歌でこれも失恋ソングなんだけど、
恋をしていなくても心に染みてくる優しい歌。


『めずらしい人生』
名曲。
彼自身の人生を皮肉って、哀愁たっぷりに、でも力強く歌っていて、
メロディがすとんと入ってくるので、
内容のわりにはちょっとした鼻歌ソングになっちゃう可愛らしさもある。


早速iPodに取り込んだ曲たちを聴きながら今カレーつくってたんだけどさ。
ものすごいアハ体験しちゃった。

私、『Hit the floor』をはじめて聴いた時、
この曲の風景は前にどこかで別の曲で絶対見たことがあると思って、
でもそれが何の曲なのか思い出せなかったんだけど。

すっきりした。
これだった。

『君から目がはなせない』

パーティーという場所、
少し離れた場所から見ている君、
ここから連れ出すよ、

ビンゴだわ。
あー、きっとそうだ。
そうに違いない。
嵐の曲作り、絶対同世代の仕業だ。

と勝手に思ってる(ま、主観です)。
アレンジも似てる気がするんだけどね。


『君から目がはなせない』歌詞


ね、両方知ってるって人いない?
どう思う?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。