avatar image

久しぶりの手縫い作業

手縫いが好きである。
てか、ミシン持ってないってだけ(ミシンもやればけっこう楽しめる)。
何年も前に一時期すごくハマっていて、
子どもの保育園のバザー用に作ったりもしていたものを久しぶりにまたやってみた。


これ。

IMG_0128_convert_20131112202857.jpg

ルームシューズ。
外側と内側を違う柄にしていろんな組み合わせにするのが楽しい。



IMG_0129_convert_20131112202916.jpg

キルト用の接着芯を生地に貼り付けるのでふわふわの仕上がりになります。



IMG_0130_convert_20131112202934.jpg

部屋着の足(笑)。
料理を煮込んでる間とか、やかんのお湯が沸く間とか、ほんの少しの時間を使ってちくちくやるのもまたいい。



IMG_0136_convert_20131112203010.jpg

ちゃんと右足と左足がある。
裏返してそれなりの形になっている時の満足感たるや。















完成~♪

IMG_0137_convert_20131112203028.jpg

作業日数は裁断も含めると4日ほど。
みっちりやっているわけではなく、集中してやれば2日くらいで作れそう。
 

先日とてもいいお話が舞い込んできた。
実は私は看護師免許を持っている。
妊娠&結婚のために退職してかれこれ13年ほどのブランクがある私に、
週2度の短時間の看護の仕事でじゅうぶんすぎるお給料をいただけるという話だった。
それはもともと私の仕事仲間だった先輩にきた話で、
その方がどうしても受けることができず私にまわってきたのだが、
先輩に頼み込んできた方というのがちょっと困っていて好条件を出してきたらしかった。

その条件ならフラやヨガや子どものあれこれに支障もなく、自分の都合のいい時間を選んで仕事をすることができる。
加えて、収入ができればそれを何かの時のための蓄えにできるし、
いずれ仕事時間が増えて昇給することがあれば元夫からの援助を減らしても自活していけるようになるかもしれない。
今このタイミングでこんな話が私の元にやってきたのには何の意味があるのだろう?
少し前から「私は私のできる何かで役に立ちます。」と時々宇宙に放っていたけど、
これが私ができる何かってことだとすれば受けてみた方がいいのかもしれない。
一日あれこれ考えて自分でもけっこう前のめりなのに苦笑しつつ、
それでもやっぱりお断りさせていただいた。

理由は私から望んでやりたいと思ったことではなかったから。

甘いだろうか?
世間一般の常識で考えれば甘いも甘い、極甘なのだろうと思う。
家だって生活費だって元夫に完全に頼っていて、毎日好きなことをして好きなように生きている。
罪悪感がないわけではない。
でも今この瞬間私はそれらを与えられているのだ。
一年後、十年後、明日がどうなっているかはわからないけど、今日はこれでいい。

今回のことで、
「じゃあ、聞くけど望んでしたい仕事って何なの?」
「望んでやりたいと思うことでお金を稼げそうなのって何がある?」

と自問自答することになった。
智が好き。
智を描くのが好き。
ブログを書くのが好き。
時々なら気が向けばサンキャッチャーは作ってもいいけど、もうあんまり情熱はないかな。
うちわ作るの、めっちゃ楽しかったな。
…て、ぜんぶお金にならんやん!!

でもね、ルームシューズ作りながら思った。
私の楽しいことはお金にならなくてもいいやって。
ちくちくしながら、ああ、智も作っている時はこんなふうにリラックスして、
楽しくて、ひっそりと幸せな気持ちなのかななんて考えていた。
好きなことでお金を稼がなきゃいけないって私、思っていたんだなってわかった。
お金は今足りているのに。
好きに楽しくやればいいのに。
ま、やってるんだけどね(笑)。


結論:私の好きなことは今のこの次元ではお金にならない(笑)

私の作ったルームシューズとあなたの作った無農薬野菜を交換しましょう、
的な世界だったらもっと単純なのにね。
うん、でもそれは別段難しいことではないのかもしれないとも実は思っていて、
仕事が好きとか嫌いとか関係なく、
生きることをもっと創造的にみずみずしく歓びに溢れたものにするのって、
もうすぐそこなんじゃないかという気がするんだよね。
私だけじゃなく、みんなが。




参考にしたのはこの本。
可愛いイラストの説明がすごくわかりやすい。

IMG_0138_convert_20131112203047.jpg

家にいるときはいつもルームシューズをはく。





[12/4追記]
実はこのルームシューズは夏にはるばる九州まで遊びに来てくれたお友達のバースデープレゼントだった。
彼女が記事にしてくれたもの(









Theme :ハンドメイドの作品たち | Genre :趣味・実用

Comment

  • luna
  • URL

ルームシューズ可愛いですね?
こういうのって、OLも事務所用で履いたりするんですよね。私も知り合いの手作りのを事務所用に買ったことあります^ ^

また何か創ったら見せて下さい〜。
自分はこういうの苦手なので見ててホホーってなります^ ^

  • riko
  • URL

お久しぶりです!

ロッタさん器用ですね。
ルームシューズ素敵ですね(^^)
優しい感じで、とっても履き心地がよさそう。

私も手作り好きです。うまいか下手はさて置き(笑)
自己満足ですけど。
子供が小さい頃、幼稚園バックが手作りでないといけない幼稚園だったんです。
必要に迫られて必死だったんですが(笑)ハマってしまいました。
基本作ることは好きではあるのですが。
長男はスヌーピで統一、バック、コップ入れ、座布団カバー、上靴入れ、箸袋、ハーモニカ入れ、etc
長女はキティーちゃん、この時はアップリケ……古(笑)にはまって、型紙おこしから初めて、とにかく凝りまくりました。徹夜までした記憶が。
次女は、メロディーヌだったと思いますが、NHKの
Eテレ昔は教育テレビ(^^;の子供番組のキャラクターです。この時もアップリケに凝りまくり、刺繍で名前を付けることにも凝り、その時の凝り方が尋常じゃなかったな~(^-^;
今はもうそのエネルギーがzero。
懐かし~。子育ても必死だった(笑)
ロッタさんのゆったりした時の流れに、こっちまで癒される思いがします。
サンキャッチャーも素敵ですよね。

また素敵な作品見せてくださいね。

  • *ロッタ*
  • URL

lunaちゃん

ああ、そうそう、まさにそんな感じ。
生地を変えればどんな柄にもできるから女子が好みそう。
北海道の屋内は暖かいとは思うけど、
これは接着芯のおかげで保温性もわりとあるんだよ。

今日はグッズの販売で札幌は熱い感じなんじゃないかな。
気分上がってきた?

今はまた模写をしてる。
完成したらアップしまーす。

  • *ロッタ*
  • URL

rikoさん

お久しぶりでーす、元気だった?

おおお!3人分も、しかもそんなにがっつり手作り!
刺繍はいつかシェアハウスで智が山田優に教えてもらってるの見て、
ヨーロッパの素朴な刺繍をやってみようかと思ったことがありました。
(やんなかったけど。使い道に困ると思って。)

メロディーヌってもしかして♪でこぼこフレ~ンズ♪の?
なつかしい!観てたわ、子どもが小さい頃。

そこまで凝ったのならrikoさんもなかなか手作りイケる派?
私はこの他にもハワイアンレイストラップとかにもハマったりしたな。
こんなの→http://www.rakuten.co.jp/sanoya/905810/1169216/
どれもひとしきりやると飽きるし、作り上がったモノには興味はないし、
やっぱりrikoさんみたいに子どもや誰かのためっていうのがいちばんみたい。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback