2015_11
29
(Sun)11:23

「ここのベースは、嵐だったら相葉くんで。」

ドラマ『コウノドリ』をね、観ているんです。
先に漫画を読んでいてね。
長男と一緒に新刊が出るとレンタルして読むのを楽しみにしていて。
絵も見やすいし、
妊娠出産を2度経験したものとして、母として、人間として、親近感を持って読むことができる。
泣けるしね。
で、ドラマも興味があったので、
録画しておいてまとめて観てみたんだけど、すごくいい。普通の人間臭さがいい。
漫画の100倍泣ける。
そして何より綾野剛さんがいいんです。
画面越しにもからだのつくりや所作の美しさがにじみ出ています。
漫画のイメージまんまなら瑛太が適役だったらしいんだけど(雑誌の受け売り)、
このドラマに関しては綾野剛さんのコウノトリ先生が素敵で楽しんでいます。
コウノトリ先生は産婦人科医でありながら謎のピアニストでもあるんだけど、
漫画では聴こえないピアノが聴けるしね。
綾野剛さんはこのために一年間プロの方に指導を受けられたそうです。
役者ってすげー。

で、コウノトリ先生の同僚に一見暗くて偏屈な医者(♂)がいるんです。
四宮先生といって彼は彼でいろんな事情を抱えているわけですが、
私はこの役者さんをこのドラマではじめて見たの。

CRRyA7BUYAAtfG4_convert_20151129110332_20151129110427ae8.jpg

意地悪そうな顔だよね(笑)。
いるいる、こういう医者(と元看護師風吹かせてみる)。
新しい役者さんなんだなーと思ってた。
そしたらさ、この前ベストアーティスト2015を流し見(嵐に行きつくまでがいつも長い)していたら、
あれ?これって四宮(呼ばわり)じゃね?
にっこにこしてるよ、え?歌手なの?ちょっと混乱。
星野源さんとおっしゃるのですね。
衝撃。
役者と思っていたら歌い始めて、その声に。
がつんときましたね、その声に(2回言う)。
四宮先生からのギャップ萌えってやつかもしれません。
どことなーくオリジナルラブを思い出させる低く落ち着いた声。
調べてみたら役者でも歌手でも活躍されている方なんですね。
全然知らなくてごめんなさい。
大病(くも膜下出血)をされてお休みしていたこと、それについて書かれていることを知り、
さっそく彼のエッセイ本を買って読み始めました。面白い。闇か。
しかし、何でもできる人って何でもできるんだなー。
ちなみにタイトルにしたのは闘病記も含まれているエッセイ本の中にあった星野さんの言葉。
曲作りをする時に楽器を演奏してくれる方にこんなふうに弾いてほしいというイメージを
専門用語以外の表現で説明する時にこう言ったのだそう。
相葉雅紀ふうのベースっていったいどんなんだ?
軽め?ぱっと弾けた明るい感じ?抜け感?
なにげにぽつぽつ嵐くんも登場する。
おもしろくってしばし爆笑。しつつ読んでいます。

でね、今朝彼がMichael Jacksonのファンであるというのを知っておお!と思いました。
マイケルを通じた仲間みたいな気に勝手になってる(大野智に続き)。
よしよし、キミも私のマイケルファミリーに勝手に任命ーーー♡
タイミングよく新しいアルバムもあと数日で発売、ライブも2月に来福予定だとか。
ずいぶんと久しぶりです、歌うたいの方で好きだなと思うのは。
しかも直感的に飛びついたのなんて。
ぴょこんと思いがけず芽生えた新しい好き、わくわくするよね。
だから乗っかってみようと思っています。
ライブ、行けるかわかんないけどチケット申し込んじゃうよー。
曲をいろいろ聴きたくて動画サイトに行ってみたらオフィシャルチャンネルなんてのがあって、
過去の歌も映像もたくさんアップされてて見放題。
こういう自由さがね、いいなと思うんだよね。


FNSで歌っていたのはこれ。



次男(10歳)がいたくお気に入りで、私より先におぼえて私より上手に歌う。
やばい。
もっと好きにならなくちゃ!!


スポンサーサイト
2015_11
22
(Sun)16:57

MHL.のサロペット

先日購入したものがさっき届いた。

じゃん。

FullSizeRender_convert_20151122161542.jpg

いちおーMHL.的には「サロペット」だけれども、ま、オーバーオールですな。つなぎのズボンです。
母が私が幼い頃ジーンズを好んで着せていまして、
小学2年生の頃にインディゴカラーのオーバーオールを着ていてトイレに間に合わず、
濡れたままのを着てしょんぼり下校したことを憶えています(いらん情報)。
サロペット型の服は好きで他にも所有していたことがあるのですが、
ここまでがっつりオーバーオールな可愛らしい形はそれ以来かもしれない。


MHL.のカタログのこの写真。

IMG_20151122_0002_convert_20151122164133.jpg

これが印象的だったのです。
MHL.の原点はコットンのワークウェアというだけあって、
大人の作業着っぽくラフで、でもどこか粋で素敵だなあと思ったの。
自分もこんなふうに着こなせるかどうかはわからないけど、
ぜひ手に取ってとりあえず袖を通してみたいと思いましてね。

