2016_07
31
(Sun)00:56

鹿児島アリーナの嵐のライブに行ってきました。その③

その①その②からの続きです。)

会場から帰るシャトルバスの中で若い男の子のとなりに座りました。
汗臭いかもー、ごめんねーと言いながら腰かけてみると、
横顔が『きみはペット』の松潤にどこか似ている色白のとってもきれいな子でした。
聞けばやっぱりというのか松潤ファンとか。
似てるねと言うと、よく言われると笑って、
実は鹿児島のキャパ目当てで申し込んで当選し東京から来たと話してくれました。
東京には男の子のファンがたくさんいること、
今日の松潤は疲れていたのか顔色がすぐれなかったねとか、
嵐は男性ファンによくファンサしてくれるんですとか、
ドームツアーは札幌までよく遠征しているとか、
短い時間でしたがいろんな話をしました。
あんなに若くてきれいな子はあまり見たことがないうえに、
こんなおばちゃんにきさくに話してくれて、
ああ、これも嵐のおかげ、ありがとう。
その彼は一泊して明日東京に帰るらしかったけど、
「自分、余韻がヤバいです。」と言っていてほんとうにそうだねと思った。

そのあとは天文館まで足を延ばし白熊と黒豚しゃぶしゃぶを食べようと思っていたのですが、
下調べしていたお肉のお店があいにくの満席。
結局飛び込みで入ったお店がなかなか美味しく、デザートに白熊まで置いてあって、
ビールこそ我慢したものの今日の一日に感謝をしながら堪能しました。


IMG_4828_convert_20160730225005.jpg

ライブで今日は土用の丑の日だからこの後嵐もウナギを食べます!と雅紀がMCで言っていたので、
白焼きでいただきました。
絶品でした。

IMG_4829_convert_20160730225024.jpg


でね、この店にも例のポスターが張ってあってね。
お会計を済ませた後に、あのー、これー、もうないんですか?とお店の人に聞いたらば、
察してくださって、


IMG_4837_convert_20160730225040.jpg

くださいました(笑)。
今日のためにキリンさんに多めにもらったんですよーと快く。
最初から最後までビッグサンキュー、鹿児島!!


私ね、フライデーのことがあってから気持ちが変化して、
智くんのことも遠いというか、
嵐のこともバラエティで見えるような部分にはもうあまりときめかないというか、
離れてしまっていましたよね。
ブログも絵も書かなくなってしまっていました。
それでもうここに来なくなった人もいるし、
まだ来てくれてここを好きでいてくれる人の中にも、
私が嵐や智のファンでなくなったことを残念に思っている方がいるのだということは
何となくわかってはいたつもりでした。
私は私で、
嵐や智のファンでないと、
智くんの絵を描くのでないと、
好きだと思ってもらえないのかもしれないという一抹のさみしさはいつもありました。
それはそれで仕方ないとも思っていました。

でも今日のライブで、
目の前にいる嵐のことをすごく好きだと思ったし、
信じられるのはライブの嵐だなと強く思いました。
ライブの彼らを見るといつも今の自分はもっと目の前のことをやれるんじゃないか、
もっと違うやり方でがんばってみていいんじゃないかという気持ちが湧き起こります。
だって彼らはあんなにやってる。
彼らの歌とダンスが好き。
もっともっとそばに行きたい、今日のような日をたくさん味わってみたい。
彼らを好きな気持ちがもどってきた、というのとはちょっと違うかもしれないのだけど、
今日の鹿児島の優しさのおかげでフレッシュな「すき」を思い出したみたい(なんのこっちゃ)。
で、何を言いたのかというと、
今夜は嵐も鹿児島で出会ったすべての人たちもここで会う人たちもだいすきだなということ。
だからレポも早く見てほしくてがががーっと書き上げました。
適宜、追加などあるかもしれません。
読んでくれてありがとう。

ぐちゃぐちゃだけど(笑)、銀テープ。

IMG_4840_convert_20160731072407.jpg

真上から降り注ぐのもちゃんと見れて、
ヨガ友ちゃんの分もと思い取れるだけ取ったけど、
スタンド席の後ろまで飛んできてちゃんと取れたよと言ってた。
かゆいとこまで手が届く、そんな印象の鹿児島アリーナでした。

