Welcome to my blog

*ロッタ*

*ロッタ*

昨日お友達が開いてくれた茶話会に行ってきた。→☆888ひろば☆
彼女とはMichaelでつながってからのお友達。
とあるマンションの一室、主催者のおふたりと参加者4名。
途中ゲームをはさみながら予定時間かるーく2時間オーバーでおしゃべりしてきました。
(ゲームでミラクル起こしちゃったよ、私、うふふ。
『3ヶ月後 沖縄の海で 智くんと会って 全米が泣いた!』だよ ←あは、関係者以外わけわかめ)

私は自分が夢見る夢子で世間知らずだっていうことを知ってはいるつもりで、
それでもそれを変えることをしようとは思っていなくて、
どちらかといえばその自分の世界をかたくなに信じたいと思っているのだけど、
無邪気に語るにはやっぱり制限がある。
なので自由に話すことのできる仲間というのは、
胸躍る、ぞんぶんに受け容れてもらうことのできる大事な場所。


でね、今回しみじみとわかったことがある。
私は愛することにしか興味がないんだってこと。
あとね、書くこと。
好きな人やものに対する自分の気持ちを綴ること。
やらずにいられないのってそのふたつなんだなって。
嵐とブログなんてね、お金にならないよ、むしろお金は出ていくばかり。
でもね、だからなんだっていうの?
好きなこと以外のことをいやいややっていく選択肢はもう私にはない。

魚座はよく恋愛至上主義だとか恋愛体質だとかいわれるんだけども、
私もやっぱりあてはまってるのもしれない。
これからの人生を考えた時、
私にしかできない仕事で成功したいとか、
いろんな国に旅行してみたいとかの、
これ!っていう願いなんてのが全然思いつかなくて、
もう本当に究極的な最大の願いは愛する人に同じ熱量で自分も愛されて、
ぜんぶぜんぶ赦されて慈しみ可愛がられたいってことだけなの。
それ以外なぁんにもいらないなと思う。
そんな私にお友達は言ってくれるんだよね。
そこだけに意識を当てて、求めて、与えられていいんだよって。

最後にソウルメイトの話題になって、
そこにいたのはソウルメイトなるものを知っていて、かつ信じていて、望んでいる人たちばかりだったのだけど、
私としては『ソウルメイト』っていう言葉の持つ、
いかにも宿命的なドラマチックな関係性ではなくても全然よい。
宇宙に運命づけられなくても自分が運命の人だって命名しちゃえばいいわけだしね。
それにしたって、
私にはそういう出会いがこの先あるのかって想像してみたら、
全然そんな気がしなくて帰り道でも「会える気しなーい」なんてごねてみたんだけど、

はたと気づいた。
私には智というオモヒビトがいるんじゃん!

だってこんなに好きなのに。
テレビの中の彼を見て知ってる人みたいに、半分自分みたいに思うくらいなのに。
すごく頼りにして、「智くん、好きだよ」ってこっそり言ったりしてるのに(もはや自爆)。
なのに、彼がアイドルだからって、
叶わぬ相手だからって、
彼への気持ちをなかったことにしてその向こうにある顔も知らない、出会うかどうかもわからない、
そんな誰かのことを待ちわびるなんてできるわけがないんだ。

智から与えられてる。
愛しさであふれて胸がきゅいーんとなって泣ける、そんな気持ちをリアルじゃないって誰が言えるの。
今ある気持ちしかわからない。
明日になったらなくなってしまうかもしれない。
だからこそ愛しい。
ロッタ、40歳、愛に生きる女でいこうと思います。


この888ひろばを開いてくれた祐ちゃんと先ちゃんが私の感想をブログにアップしてくれました。→『第1回888レポート』







最終更新日2015-06-06
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply