Post image

どこまでも黒く、無門

前々回の記事の無門、その後失敗に終わりごみ箱行き。あのね、むっずいの。いったいこの顔、どんな向きなんだ?目の上がり具合って???智くんってこんな顔だっけ?今まで描いたどれにもこんな顔はなかったような。とにもかくにも苦労した一枚、やっとできあがりました。描き始めたばっかりの時にね、次男が言ったんです。「ここらへん(服の部分を指して)はさ、真っ黒でいいもんね」。お!だーよーねー。シワとかめんどくさいし...

Post image

『騎士団長殺し』とつれづれ

待望の村上春樹氏の長編を読み終えました。昨年の9月、お会いした(というか後ろの方の席でそっと見させていただいた)村上氏。にこにことキュート(失礼ながら。でもほんとうに)なあの方が書いたんだなとイメージしながら読むと、今までの作品よりも親近感。今回のおはなし、とてもすらすらと読みました。砂地に水が吸い込むように文章が入ってくる。以前のものは読めない漢字や、意味の分からない単語や、想像が難しいたとえな...