スポンサーサイト
2016_07
31
(Sun)00:56

鹿児島アリーナの嵐のライブに行ってきました。その②

その①からの続きです。)

今回のライブ、Japonism Showというタイトル、いったいどんなものだろうと思っていたのですが、
ダイジェスト版というのか、
ジャポコンからのピックアップ、
デビューから今日までのピックアップ、
そんな感じでした(ひじょーにおおまか)。
例えば智くんのソロだと、歌わないけどマスクパフォーマンスはある。
『心の空』なんかはがっつりフルコーラスでめちゃくちゃカッコよかった。
和太鼓ド迫力。
『Everybody前進』ありーの、
新曲ありーの、
ディスコスター様や『Rain』を5人で踊りーの、
相葉雅紀のロープでのパフォーマンスがありーの、
わくわくするような新しい試みもたくさん散りばめられていました。

で、前記事の座席。

ColJe82WAAA79nn_convert_20160730232907.jpg

よーく見るとA3ブロックとB3ブロックの両側の通路だけ他より幅広。
そう、なんとここにムービングステージ用のレールあり。
つまりムービングステージは3ブロックを真下にしながら、
真ん中後ろの小さい黒い部分のバックステージまで移動するのだったのです!
で、このバックステージはアリーナとスタンドの間に配置されていますが、
双方からすごく距離が近く高さもあまり上がらないので、
私の席から嵐までは5メートルくらい?
めちゃめちゃ見える。
汗まで見える。
嵐って、いたんだ!!!
周囲からは「ヤバい」「ヤバい」としきりに上がる声。
ステージが動いてくるたびにみんなくるりと向きを変えひたすらガン見してる。
下からは嵐のお股(失礼)や靴の裏までくっきり見える。
あまりに近いのでうれしくてたまらない。
トラブルメーカーの5人並んで肩持つ後ろ姿がすぐそこに見えて歓喜。

前述の雅紀のロープアクション。
ジャポコンでの布みたいな素材ではなくちょっとホースみたいな緑色の。
彼だけがバックステージにやってきてスタッフの方と神妙なアイコンタクトをし、
上り、しなやかな体の反りで逆立ち、揺らされるのですが、
その姿が間近でとても美しく披露されるのをじっくりと見ました。
と同時に彼の中の人見知りの少年の姿や少し不安げな瞳や私欲の無さまでもが震えて伝わるようで。
そう、あの近さでは嵐の人たちの感じのよさや、
表情の動きや優しい雰囲気までもがしっかりと伝わってくるのでした。
私は今回それをじゅうぶんに味わうことができました。

まわりの席に座っていた人たち5人ほどで終演後席に座ったままおしゃべりをしました。
ライブ中は話さなかったのに自然とそうなりました。
ちょっとした放心状態。
今見てきた景色にしあわせな気だるさを感じつつ、
どこから来たとか教え合いながら、
今日のこの席での体験がどんなに素晴らしいものであったかを少し興奮気味に、
うれしそうに誇らしそうに話し合いました。
私なんて「生きててよかった」とかいって、感極まりちと泣いたりして(笑)。
アットホームでそれはそれは優しいライブでした。
嫌なひとなんてひとりもいませんでした。
たぶん、この席イマイチと思った人はあの会場にはいなかったんじゃないかと思います。
どこからでも嵐が近くて、見渡せて、
だからみんな満足して余韻がハンパなくて後ろ髪ひかれてしばらく会場周辺ですごす人も多かった。
距離だけではない、会場のどこかちんまりと可愛く暖かな雰囲気というのも大きかったので、
嵐もそれを感じていてくれていたらいいなと思います。


広場内にあった大きな木、と智ウチワ。

IMG_4822_convert_20160730224926.jpg

このウチワ、LOVEコンからの使いまわしお付き合い。
お隣に座っていた親子連れさんからすごいとほめられて、うれしくなって智ポストカードをさしあげる。
バックステージ上の智くん、
「さとしくーん」と声をかけ手を振ったら、
気づいて手を振り返してくれたのは勘違いかもしれないけどそれでもいいの。
今日の彼はファンサいっぱい。
笑顔がいっぱい。
マイクを通さない生声も披露してくれました。