昨日記事にしたサニタと赤のチェックのネルシャツ、ワークキャップに合わせてさっそく着てみました。
うん、まあ、悪くないかもしれない。
私、見かけも歳相応だし、子どもっぽくはなっていないような気がする。
ステンカラーコートやオックスフォードシューズを合わせてみてもいいかもー。
ちょっと、おじ風に。


ちなみにMHL.がコラボしたサニタはこんな感じ。

IMG_20151122_0003_convert_20151122161703.jpg


どうも底が木のようです。

1495dff460f2c4f2549c56cd03fa029f000e0467.jpg
私が買ったものとは革も別のものだし、また表情が違ってかわいらしい。
ちょっと、ハイジっぽいよね。
タイツに履いた様子が絶妙。




2015_11
21
(Sat)19:20

Danskoじゃないよ、Sanitaだよ。

あれは遠い短大時代。
サボが流行ったことがありました。
その当時愛読していたオリーブとかmcシスターなんかの雑誌を見て知ったのだと思うけど、
私はそのかわいらしいフォルムにびっくり。
すごく欲しくて、忘れてない、たしか6000円台でベージュのヌバック素材の木底のサボを買いました。
重くて歩きにくいんだけどショートパンツにJ・Crewの白いセーターを着て、
白いくしゅくしゅソックスにサボを履いてた。
すごく大事にしてたな。
その後北欧ブームなども経て不動の人気を保ってきたように思えるサボですが、
またね、ついうっかり買っちゃいましたよ。


こちらです。

じゃん。
Sanita(サニタ)のサボ。

FullSizeRender+(1)_convert_20151121180115.jpg


国旗のシールがかわいい。
ポーランド製。

FullSizeRender_convert_20151121180056.jpg

底は木ではなくてウレタン素材です。

タイトルにもありますが、サニタよりはダンスコでググったらすごくたくさんの商品とコーデなんかがヒットします。
実際ネットショップやフリマアプリでもダンスコの方がポピュラーっぽい。
でもね、まったく同じに見えるのです。
どこが違うん?
よくよく調べてみたらダンスコはサニタから派生(?)したアメリカのメーカーで、
主に製造は中国で行われているらしいです。
サニタはデンマークのメーカーでポーランド製。
サニタは最近ではMHL.(マーガレット・ハウエルのカジュアルライン)ともコラボしています。
お値段はほぼ変わらないのだけど、どちらを買うかは明らかだな、うん。

ということで我が家にやってきたサニタちゃん。
ネットショップで購入したのですが、いちど届いたものがサイズが大きくて交換をお願いしました。
ちなみに私のジャストサイズは38です。
足は長さは23.5センチサイズで合ってると思うのだけど、
厚みはないけど外反母趾ぎみの幅広タイプのため選ぶのは24.0~24.5センチの靴。
ちなみにビルケンだと37、デザインによっては38。
もし検索でサニタ(もしくはダンスコ)のサイズ選びにお困りの方がいらしたら気軽に聞いてくださーい。
ここを読んでくださってるみなさんにも静かにおすすめします。
デンマークでは医療の現場などでも作業靴として重宝されているらしく、
土踏まずや甲の部分はホールドしてくるのに、かかとや指の付け根への圧迫が少なくたしかにはきやすい。
重さはそれなりにあるし何ともいえないふしぎな着用感ながらも、
そのたたずまいが愛らしくて早速今日もう履いてでかけちゃいました。

ネットで検索するうち出会った粋な着こなしはこちら。

453344dad35655f7ead2fdd4b4ec26c6e58c31c5.jpg

絵になるー。
後ろのブルーの建物も素敵。
こんなふうなざっくりしたラフなスタイルが好きです。


さてさて、今年ももうすぐ最後の月。
この間はフライングタイガーでクリスマスの小物を買いました。

これと(200円)、

IMG_3763_convert_20151121180239.jpg


こいつ(笑)。300円。

IMG_3762_convert_20151121180146.jpg

棚にごろごろと置かれていたのだけど、どうしても壁に掛けたい。
ま、税込300円だしと思い購入。
まぢヤバすぎる、なんなの、この応接間感。
こんなのフツーはあんまり買わないよねと言われましたが。

ちなみにこれくらいの大きさ。

FullSizeRender+(5)_convert_20151121180132.jpg

わりとミニマム。


今日はお友達からいっしょに行く約束のドリカム・ワンダーランド@ヤフオクドームのチケットが届いたよーとLINEが。
そう、嵐のライブの前にもドリカムというお楽しみがあるの♡
今回はワンダーランドなので青春時代に聴いたあの曲この曲が盛りだくさんなはず。
やっほー。
お友達にも嵐にも会えるし、ニノの映画もクリスマスも楽しみ。
楽しい冬になりそうです。







2015_11
06
(Fri)13:10

帽子を楽しむ

帽子が好き。
帽子のおしゃれを気負わず楽しめるようになったのってここ数年のような気がする。
今夏もペーパー素材の中折れハットをネットで探すのに、
いいのはどれも売り切れですごく売れてるんだなーと思った。
外へ出るととくに若い子はほんとうによく帽子をかぶってる。
私ね、ワンレングスのストレートのロングヘアなんです。
フラをやっているので切れない。
前髪さえもステージでアップヘアにする時にまとめづらいのでなるべく短くしないでと言われてる。
で、普段はメガネでしょう?
ひっつめ髪にメガネて、どんだけ地味なん。
年齢的にもね、生え際の白いものだって気になるわけですよ。
そ・こ・で、帽子はね、よい。
華やかになるし、締まる。
すっぴんも白髪も隠せる。
秋になりましたので寒い時期用の帽子を物色するのが最近の楽しみ。


今の手持ちのものはこんな感じ。

IMG_3752_convert_20151106120406.jpg



で、いちばんのヘビロテはこちら。

FullSizeRender+(2)_convert_20151106120421.jpg

『家政婦のミタ』みたいだと言われますけどね。
ワークキャップと言ってほしいですね。
万能選手なんです。
ジーパンにネルシャツでもこれかぶるとカッコよくなる。
運動会とかボランティア清掃とか、ちょっとお外で行事みたいな時にも重宝。
ずいぶん前にカーキのものとふたつ長男用に買ってあげたのですが、ヤツがあまりかぶらないので私のに。
でも最近カーキの方がこつぜんと姿を消してしまいました。
どこかに置き忘れたというのは絶対にないのに。
ふしぎだ。
こんなことってない?あるはずのものが消える。
上の写真のこのキャップのおとなりのネイビーのもワークキャップ型で、
今のいちばんの新入りくん。
黒のより少しまあるいラインなので優しい感じになります。
ふたつとも☆このサイトのこのブランド☆ですが、お手頃価格で可愛いのがたくさんなのでオススメ。
また近々買い足してしまうと思います。


ここ2、3年よくかぶっていて、今年も楽しみにしているのがこれ。

FullSizeRender+(3)_convert_20151106120433.jpg

数年前の冬に天神のファッションビルのあるお店で、
黒×青のストライプのゆったりニットベレー帽を見つけました。
それがとっても可愛くてすごく欲しかったけれど、値段を見たらたしか15000円くらいだったの。
ちくしょー、買えねぇ。
ん?ちょっと待てよ。
熊本にね、いるんです、お裁縫が大得意なお友達が。
いつかの☆これ☆も彼女の作品なんですが、お洋服だってつくるし編み物だってできちゃう。
で、頼みました。
こんなこんな色合いで、かたちで、つくってくれない?って。
彼女は私の説明を頼りに糸を探しに行って編んでくれたんですが、届いてびっくり。
そっくり、いや、元のやつよりざっくりしてて、アクセントに縄編みまで入っていて、超カワイイ!!
ベレー型ですがワッチキャップのようなゆったりすっぽりなつくり。
個性的な柄と色合いのようでいて何にでも合う。
しかもこれかぶってるとよくほめられる。
また違う友人は私がこれをかぶっているのを見ておんなじのが欲しいと言って、
彼女にオーダーしてつくってもらったことも。
上の写真の赤も彼女作の同じ型ですが素材がカシミヤ。
てづくりなので味わいがあって飽きません。


最後にこれなんですが。

FullSizeRender+(4)_convert_20151106120455.jpg


マーガレットハウエルのウールの中折れ帽。
たぶんもとのお値段は手が出ないほどだと思うのですが、きれいな状態のユーズド品をネット購入しました。
たしか3000円くらいで買えたのでラッキーだったのですが、
いざ届いてみると…   ち、ちいさい…。
私の頭、絶壁タイプというのか、しかもハチの部分が大きいので、
そんじょそこらのノーマルサイズの帽子はたいていきついのですね。
これもきつくて、しかもだいぶんきつくて、どうにかしないとと思ってネットで検索したら、
帽子のサイズのお直しをしてくれるお店を見つけました。
まあるい機械にすぽっとかぶせて蒸気を当てて伸ばす方法でした。
ちょうどその少し前にしやがれで智くんがまつずんに帽子をつくっていたのを観ていて、
(あの帽子の色とかたち、大好きだった。似たようなの探したけど見つからなかったな)
あんなふうに優しく広げてくれるのなら大丈夫だと思って郵送で送りました。
結局お直し代と送料がかかってしまったので、せっかく安く買えてもなんだかなーでしたが、
どこにもつっぱりとか歪みとかシワとかないのにサイズだけ大きくなっていて、
仕上がりには大満足でした。
カーキ色の、かなり正統派のカッコいい中折れ帽です。
今はまだ出番待ち。


今日はこれから買い物に行くついでにスポーツクラブにも寄ろうかな。
昨日も行ったのですが、ウォーキングマシンで『Japonism』を聴きながらだとかなり軽快に歩けることを発見。
メイクをするのがめんどくさいので、すっぴんでらちゃちゃらちゃちゃ~と行ってきます!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。