--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_02
04
(Tue)19:17

ワタシヲツクルモノ~KAN~

KANとの出会いは高校時代。
『山田かつてないテレビ』という番組ではじめて彼を知って、『愛は勝つ』には相当ハマった。
はじめて買ったのが『野球選手が夢だった。』というアルバムで、
離島の高校生だった私にはオトナでスタイリッシュに聴こえたけれど、
とにかく詞もメロディも切なくて大好きだった。
彼はピアノ弾きだからピアノをつかった曲が多いのだけど、その音色も心地よくてね。

短大に入って親元を離れて暮らした鹿児島時代にはいろんな友人ができたけれど、
その中にKANが好きだという子がいて仲間たちでライブにも足を運んだ。
で、この週末その友人が神戸から遊びに来てくれて、いっしょにKANのライブに行った。
2年ほど前にも行ったおなじ場所、Zepp福岡。
椅子席の3列目、真ん中よりやや左。
オープニングでKANからピンポイントで指をさされ(勘違いぢゃないよ。だって3列目だもん、目合ったもん)、固まる。

つかず離れずで時々CDを引っ張り出して曲を聴いたりはしていたけど、
今回のライブであらためて思ったこと。

ああ、本当にいい曲ばかりだな。

そして今までのどの時よりも曲と自分の気持ちがひどくなじんで、
優しくされているような気分になって、
KANの包容力をすごく感じたライブだった。
好きな音楽を聴いた時って好きな人のことを思い出すね。
そしてぜんぶつながってるって気になるね。
KANの曲を好きだった自分の歴史が確かにあったことを誇りに思う。

友人が帰ってしまった昨晩、YouTubeの動画で曲を聴きながら
手持ちのKANのCDをぜーんぶiPodに同期させる作業をやった。
で、同時にこれも書きながら、
なにかひとつ曲を載せたいなと思って、
なにがいいか考えてみたんだけど名曲が多すぎて。

とりあえず好きなのふたつ。

『ときどき雲と話をしよう』
KANの歌はほぼ100%恋の歌でこれも失恋ソングなんだけど、
恋をしていなくても心に染みてくる優しい歌。


『めずらしい人生』
名曲。
彼自身の人生を皮肉って、哀愁たっぷりに、でも力強く歌っていて、
メロディがすとんと入ってくるので、
内容のわりにはちょっとした鼻歌ソングになっちゃう可愛らしさもある。


早速iPodに取り込んだ曲たちを聴きながら今カレーつくってたんだけどさ。
ものすごいアハ体験しちゃった。

私、『Hit the floor』をはじめて聴いた時、
この曲の風景は前にどこかで別の曲で絶対見たことがあると思って、
でもそれが何の曲なのか思い出せなかったんだけど。

すっきりした。
これだった。

『君から目がはなせない』

パーティーという場所、
少し離れた場所から見ている君、
ここから連れ出すよ、

ビンゴだわ。
あー、きっとそうだ。
そうに違いない。
嵐の曲作り、絶対同世代の仕業だ。

と勝手に思ってる(ま、主観です)。
アレンジも似てる気がするんだけどね。


『君から目がはなせない』歌詞


ね、両方知ってるって人いない?
どう思う?






C.O.M.M.E.N.T

No title

私も『Hit the floor』を聴いたときに
何かどこか懐かしい感じがしたんだけど
90年代サウンドなのかな。
その世代だからかもしれないけど
アレンジがオシャレで心地よく感じるんだよね。
細胞が憶えてるんだろうね。

KANはちゃんと聴いたことないな。
ミュージシャンで「KANの音楽が好きだ」っていう人が多くて、
そうなんだ~と思いながらも選んでこなかった。

なんでかな~と思ったら
私はギターやベースがバリバリに効いている曲を
好んでいたことに気がついた(笑)

誰かが聴いてきた音楽に触れると
その時代に私が聞き逃していたものに触れることができて
単純に嬉しい。

2014/02/05 (Wed) 12:04 | Selfes-B #- | URL | 編集 | 返信

Bちゃん

短大時代にはBON JOVIファンの子もいて、
その子にミュージックビデオ観せられた影響で一時期聴いてたの。
この前Bちゃんのブログから動画サイトに飛んでひととおり聴いてきた。

そう、私、ギターがぎゅいーーーーんなのも好きなの。
ただ音楽なら何でも聴ける人じゃないから、
今まで生きてきて好きで聴いた音楽って本当にちょっと。
今もそれらを繰り返し聴くか、そのアーティストの新譜を買うくらい。
だから嵐がひさびさだった。新入り。

『Hit the floor』はどこかで杉山清貴&オメガトライブって表現した人がいた。
あー、なるほどーと思ったな。
LOVEはどこか懐かしい感じのする、アラフォーにはしっくりくるアルバムだよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/05 (Wed) 17:27 | # | | 編集 | 返信

さとみっき~さん

KANの曲の主人公は女性の尻に敷かれてるような、
ちょっと情けない感じの男子なんだけど、
以前はそれがカッコ悪いっていうか、
そんな男性好きくないなーって思ってたの。

でも今回ライブでKANの懐の深さや包容力を感じて、
こんなふうに愛されたらしあわせだろうなっていう気持ちになった。
だから、変化するよね、感じ方が。
今聴いたらまたちがって聴こえるかもしれないよ。

LOVEは懐かしい感じのメロディラインの歌が多いような気がする。
どっかで聴いたようなって思う曲が。

ボビーとオリビア

1989が好きです。
聞いたら切なくなって泣いちゃいます。。。(苦笑)
最近はこの曲の世界で智くんが思い浮かんできます。
KANちゃんをすごく詳しいわけじゃないけれど
お気に入りは何曲かあります。


嵐さんの曲、私も同世代~少し上の人が提供していると思ってます。
アルバムLOVEで言えば、
Rock TonightでBOOWYのB BLUEを思い出し
Sugar and saltでロンバケを思い出しました。(*´∀`)
私もロッタさんと同年代です♪

2014/02/06 (Thu) 08:26 | シマザキ #- | URL | 編集 | 返信

シマザキさん

この前のライブで歌ったよ。
私も大好きな曲だったからうれしかった。
最後に深々とおじぎしたKANを見て、
この人の歌をすごく好きで聴いてたことなんて、
この人は全然知らなくて想像もしないだろうなってぼんやり思った。
そしてそれでいいって。

シマザキさんも同年代か~。
みんなで会っておしゃべりしたら楽しいんだろうな。
嵐のことだけじゃなくて、
例えばいっしょにカラオケとか行ったら曲もあるあるだし。

私はこれから自分がいかにみずみずしく子どもみたいにいられるかを意識する。
どんどん自由になっていきたい。
KANを見てもそう思ったんだよね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。