avatar image

デジコン初日 in ヤフオクドーム ロッタ的感想

昨日待ちに待ったARASHI LIVE TOUR 2014 DIGITALIANに行ってきました。
初日ということで誰も知らないその全容。
どんなものになるのかドキドキ。
今回チケットを見事ゲットしてくれたお友達が遠方からはるばるやってきてくださり、
天神で待ち合わせしはじめてお会いすることになりました。
スタバでいろんなお話をして気分も盛り上がってからヤフオクドームへ。


IMG_1894_convert_20141115065102.jpg

昨日の福岡はときどき雲が出てぽつぽつと小さな雨がふっていて寒く、
メンバー挨拶の時智も「寒いですね。(こんなに寒いと思わずに)薄着で来てしまいました。」って言ってた。
北部九州は東京とそんなに気温変わらないと思うよ。

さてここからは私が記憶している限りのデジコンの様子を書き記していきますので、
まっさらな状態で楽しみにしたいって人はけして読みませんように。
といってもセトリとかMCの内容とか細かいことに関しては全く憶えていないし、
気に入ったことしか心に残らないタイプなので昨年同様ざっくり順不同思いつくままレポです。

☆席とステージ☆

今回の席は3塁側16通路47列175番。
スタンド一階席(とよぶのか?)のたいぶ後方でしたがアリーナ全体が見渡せて、
今回のステージ構成を見るには最高の席でした。
大勢の人の流れに紛れながらまずはじめにゲートをくぐってステージの全貌がばばーんって目に入る瞬間、
もうあの感動ったら誰のライブに行っても感嘆の声が思わず出るんだけど、
今回のステージセット、ああそうきたか、デジっぽいわーというのが見た瞬間の感想。
でっかくてシンプル。
連想したのは宇宙船のコックピット。

ざざざな絵。

IMG_1896_convert_20141115065120.jpg

ガンダムの頭みたいなのが正面にあって、そこから左右に斜めに伸びてる矢印型の花道。
造りがとてもシンプル。
なんてったってガンダムヘッドがデカイのなんの。
よーく見たらこれあの嵐マークのかたちなのかなーと思った。

これね。

20141113_1208847.png

「ス」とゆーのはスクリーンのこと。
ここに銀河だったりお花だったりメンバーの15年だったり、
いろんな画像が映し出されるんだけど、
その色彩とまぶしさと加工技術が夢見てるみたいに素晴らしい。
花道のふちにも電光の仕掛けがあって先っぽに向かってだんだん点灯したり、
チカチカと瞬くように色が変わったりして、
デジタリアンの名にふさわしいコンピュータ技術を駆使したセットだなーと思いました。
その宇宙船的なセットのこちら側には無線で制御されたファンライトの光の大群。
それは飛ぶ銀河の星みたい。
無線コントロールで勝手に色が変化しそれが演出の一部になっています。
虹色になったり、すべて一色(たとえばニノのソロで黄色だけになる)になるのも美しかった。
セットの色や画像の移り変わりを見るだけでも大変価値のあるものです。
塔と気球ありです。


☆Asterisk☆

オープニングの曲がこれだったことが意外だったけどうれしかったな。
ゼロGかなーと勝手に思っていたので。
「Intergalactic」が大好きなんだけど、「Asterisk」ってそれの返歌っていうか、
対になってる歌っぽいなと勝手に思っていて。
宇宙空間での恋みたいなさ。


☆Love Wonderland☆

これは智の振り付けくさかったなー。
最後の智の指の振りに注目。


☆智ソロ☆

いつもの見慣れた智のダンス。
マイクは持って踊ってた。
曲が好きだからどんなのもってくるか楽しみにしてたんだけど、ふーんて感じで終わっちゃった。
ごめん、今回は特記すべきところがないというのを特記しておきたかった。
というのもアイツのソロがよすぎた!



☆Disco Star☆

まるで「Magical Song」の再来かと思ったほどのダンサブルで個性的なナンバー。
フーフーフー♪っていうのは自主練していってたんだけど、あまりに楽しすぎて目が釘付け。
まずピカピカ神輿での登場と衣装のピタピタパンツ、そしてあの奇天烈ダンスは何だ???
床に寝転びポージングとか横進みとかダンスフィーバーかはたまたミッチー(及川ね)か。
弾けてんの、で、親しみやすいの。
お立ち台のスター雅紀なの。
はっきり申しまして今回の一押しは雅紀ソロです。
もいっかい観たいなー。


☆Hope in the darkness☆

智がステージにたったひとりスポットライトの下に立ったと思ったら、
右手をすうっと上げてぽろんぽろんとピアノの鍵盤を弾くみたいに、ハープの弦をなでるみたいに動かすと、
それと連動して青いデジタル画像がスクリーンに映し出される。
それはまるで宇宙の音で体のここを動かすとこんな音色になるみたいな、
この人から出ているのはこんな音みたいな、
ふしぎな暗号のような。
(智のこの右手がきれいで大好きでソロのダンスよりもこちらの方をずっとずっと見ていたかった)
智に続いてひとりまたひとりとメンバーがひとりずつ全く違う音色を奏でていって、
いつつの異なったしぐさと音と色信号が最後すべて重なり合って曲がばーんと始まる。

