2015_10
29
(Thu)14:31

このごろのことなんか。

眼鏡を新調しました。
いつものJINSです。
今流行りのクラシックタイプの、ヨーロッパのまじめ女子学生ふうのやつ。
フツーに可愛くたぶん誰にでも似合う。
余談ですがJINSのキャラクターが翔ちゃんでなくなってから久しいですね。
今はイマドキの俳優さん(名前がわからん)になってました。
やっぱりなんというか嵐メンのインパクト、ぱっと明るくてprettyな感じには誰もかなわない気がする。
櫻井翔のJINSが好きだった。

眼鏡を待つあいだにスタバで春樹本を読む。
家ではなくわざわざカフェとかですこーしずつ読んでます。
作家という職業に対する思いを綴ったエッセイ本なんですが、もーね、すごく素敵。
思わず蛍光ペンで線引きたくなるミラクルとも思うような言葉が散りばめられてて、
カコンっていう音をたてて気持ちがおさまるべき場所におさまる瞬間が読んでいて何度もある。
こんなふうに言ってもらえたら楽だな、希望を持つことができるな、こんな人がいてよかった。
まだ半分くらいしか読んでいませんが、
村上さんが小説を書こうと思った日のことを書いたくだりが美しくてすごく好き。


IMG_3738_convert_20151029124313.jpg


先月ね、自転車を修理したんです。
長男のと私の、壊れていたのを長いことほったらかしだったので。
私のはブリヂストンのアンカーというスポーツバイクタイプのやつで、
2、3回こぐとびゅーーんとすごく進む。
気候もいいし最近はもっぱら自転車生活。
本屋や買い物、ファミレスでブランチなどなど3、4キロ圏内をすっ飛ばして移動してる。
風は冷たいけどまだまだ暖かい九州、自転車こぐと暑い!
陽射しもがっつり日焼けさせてきそうな勢い。
とにかく爽快!!ずっとどこまでもこいでいけそうな気持ちになる。
それに加えてなんとスポーツクラブに通うことにしました。
今月キャンペーン中で手数料無料だったのをいいことに来月からの予定で入会。
フラとヨガはもう長いことやっていて体を動かすことは嫌いじゃないの、たぶん。
ただ少々鈍くさいだけで(笑)、筋トレとかするとわりとすぐむきっとなるしね。
家にいていろいろ考えないでいいことまで考えて暴飲暴食するのにも飽きた。
からだに毒がたまっていく気がする。
とりあえず最低でも週2回は行って一日に2レッスンは受けてみたい。
どこまでやれるか。
ということでジム始めます。


さっき我が家にもFUNKYダンスをまたやるって情報が届いた!
いかん、忘れておる。
練習するべー。
あのね、『miyabi-night』がすっげ好き。
『暁』はショック前の私ならハマッたと思われるが今はうっすら聴いてます。
変化の秋ですな。
スポンサーサイト
2015_10
07
(Wed)19:48

フライデーショック後ロッタ的考察

はい、もう3週間ほどたちましたね。
でもね、まだ私の中ではくすぶってますよ。
毎日いろいろ考えてます。
あーでもない、こーでもない。
とある場所でいろんな意見が交わされているのを見ますが、もーね、モヤモヤくるの(笑)。
うっかり自分の意見とか言うとうすーくバッシングされかねないので、
自分の意見は自分のブログで言う。
これ、正しいかたち。

すっかり自分の気持ちが決まっている人、まだくすぶってんのかとあきれ顔の人はUターンされたし。
興味ある人にはいっしょに検証してほしい。
オレンジ文字はよく見る意見、で、続くのがそれに対するロッタ的感想。
いってみましょ。


☆大野智は嵐を脱退すべき。他の4人がかわいそう。嵐は4人でもやれる。

もーね、あり得んでしょ、4人の嵐て(笑)。
大野智ファンから見れば今回のことは相当な裏切りに見えても、しょせんはただの交際・同棲報道。
大野智もほかの4人もファンが望むよりももっとしたたか。
嵐メンってすっげ黒いとこもあって、すっげ腹が据わってるよね、ときどきこわいもん。
かわいそくない、ファンが思うよりタフだし、ファンのためでなく自分たちの選択として嵐でしょ。
事務所にも強固に守られているし、
事務所的には先日のニセ会見(と私は思ってる)でごまかし風化させるつもりなのは容易に推測できる。
極端な意見であるところにこう言ってる人の裏切られ感がどれほどかと察する。