その③へ続く。
2016_07
31
(Sun)00:13

鹿児島アリーナの嵐のライブに行ってきました。その①

鹿児島から新幹線に乗って、先ほど帰宅してお風呂に入りパソコンの前に座りました。
何から書いていいのかわからないけれどどうしても記しておきたい、
ここにいつも来てくれる方々に読んでほしいという思いから書き始めてみようと思います。

鹿児島は短大時代の3年間を過ごした思い出の場所。
食べ物が美味しくて、
いつも桜島をそばに感じることのできる景色は雄大で、
人が優しく、
佐賀に就職してからもどうしてあんなに大好きだった土地を離れたのだろうと
しばらくは鹿児島に思いをはせる日々だったほど。
卒業後も結婚後も何度も訪れているなじみ深いところですが、
駅やその周辺は新しくなりすっかり様変わりしていました。

今回のコンサートは自分ひとりだけで申し込んだのですが、
ヨガ友さん(智ファン)と日にちを合わせていたところ、
見事ふたりとも当選することができたのでご一緒してきました。
新幹線から下り改札を出て最初に目に飛び込んできたもの。

じゃじゃーーん。

FullSizeRender+(5)_convert_20160730225800_convert_20160730230124.jpg

鹿児島って智くんだったのね。
うーん、幸先よし。
この黄色と青のポスター、街じゅういたるところでお目にかかりました。
嵐ファンがこぞって写真に収めていたので便乗していたら店員さんから
「線の内側まで来て撮影してください」と言われたのでちょっと驚いた。
店先で邪魔になるから外側でって言われるのならわかるけど、もっと寄れって(笑)。


心配していた降灰もなく晴れ渡った空。とビルの隙間に桜島。

IMG_4808_convert_20160730224827.jpg

会場へのシャトルバスは長い行列だったのでタクシー乗り場へ。
福岡からいらしたという母子さんに声をかけていただき同乗、
楽しみましょうねと言って別れました。


鹿児島アリーナ

IMG_4811_convert_20160730224848.jpg


IMG_4820_convert_20160730224908.jpg

よくある体育館ふうではなく屋根とか変わったかたち。
モニュメントっぽい門のようなものや噴水が広場にありました。
実は下のほうの建物の写真はライブ後のもの。
余韻に浸る観客が思い思いに過ごしているのが見えます。


お借りしてきた画像ですが、私はB3ブロック。

ColJe82WAAA79nn_convert_20160730232907.jpg

ステージ正面の後列のブロックです。
その中でも私はさらに後方。
席に着いた感じは、うーん、前ステージもそんなに近く感じない。
会場の広さもドームに比べたら小さいけれど、想像していたような体育館感、
そう、まるでワールドカップバレーのコートと客席のような距離感ではけしてない。
かるーくがっかり。

でも、でも、それはうれしく裏切られるのでありました。
その②へ続く
2016_07
26
(Tue)10:16

レザーサンダルを買いました

ここ数年夏になるとマーガレット・ハウエルのサンダルが気になっていました。
若いお嬢さんならまだしも、この年齢だと素足感が妙に恥ずかしかったりするのですが、
ハウエルのものは素肌が出すぎず、色も形が上品で合わせやすくてよい。
いつものことですが、そのお値段がね、とてもとても手が出せなくてあきらめていました。

今週末はいよいよ鹿児島アリーナでの嵐のコンサート。
きっと暑いだろうなあ。
涼しげなワンピースがほしいなと思い探していました。
そうしたらいつものフリマアプリで気になるものを見つけてしまいました。

これ。

4395998_45_D_500_convert_20160726094523.jpg

サンダルかよ(笑)。
ハウエルの2014春夏のものです。


margarethowellW_2014ss_26_convert_20160726094641.jpg

このパナマハットも水玉ワンピースも、もういちいち可愛らしい。
で、足元はこのサンダルでなくてはいけない感じ、あるでしょう?(え?ない?)