これね、かなり見どころだと思うの。
幻想的でね、彼らひとりひとりの体の動かし方が美しくて。
なのにまるで鼓動みたいな音だけが響く暗い会場の中で、
それぞれのメンバーの名前を呼ぶ声があちこちからかかったの。
ここはけして声を出してほしくない場面なのだよね。
あろうことか男性の野太い声援まで混じって、そのファニーさにクスクス笑う声まで響いて、
せっかくの演出が台無しだった。
私は正直泣きたい気持ちになったよ。
嵐の真剣さにここぞという時にフォーカスできない、いっしょに分かち合うことのできない幼さ。
表現者側の意をくみ取る観覧ができないというのはまったくもってセンスのなさを感じる。
嵐は飛び交う声援を聞きながらどんなふうに思っただろう。
私はそれが心配で申し訳なくて落胆した気持ちになった。
今キーを叩きながらも泣きそうだ。


☆シングルメドレー☆

後半はやはり15周年ということでシングル曲のメドレーだったんだけど、
スクリーンに映るミュージックビデオの過去の智がかわいくてね。
おっきくてかわいい若智、の前には当の本人リアル智。
表情がわからないくらいの遠い席である場合、
それでも腐らずどれだけ楽しめるかというのは私の中では大きな課題なのだけど、
嵐に関してはとくにこの後半戦ずっと自分もいっしょに踊りまくってて楽しかったなー。
まわりもみんな嵐だけを見てて体を動かしていっしょに歌って、
「GUTS!」のバッティングポーズをやったりしてる人もいて、
ああ、うれしいな、みんなが楽しめる空間って心地いいなと思いながら見ていました。


☆ファンサ☆

ファンサって言葉もひねくれものロッタ的には好きじゃないんだけどね。
たまたまんだろうけど気球もトロッコも雅紀と翔ちゃんが私たちの席寄りにたくさん来てくれて、
このふたりの手の振ってくれ方がもう優しくて愛があって夢中で振り返しちゃったよ。
智のファンサ、なんだかとても少なかったような気がする。
期待しすぎか?LOVEコンでそうでもないと思ったのは勘違いじゃなかったみたい。
しかも私たちの前では智の気球は高く上がっていったり、
トロッコでもあんま手を振ってくれなかったりこっち来てくんなかったり、
塔もまったく違う方向で立ち上がったりして智不足でさみしい感じが残りました。
なので智ファンは返上、雅紀に出戻りしようと思います(まさかの)。
ほんとかよ。


☆アンコール☆

なかったんだよ、アンコール。
なんでかね。

昨年のLOVEコンでは観終わった後にとても満ち足りた気分になった。
コンサートにも嵐にも自分の中にも愛があることをじゅうぶんに感じられた。
なのに今回はとてもとてもさみしい気分。
嵐は近くて遠い。
とてもとても遠い。
それを強く感じてしまったから。
彼らに足りないものは何ひとつない。
私は?
そんなことをね、ちょっと思ったりしたんだ。
でもね、嵐を通して自分の中に湧き上がる感情を抱きしめるよ。
だから嵐が、智が愛おしいんだよ。


あら、私のレポ、なんかさみしいね。
思い出したら随時追記します。
Theme : | Genre :アイドル・芸能

Comment

  • マロ
  • URL
ありがとうです❤

ロッタさん
レポありがとうです♪

ロッタさんを通したデジ魂~
ほーっと読んでます
感想は分かんないかな
自分中で消化できんしさ

でも~
誰かを通る風景を
読むのは好きなのだ♪

だから~
ありがとうだけで申し訳ない

  • *ロッタ*
  • URL

マロさん

レポなんてたいしたものではないの。
たぶん私ぼんやりしか観れてないと思う。
いろんなところすっぽ抜けてるんじゃないかな。
一度きりの巻き戻しのできない場面を味わいきるのってむずかしいですね。
だからかけがえのない時間になるのかも。

  • なつ
  • URL
Hope in the darkness

福岡2日め、行ってきました!
ロッタさんの記事読んでたから、ここの演出、どーなってしまうのか冷やっ冷やだった。
智の登場で、最初少しだけ智ファンの子達がキャー言うてたけど、直ぐに空気読んで静かになり。
それからは静寂の中で、5人が奏でる音だけの世界に即皆引き込まれ。。
ロッタさんが泣きたくなったなんて言うから、これだけは取り急ぎ伝えておかなきゃと思い。
それはそれは幻想的な世界を堪能できた☆
特に智ね♪
惚れ惚れするほどの美しさ。
出す音も、それぞれのカラーに合ってたよね。

私のいたとこ、スピーカーのど真ん前で、
音の迫力半端なかったよーー(≧▽≦)♪

寝る前に、覚えてること全て書き出しとかなきゃと思って頑張ってたけど、もう眠いや。。
あと、相葉ちゃんサイコーーヽ( ̄▽ ̄)ノ
続きは明日書こ☆

  • *ロッタ*
  • URL

なつさん

ああ、それじゃあ二日目は初日ほどバカがいなかったってことだね(毒)。
よかったねとしか私には言いようがないのだけど。
この件に関しては私の心はいまだ暗く処理中であります。
初日での反省点がそうやって少しずつ改善されていって、
だんだん熟成されたものになっていくのでしょう。

なつさんが楽しめたみたいで何よりだー。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback