2016_05
09
(Mon)22:05

猫ベッドをつくる

はじめての猫との生活が3週間ほど過ぎた。
猫の子の成長はほんとうに速い。
人間の子どもの成長を倍速で見ているよう。
離乳食とかトイレトレーニングとかいろいろ頭悩ませるけど、
子猫の成長に助けられて、ああ、そっか、そんな考え込むほどのことじゃなかったのね、
なんて思える。
いつかは必ずクリアしてできるようになっていく、親も子も。
人間の子どももおなじなのだけど成長がゆっくりなので、
悩める親は抑うつ状態になったり虐待なんてしてしまったりするのだろう。
子猫みたいにサクサクーっと大きくなればいいのに、なんてことをぼんやり思う。

さて、子猫が来てからの私の目下の楽しみは猫グッズの物色。
以前までは横を素通りしていたペットショップも今ではパラダイスに見える。

キャットハウスとか、

09_convert_20160509213129_convert_20160509214501.jpg


キャットタワーとか、

_1434098449_18018_convert_20160509213910_convert_20160509214447.jpg


段ボールハウスだって、

pc_wgd104781_cathouse3a_xl.jpg

欲しいのであーる。

陽の当たる床にそのままぺたーっと寝てたりしてて、
それはそれで気持ちよさそうにしているのだけど、
家の中のいろんな場所に寝床を置いてあげたらちんまりと寝てくれるのかしらと思って、
とりあえず猫ベッドから。
楽天のショップやアプリのハンドメイドショップなんかも見てみたけど、
いろんな形や柄のものが売られていてなかなかけっこういいお値段。
安価なものはふかふかしてなさそうだし、これといって好みの柄のものがない。
そこでこれはもしかしたらつくれるんじゃないかと思ってね。
探したら見つけたのがこちらのブログ→『Lunasol diary』さん
型紙もきちんとあって、作り方もお写真付きでわかりやすく、
ミシンでなく最初から手縫いのつもりだった私でもがぜんやる気に。


選んだのは北欧ふうの生地。
ちょっと奮発しました。

IMG_4415_convert_20160509210735.jpg

がしかし、つくっていくうちに暗雲立ち込める。
というのも、可愛いかったはずの生地が形になるとどこかニトリちっく…。
よく言ってIKEA。
長男にも「そう言われればそうだね」と同意される。
1000円くらいで売ってそうだよ、トホホ。
おまけに例のごとく手がかたい私。
縫い目が詰まってややタイトに、反った形にできあがる。


これだ。

FullSizeRender+(2)_convert_20160509210858.jpg


昨晩完成し、今朝主役の麻たん(猫の名前ね)をさっそく入れてみる。

FullSizeRender+(1)_convert_20160509210917.jpg

おや?
およよ?
どうもお気に召した模様。
出ようともせずじっとしてる。


IMG_4424_convert_20160509210931.jpg

この後このまままどろんでおりました。
ニトリちっくなことなど猫はまったく気にしていない。

今回無心にちくちくと手縫いしながら、ああ、楽しいなと思った。
家事もそっちのけでやっていたいと思う作業が一円にもならないことに軽くジレンマ。
ちなみに横にちらり写っているのはいずれ近いうちに段ボールハウスにリメイク予定。
猫ベッドももういくつかつくって部屋のあちこちに置く(あくまで)予定。
猫グッズづくりは飽きるまでしばらく続く。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。