Welcome to my blog

*ロッタ*

*ロッタ*

今回はプレゼント用の智です。
Sさんのご希望は『オリコンスタイル』 2007年 7/16号
この雑誌、私も持っているのですが、
ツンツン短髪もお肉の付き具合も申し分ない智。
Sさんはこの小生意気そうな智が好きだということでリクエストくださいました。
他メンの感じもお好きとのことでしたが、さすがに5人描くのは無理なので智のみに。


ページを拡大コピーしてB4サイズのケント紙にざざざっとラフに描き始める。
お顔が小さく似せるのに苦労しました。
細かい部分は下描きせずにぶっつけ本番。

IMG_0853_convert_20140402154901.jpg

適当に単色でごまかすつもりだったスウェットの柄部分もうまくいき、
服を描くのはすごく楽しめました。
スウェットは私の好きなハワイアンチックな柄~。
なのになぜかタンチョウヅルもいるよ。



やっぱりちょっと描くのが恥ずかしい足指(//∇//)

IMG_0856_convert_20140402154951.jpg

人工芝を植えたりなんかして。
赤い旗を持たせて一応完成。
あとはバックの色なんだけど、元画のバックは水色で夏の空をイメージさせる。
なのであまり凝らず、パステルでつくったそっけないくらいの水色をのせただけに。



[スマホ撮り]

IMG_0859+(1)_convert_20140402155047.jpg



[プリンタでスキャン]

2014_04_02_convert_20140402154850.jpg

上下半分ずつしかスキャンできず後からくっつけてみたけど、真ん中に消せない跡(笑)。
ま、薄目で見てください。


実はこれは描ける気がしなくて手付かずでずっとグズグズしていたのだけど、
ふっと描きたい気持ちになってやってみたら思いのほかうまく仕上がった。
そんな時に意識するのはただ見たままをそのままに描くこと。
抵抗せず、あまり焦りすぎずに。
描いて描けないことはないということがわかったので、とても有意義でした。
さて、Sさんの感想はいかに?














最終更新日2015-10-29
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
RUNA  
感激~♡

歩美さま

いま、届きましたよ。
スマホで見ていましたが、原画は迫力がちがう!
感動のあまり・・・涙もじんわりと~^^;
あ~なんでしょうね・・・・
歩美ちゃんがさとちに感じる、独占欲がわかった気がする(うふふ)
わたしだけの智~♪
智クンも亀ちゃんの絵を描いていたとき、彼に恋していたでしょう~~♡
この小生意気なフラッグNO.1さとし
ジュニア時代のCOOL BEAUTYでも、成熟した癒し男でもない!
貫禄のムチムチ男(笑)
もう、絶対お目にかかれそうもない、かれの雄としての闘争心・・・
数百ページあるファイルの切り抜きを見て、結局一番、インパクトがあった構図、表情がコレでした。
ほんとに、歩美さん
ありがとう~♡
小さなアラは、MY SATOSHIの印ですよ~♪
歩美さんから画像を頂き、スマホでずっと見ていたら、さとしが古田新太に見えてきた(笑)さとちも40代になったら、かれのような味のあるタレントになっていて欲しい。
歩美さんには、難儀な注文をつけてしまい・・・
戸惑わせてしまったようで・・・申し訳なかったです(^^;)
でもほんと、素晴らしい出来でわたしの貧弱なイメージが恥かしくなった。このヤンチャ兄ちゃん!夏に向け、躍動しそうな~そんな雰囲気が凄~く出ていて、とても好き。バックのBLUE SKY ここはわたしもイメージしてましたが芝生まではね、さすがです(^0^)
さとし~、癒しもイイけど、まだまだてっぺん目指して、GUTS! です。

2014/04/03 (Thu) 17:44 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

RUNAさま

おお、無事届いたのですね、よかった~。
郵便局、融通きかなくてやきもきすることもあるけど、
配達物に関してはきちんとした仕事をしてくれるので、
結局はすごく頼りになるなとこんな時実感する。

RUNAさんの感想を聞いてほっとしました。
実際描き始めてみるとすごーく楽しかったんです。
すらすらと思い通りに色をのせていくことができた。

例えばプレゼントした方がね、
うーん、思っていたのとちがったなーとかいうのもありだと思うんです。
逆に私のほうが、
うーん、望まれているのはこんなじゃないかもしれないって心配になったりも。
だけど今回のに至っては間違いない!みたいな、
これでどうだ!的な達成感があったので、
万が一RUNAさんが思っていたのと違うと思ったとしても、
私はあまり気にならないかもしれない。
でもでも古田新太氏を連想していただいたというのなら、
本当に大成功な気がする(笑)。

描いているうちに元画の緑は芝生に青は空にしか見えなくなってきて、
それを表現したかったのでよかったな。
大きな川の土手っペリにさわやかな初夏の風が吹くような、
そんなイメージです。
夕げの下町の。

着ている服ですが案外小ワザが効いてるアイテムで、
ベルトはスタッズが付いていて、
手には革のブレスレットもしてるの。
Tシャツのピンク文字にラメラメを散りばめたのは気づいてもらえましたか?

2014/04/03 (Thu) 18:00 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   

Leave a reply