☆智くんがかわいそう。きっと傷ついている。

だいじょうぶ。
彼の心は必要以上に自分を責めたりしないようにできている、たぶん。
彼に起こるすべての出来事は彼自身の問題で、選択で、責任で、
私たちに起こるものと同等でなんら別ものでない。
大野智ほど自分の世界の王は自分だと思っていて、(よく言えば)誇り高い人を私は知らない。
それに彼は適度にゆるくて鈍そうだしね(ほめ言葉)。
彼に対して過度な擁護欲を抱く人はそういう性質か、もしくはそう見たいから見てるんだろうなーと思う。
かわいそうなのは彼に失恋したファンの方だよ♡
恋が破れるのはつらいよね。


☆パグ、アナグラム、ベール、ふたつ並んだマグカップ、公私混同やめれ。

やっぱね、大野智にとってアートの部分は譲れないんだろうね。
私は前から彼にとって絵が「意地」みたいに見えることがあった。
ただの大野智であることを誰にも邪魔させないっていうか、
嵐の大野智とのバランスをとるっていうか、
そういう行為なんじゃないかなとちらっと思ってて。
その時々の興味あるもの、愛着があるものを含めあるまま詰め込む、創造ってそういうものだろうし、
誰か(まあ、ここではファンということになるだろうけども)に認めてもらうためではなく、
ただひとりの大野智として表現のすべてを差し出したことに文句は言われたくないだろう。
ベールもマグカップもファンが騒いでるだけで真実はわからないけど、
もしそうだとすればもうすべてが彼の恋愛脳のなせる技。
芸術ってね、創り出す苦しさの方が勝るストイックな作業だと思っていたから、
彼のようにラブラブちゅっちゅなしあわせな状況下では秀作って生まれないような気がしていたけど、
大野智にはそれほど当てはまらないのね。
アナグラムもね、私個人としてはアナグラムだと思ってるわけだけど、
見方を変えればユーモアだよね、いたずらっこ的な、ウォーリーを探せ的な(違う?)。
悪意も腹黒さもきっとない、すべてにおいて。

…て、まあね、それは理屈だよね。
少なくとも私はパグの絵に対する見方ががらりと変わってしまった。
興醒め的な?
いや、違うな、特別なものではなくなった、かな。
ああ、あそこってふたりの愛の結晶散りばめてた?うっそ、いやーん。
ちなみに一部では引き出物(皮肉だけどビンゴ)と呼ばれているフリスタグッズの5年日記ですが、
フライデー前売りの日に「大野智 フライデー」と書かれたまま今のところストップしています。
いらぬ報告。

公私混同に関しては私は寛大。
それどころかいつもいつでも大野智でしかいられない大野智に、
ああ、あれでいいんだなと思うことができた。
あんなに世間知らずで身勝手で恋愛バカでも愛されるんだって、
まるで捨て身で教えてくれたみたいで、
ほんと大野智という人は私にがつんと見せてくるなあと唸ってしまったくらいだ。
結局さ、それは自分が自分に言ってあげたいことなんだよね。
受け取る。
ゆだねる。
愛する。
愛される。
バカになる。
嫌われる。
それでいいよーって。


☆どうしてあの人なの。もっとふさわしい人がいるはず。

いやね、フツーにかわいいでしょ。
フツーにスレンダーでスタイルよいでしょ。
10コも年下でウハウハでしょ。
大野智の好みのタイプがわかったよ。
SNSにしても自分だったらと思うととても責められない。
24歳で嵐の大野智と付き合ってたら自慢やアピールのひとつやふたつはね、したくもなりますよ。
42歳ですけどね、説教するような立場にないしさ。
とある場所でね、大野智は自己評価が低いって言ってる人がいた。
それゆえにイマドキの子を選んじゃうし、
友人にも芸能人っぽく振る舞うのが嫌で好き勝手されちゃったり、
今回のように自分のしたことの影響を想像する力に欠けると。
彼のファンにとっては大野智の歌もダンスも絵も素晴らしくて、
嵐で、素敵なお顔で、恵まれていると思えるのにね、
当の本人の自分像とは食い違っているようなとこたしかに感じてた。
だけどそのコンプレックスみたいなものが彼の魅力であることもたしか。
そして一方でまわりに期待したり求めることをしなくても彼は自分だけで足りてるというか、
そんなふうにも見えるので恋人が完璧な人でもそうでなくても注ぐ愛には影響しないのかも。
彼女が何しでかしたって可愛い。
自分が好きと思えばよしとする。
そんな大野智かと。
ま、個人的な希望的観測です。


☆大野智、とりあえず痩せようか。

太ってる智、むしろ好き。
むっちりな首が好き。
お腹とか出て無精ひげとか生やして、ビジュアル劣化でファンが淘汰されればいいって思ってたくらいだ(笑)。
ついでに仕事にめんどくさそーな、釣りや絵に関してとたんに饒舌になるような、
そんな智が好きだった。
ところがどっこい今回断捨離されたのは私の方だったみたいというオチ。
信じて愛しぬくことが真の姿だという一部の声。
それにナーバスに反応する自分の心。
敗北感と疎外感。
ま、でも、そもそも正解もわかり合う必要もないよね。
それぞれがそれぞれにショック受けてるわけだし、どんな感情もありなんだとせめて私は言いたい。


いろいろ書きましたが、今回のことで私が失ってしまったものは「ロマンチック」かな。
恋心。
とてもさみしいです。
寝て起きたときにむしょうにそう感じます。
だいじだったなーって。
今は大野智が思うように生きればいいと、私はその動向を見ていければいいと、
そんなふうに思うようになりました。
あの会見は本人の言葉ではないと私は思ってるけど、、
彼女と別れようが別れまいが結婚しようがすでに結婚してようが知るすべもない。
ここに来てやっぱりアイドルやめたきゃ道は険しいだろうけどやめればいいと思うし、
アイドルやってくんならどんなふうに腹をくくってくるのか見届けたいし、
べつにファンが望むものだけでなく好きな活動を模索していくのもよろし。
ファンのために己を殺せとは言えなかったな。
仕事用の大人な立ち振る舞いができないからこその輝きだとわかってる。
そこがだいすきだったんだもん。
たぶん私は私におなじように言ってあげたいんだと思います。
いいよ、いいよ、好きに生きるがよいって。
今回のことでいろいろ考えて小さな私の世界にも荒波がたちましたが、
大野智の生きる自由を認めることで自分にフィードバックさせる結果となりました。
自分はファン失格のような気持ちになったり、
大野智を想う気持ちがニセモノだったように思えたり、
大野智を貶めたり、
下世話な話題に興じたり、
そんな自分もドンマイ、モーマンタイでっす。
離婚以来の壮大さだったね(てへぺろ)。
2015_10
01
(Thu)09:46

アナグラム…(遠い目)

ちょっと笑えてくる。
やってもいない会見、会わないなんて嘘っぱち(と私は確信している)、
アナグラムだってもっととことんわからんようにすればよいのに、
ほのめかした感じがどーにも。
トホホ、今はすべてが茶番に見えるよ。
深く傷つくことになっても私は真実を知りたいタイプ。
そこから踏ん張れるから。
今までが好きすぎたんだな。
だいすきだった智よ、さようなら。
これからは薄目で好きと思うようにするよ。
大野智の人生は大野智に全責任がある。
私の人生は私が楽しむためにある。
ロッタ、いつまでもうじうじすんな。
強い子、前を向け!(笑)

私の心模様を気にかけてくれているみなさん、ビッグサンキュー with L-O-V-E ××× 。
ここがあってよかったなとあらためて思います。

コンサート、福岡初日に行けることになりました。
Mちゃん、そしてMちゃんのお友達、ほんとうにありがとう。
チケットもだけど、その気持ちがいちばんうれしい。
今回はどうにかなるさ~と思っていたら、ホントにどうにかなった!
しかもこんなに早く。


今朝はCDひっぱり出して小田和正聴いてる。
『キラキラ』、いいわ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。