2016_08
30
(Tue)18:40

キャットタワーをつくる

実は半月ほど前に我が家にやってきていたニューフェイス。


FullSizeRender_(3)_convert_20160830172134.jpg


麦(むぎ)ちゃん。
オス。
7/13生まれ。
もらってきたその日までお母さん猫のおっぱいしか飲んだことがなかったのに、
我が家に来てすぐにカリカリを食べるようになり、
トイレも一発で覚えその後粗相もなく、
先住猫の麻から甘噛みというのは名ばかりの加減を知らない噛みつきを日々受け
「ふんぎゃぉぉぉ」と雄たけびをあげながらも仲良くしており、
とっても元気で賢いよい子。

とうとう我が家も多頭飼いってやつ。
以前から憧れていたキャットタワーを自作することにしました。
というのも先日とても感じのよいキャットタワーをお見かけしたのです。→tono-pさんの自作キャットタワー
キャットタワーの色やたたずまい、そしてお写真が静かで素敵だなと思いました。
2×4サイズという安価で手に入りやすい木材を専用金具でつっぱるだけという簡単さに、
ひょっとしたら私にもできるかもと思っちゃったわけだね(笑)。
そうなるといてもたってもいられない。


調べてみるとこの夏発売になったばかりのこういうのがあるのを見つけた。→ラブリコ
何となくおしゃれ。
つっぱる用と棚版を固定する金具をネット購入しました。

IMG_4947_convert_20160830174821.jpg

こういう時だけ貸してくれる猫の手(笑)。


その他の材料はホームセンターやダイソーでなるべく安価になるように購入。
材料費だけだと合計6000~7000円くらいでした。

IMG_4960_convert_20160830171332.jpg

木材はホームセンターの方が手早くカットしてくれます。


まず最初に木材にやすりがけをして、棚版はかるーく面取りしました。
その後オイルステイン塗布。
使用したのはワトコオイルのダークウォルナット。

IMG_4961_convert_20160830171301.jpg

色見本などなく、たぶんこれでイケるだろうと予測して購入しましたが、
我が家の床材の色とはちょっと違ってしまいました。


次男のサイズアウトした下着を切ったものにオイルを染み込ませ塗りこんでいきます。
棚版はパイン、16ミリの厚さのものです。

IMG_4964_convert_20160830171345.jpg

一度塗り後。
この後もう一度塗りこんで一日乾燥させました。

IMG_4967_convert_20160830180602.jpg

乾燥中。
乾くのが待ち遠しい。
麻たんも様子見(笑)。


そして、ついに、










完成。


IMG_4989_convert_20160830171439.jpg


つっぱり具・天井部分。

IMG_4993_convert_20160830171522.jpg


つっぱり具・床部分。

IMG_4994_convert_20160830171531.jpg

つっぱる強度は十分だと思います。
猫が昇降するていどではグラつかないのでは。


IMG_4990_convert_20160830171448.jpg

棚版の大きさや配置する間隔などtono-pさんのブログ記事やコメントなどを参考にさせていただきました。
部屋の中央に配置したかったので棚版をらせん状に設置。

棚版はこんなふうに支えられていますが、

FullSizeRender_(4)_convert_20160830172124.jpg

これはイカんかった。
棚版、グラグラ。
次男がお試しに麻を乗せてみたら重量に負けてバキッとネジ部分から外れましたから(笑)。
tono-pさんのように切り込みを入れて噛ませたかったのですが、
DIY初心者のため手を抜いてしまいちょっと後悔。
結局完成後にL字金具で補強しました。

IMG_4997_convert_20160830171542.jpg

コルクシートはダイソーで購入したものがおそろしく薄くて破れやすいものだったので、
当面は貼らずにいようと思います。


完成後はどこに置いたらニャンズが興味を持ってくれるのかと家じゅうあちこち移動させましたが、
な、なんと予想外のスルーですよ。
無理やり乗せてみたところ、

麻。憮然としてます。

IMG_5003_convert_20160830171550.jpg


麦。案外気に入ったみたい。

IMG_5004_convert_20160830171600.jpg

いちばん低い棚版で寝てくれるようになりました。

たぶん、オイルのにおいなんだと思います。
麻は近寄ってもくれません。
実は昨日キャットタワーその2が我が家にやってきたのです。
木工所の機械の裏でお母さん猫が産んだ麻。
そこの木工所のおじちゃんに依頼していたキャットタワーが時を同じくして完成してきたのでした。

FullSizeRender_(3)_convert_20160830183622.jpg

こちらは無塗装なので麻も登るんですよね~。

現在並ぶようにしてキャットタワー2台置き。
贅沢この上ないと思うのですが、思い描いていた猫まっしぐらとはいかなかった。
あってもなくても猫にとってはさほど変わりないみたい。
だけど私はといえば、完成したことで満足しております。


スポンサーサイト
2016_08
22
(Mon)23:33

王子様☆MASAKI☆

ニノと例の女子アナとの熱愛が発覚した時にとある掲示板で、
どんな話の流れだったのか、
「相葉くんがメンバーの中でいちばん自分が何をしたいとかいう確固たる気持ちがなさそう。
嵐でいることに必死でいるように見える。」
みたいなニュアンスのことを言われていた。
ああ、なるほどねー、と思いながらも、うーん、でもほんとうにそうなのかなとも思った。

そのあとに鹿児島アリーナでのコンサートに行ってすごく近くで嵐を見てきたわけだけども。
彼から感じたのは私欲のなさ。
だけどそれは自分がないというのとは違っていて、
自分を強く持たないことでつなげる役目をかっているというか。
以前から相葉雅紀という人は心優しくて美男美女しかいない惑星からやってきた宇宙人だと思っている。
地球の人たちに行き届かない宇宙エネルギーをかわりにキャッチしてくれて、
はい、はい、って渡してくれる。
宇宙人だからその志が地球人とはどこか違っているので、どこか遠くて切ない感じがする人。

突然ですが相葉雅紀は数秘でいうなら『11』です。
数秘術はいわゆる統計学ですが、とても興味深い。
何年か前から本を読んだりセミナーに行ったりメール鑑定をしてもらったりしています。
ちなみに私は『33』ですが33以外にもいくつか数字があって、
その組み合わせで生まれ持った性質とか今生での目的とか得意とする役割とか、
びっくりするほどピンポイントにはじき出されます。
嵐のメンバーの数秘やその鑑定なんかも検索するとけっこうたくさん出てきて面白い。

ちなみに先日見つけたのがこれ→
あはは、やっぱりパイプ役なんだよね。
そしてミラクル雅紀たるゆえん、下りてくるヒラメキのせいなんだなあ。
やっぱり宇宙人だ(笑)。
力むとうまくいかないってなんかわかる。
雅紀にはナチュラルでいてほしい。


鹿児島で見た雅紀があまりに美しく素敵だったのでわりとはやくから着手していましたが、
今までかかっちゃった。
ほんとうに久しぶりに絵を描きました。
ブログをさかのぼってみたら最後に描いてから一年近くたっていました。
心配したけど描き始めたらおぼえてた。
描く感じとか。



惑星アイーバ(笑)のプリンス。

FullSizeRender_(5)_convert_20160822233052.jpg

なかなかムズかったぞ。



王子様☆MASAKI☆ の続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。