フリマアプリでは出品された最初の値段からどんどん値下がりされていって、
最終的には定価の半額以下までになっていました。
うむ、うーーーーむ、悩む。
画像を見る限りではとてもきれいなお品のようだし絶対お買い得。
でも待てよ、もう少し粘ったらまだ値下がりするかしら?
ああ、でも誰かに買われちゃうかもしんない!!
いくら半額以下とはいっても簡単に出せるような金額でもない。
でもね、私は私を知ってる(笑)。
迷ってるってことは欲しいってことで、結局買うことになるし、後悔もしないはずってことを。


ということで(前置き、長いね)、買っちゃいました。

じゃん。



届いてみて思っていた以上に新品のようだったのにびっくり。
底にはちゃんと滑り止めのラバーも張ってあって、そのラバーにさえもほとんど傷のない状態でした。
サイズも悩みどころだったけどぴったりでひと安心。
ただね、私の足、外反母趾なので、小指の付け根が革の間からはみ出してカッコ悪い…。
でもめげません。
さすがの履き心地なので、たくさん履いて馴染ませていこうと思います。


で、ワンピースはどうしよう?(笑)






2016_07
10
(Sun)10:23

ポッポのパン

前に片頭痛の記事を書いたけど、
昨日は年に数回ある強烈な頭痛で寝込んだ日でした。
鎮痛剤と氷のうでの冷却で夕方には何とかおさまったけど、
お誕生日だった次男に看病させたり、
長男はお友達と遊びに行く約束をこっそりキャンセルしてくれていたり、
す、すまねぇぇぇってな日でした。

今日はお誕生日祝いのディナーに行けそうなまでに回復しましたが、
最近頭痛以外にもちょっとした不調を感じていました。
というのが、食後に目まいや頭痛、動悸がするというもの。
ここ数年おなかまわりが気になるものの体重の変動も少なく、
貧血なし、コレステロール異常なし、検査値は常に正常なのが自慢。
元来大食漢で甘いもの好き、
量はさすがに食べられなくなったけど相変わらず甘いものを欠かさず摂取して、
パンも大好きだから朝・昼パン食という生活を続けていたせいか、
ここのところとくに炭水化物をとりすぎた食事をしたり、
満腹になりすぎるときまって前述したような症状が出ている気がするのです。

やば、私、糖尿病にでもなっちゃったの?

半ばうちひしがれながらネットでいろいろ調べていくうち、
『機能性低血糖症』という病名に目がとまりました。
ビンゴ!すっげ当てはまってるぅ。
抑うつ的な気分、ずっとありました。
ちょっとしたことでものすごく落ち込んでお風呂でむせび泣くなんてことが何度も。
なんじゃ、これのせいだったのか!
ロッタ、御年43歳、無理がきかないばかりか、もういいかげん自愛しないといけませんね、心も体も。

とりあえず一昨日からごはんやパンなどの主食(炭水化物)を極力取らない食事に切り替えました。
今流行りの糖質制限みたいですが、
機能性低血糖症というのは血糖値のジェットコースター的変動がモンダイなので、
とりあえずそれをゆるやか~にするための一時的な回避だと考えています。
(いや、自己診断だけどね、あくまでも。)
それにね、私、パンが好きなのです。
白ご飯は我慢してもパンはできれば食べたいなと思って調べたら、
全粒粉のパンだとイケそうだなとわかりました。


そこで、久しぶりに注文。
ポッポのパン

FullSizeRender+(3)_convert_20160710092529.jpg

全粒粉など素材にこだわったパンのお店で、ここのベーグルが絶品なのです。
冷凍しても蒸し器で蒸したあとオーブントースターで表面を焼けば、
外はカリッと中はほんとうにもっちもちで一個で満腹になります。
先ほど届いて中身を確認しむふふとほくそ笑む。
しばらくはこのおいしいパンを食べられると思うとしあわせ。
新潟のお店なので送料がけっこうかかるのですが、焼き立てをすぐにクール便で送ってくれるので新鮮です。

口に入れるのものは添加物なし、完全無農薬、グルテンフリー、肉食なんてもってのほか e.t.c…なんて
そんなふうなこだわりは全然なかったけれど、
これからは必要なものをできる量だけおいしく食べることに少し目を向けてみようかと思いました。
とか言いながら、今夜は昨夜行けなかったお誕生日ディナー。
次男のたっての希望のラーメンを食しに行ってまいります。
(ラーメン以外のメニューもあるとこにしよ)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。