Welcome to my blog

*ロッタ*

*ロッタ*

Michaelを好きだった時に知り合った人で、Michaelの意識とつながることができる人がいた。
(Michaelだけじゃない、いろんな人のハイヤーセルフとか)
で、その人が教えてくれるMichaelからのメッセージで、

『君たちは君たちの方法で輝くんだよ。』

っていうのがあった。
それはもう何度となく。
私はそれを聞くたび、Michaelのことがこんなに好きなのに、
他にはなんにも要らないのに、
って思って悲しくなっていた。


昨夜のしやがれをさっき観た。
面白いとか面白くないとかいう前に、私の嵐に対する気持ちに自分でちょっとびっくりした。
ときめかない。
ああ、お仕事なんだねという言葉にしか聞こえない。
玉置浩二の言葉はダイレクトに心に入ってくるのに、
嵐メンの発するどの言葉も私の心をちっとも動かさない。
あちゃ~(笑)。

私が智を愛する気持ちの一方でずっと思っていたことがある。
彼の中に見る輝く部分が自分の中に見つかれば、
彼を自分の中に溶け込ませてしまえば、
私の中の愛する部分にもっともっと気づいたら、
きっと私は智を好きでなくなってしまうんだろうということ。
結局はそのために智を好きになったんだろうということ。

智を好きすぎると、愛する気持ちがしあわせだけど苦しい。
好きの気持ちが冷めれば、客観的な自分だけの自分でいられるけどさみしい。
どちらがいいも悪いもないし、きっとどちらも選んでゆけるのだろう。
でもここのところ、ずっと感じていたのは、
私が私の方法で輝くことなしに智を好きなのはつまらないってこと。
だってアラフェスで智が言ったっていう「これからもついてきてください」という言葉に、
はーん?ヤなこった、引率されてるつもりはないのです。
一緒に進むんならまだしもついてこいってどうなの?、って正直思ったさ。
ごめん、智、私は私に責任もちたいから。
あ、そっちの山道、行くんだ。じゃ、私、こっちね。頂上で後ほど!!みたいな。
↑ま、要はあまのじゃく。可愛げなし。
(智ってさ、きっとファンのことが可愛いんだろうね。
俺らががんばるから見てて、っていう心意気を感じはする、すごく)
嵐の中に見る愛らしさも、頑固さも、ずるさも、しなやかさも、キラキラも、ドロドロも、
ぜんぶ自分の中にもあると気づくことなしに、
彼らがどんなに素晴らしいのかということだけに目を奪われすぎて、
結局怒ったり、いい人ぶったり、悲しくなったりするのに忙しい人を見る。
嵐のために、なんていうのは、結局嵐のせいにしていることと何も変わらない。
いやだ、そんなの。
今ならMichaelがくれた言葉の意味がすごくよくわかる。
ブイーンって投げたブーメランが青い草地を越え、
高層ビルのあいだをくぐり抜け、
広大な遺跡をのぞむ丘の上を抜け、
宇宙まで飛んでUターンして戻ってきたみたいに。
 


…とかなんとか言いながら気持ちに一貫性がないのが私で、
単に嵐ゴトの諸々に飽きてきてるだけなのかもしれないし、
明日になったらどうなっているかわからない。
現に智のこと、私、すっごく頼りにしてるし。
そのそこにいる存在を。
でもいつも思うのは、好きの気持ちにさえも執着は必要ないんだなってこと。



いつでも言えるよ、嵐、いろいろありがとう!バイバーイって。



最終更新日2015-09-24
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
珠  

ロッタさーん こんばんは

今日の記事読んで写真を見て、最初に思ったこと


後ろ3人はカメラに向かって笑ってるのに
智くんはロッタさんに向かって何か言ってるみたい

写真のチョイスがロッタさんらしくて
自分の心に合った彼らを置いてくれてるなあと。


しやがれは毎度のことながら順調に週遅れなので、どういう嵐さんがいるのか見れないんだけど、よそ様の記事の中に「いっしょに見ていた子供が言った感想は”玉置さんってお歌が上手なのね”だったってことで、嵐くんの感想じゃなかったんだなーって(笑)

最近思うのは、彼らを好きになった頃の嵐不足なマスメディア。
言ってみれば「嵐」に飢えていた時代がなつかしいなあって。
探して追いかけていたころの方が幸せだったのかしら?

2013/10/13 (Sun) 22:47 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*  

珠さん

ぷぷぷ、この智ってば、本当に。
もう嵐のこと好きじゃないからって言ったら、
彼がいちばん引き止めそうだといつも思う。

今回のしやがれ、わりと評判いいみたいですね、ファン視点でも。
でも私は断然玉置さんがいいなと思いました。
今まで誤解していたけど、子どもみたいな人なんだなと。
愛情深くて、おおざっぱで繊細。
魅力的だったんですよ。

嵐はcoolでいようと、ちゃんとやろうと頑張ってきたんだってわかるけど、
時につまんないって思うことがある、優等生すぎて。
あ、私の場合は、ですよ。
嵐はとてもきれいな男の子達だし、魅力的なんだけど…。
あれ?思ってたのと違った?みたいな(笑)。
いえいえ、きっと私が変化したのですね。

2013/10/14 (Mon) 06:56 | EDIT | REPLY |   
luna  

おはようございます^ ^
玉置さん、しやがれ前のドラマを他の作業しながら流していたのですが、玉置さんの歌声聴こえたときにドキッとして思わずテレビに振り向いちゃいました。ほんと、「エモーショナル」てこういうことかと。

そんな玉置さんと智母は同郷なのに、松尾ジンギスカンだって去年のツアーで嵐5人とも食べてるのに、そういう話は各所にご迷惑かけるから話せないんだろなーとか考えながら見てました。空気読める5人だから、ときに優等生になっちゃいますよね。そこは自分もそうだから共感しちゃうけど(笑)

Michaelの言葉、その当時は逆にすごく悩んじゃったっけなぁ…「どうしたら輝けるの?輝けない私最低だな!」って。そしていつの間にか忘れてた(笑)

2013/10/14 (Mon) 08:40 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*  

lunaちゃん

ジンギスカンを
「これってツアーごとに食べてる店のやつの方が美味しかったな」
なんて思っても、
これまで食べたどのジンギスカンよりも美味しいふうに食べる、
それが嵐だよね。

私はそういうところに関しては、
それが彼らの仕事というのなら徹しやがれと思っているし、
実際徹することに関しては彼らは怖いくらい割り切っているよね。
だから、嵐をかわいそうだと言ったりしてるのを見ると、
え?どちら様?って思っちゃう(笑)。
保護者か。

嵐に何を見るのか、本当に多様だよね。
それを見すぎて最近はうんざりしてたの。
自分が好きなのだけ選ぶっていうのをつい忘れちゃうんだね、
みんなと同じように嵐のことを知っていたいから。

Michaelを好きだった時の私は、
もう本当に彼だけで、
愛して愛して愛しまくったから、
そうすることでしか行けない場所があったから、
やり尽くした感があった。
彼がつないでくれた縁があって、
それは今もかけがえのないものになってる。
lunaちゃんとおなじように感じていたけど、それさえも彼がくれた気持ち。
だから今次に行けるんだと思う。

2013/10/14 (Mon) 12:53 | EDIT | REPLY |   
luna  

なになに?嵐がかわいそう、って感想持つ人もいるのかぁー!まじか(笑)働いたことない若い子なのかな?(笑)
最近は嵐関係ブログはロッタさんのしか見てないし、Twitterは自分に合う考えの人ばかりフォローしちゃうからそんな感想が新鮮。

ちなみにこの前のしやがれでは、ナチュラルに「リニューアルして心に残るよね。今までのしやがれは…」って言い放った相葉さんがツボでした。

2013/10/14 (Mon) 13:45 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*  

lunaちゃん

ううん、そんなことないよ。
私が目にするのはどちらかというと私より上の世代の人。
体が心配とか忙しすぎなんじゃないかとか。
自分がそうしたくてしてるだけなのにね。
私もだんだん整理していくよ、必要ないものは。

雅紀よ、もういっそブラッキーでいけ。
君の天然キャラは可愛い顔で毒吐くための前フリだろう?
暴走しやがれ~(爆)。

2013/10/14 (Mon) 14:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply