avatar image

可愛い恋人

今回は『アラシゴト』の中の一枚。

眼が印象的な写真で、
この智はたびたび描きたいと思ってはいたのだけど、
なにせ、ね?ワッフル(笑)。

実はこれを描く少し前にお友達のブログで智の小説を読ませていただいて。
そのお話がすごく好きで何度も読み返したりしてたんだけど、
このワッフルくんがお話の智にぴったりハマッたんだよね。
若くて一途、うれしい強引さを持つその智のイメージのまま描いたので、
攻めてくる目になおさらなっちゃった気がする。
今まで躊躇してたワッフルも前回がどうにかなったんだから描けるはずだと思って始めました。


経過など。

IMG_2153_convert_20150117084338.jpg

お顔は難儀せずわりとすんなり。
目はモデルよりちょっと盛りぎみ、かな?



IMG_2175_convert_20150117084353.jpg

ワッフル開始。
おなじワッフルなのに場所によって表現の仕方がまるで変わる。
迷走する。



IMG_2217_convert_20150117084419.jpg

右腕終了。
どうにかなってる気がする。
髪はこうやって黒い部分をまず塗っておきます。



IMG_2269_convert_20150117084544.jpg

この智の短髪。
見習いの男の子みたいでしょ?すごく評判悪かった、って書いてあるんだけど、
私はすごく好きなスタイルなんだよなー。
描く時にこの人の髪の生え方とか毛流れとかきれいだなと思っていつも見ているけど、
これもつんつん具合とか黒色と茶色(絵だと白抜きしてる部分)のバランスとか、
描いていてとても心地よかった。
ワッフルがここらへんからちょっと暗雲立ち込め始める。



IMG_2274_convert_20150117084638.jpg

だいぶだよ、だいぶきたよ。
でもなんかワッフルの線が歪んでね?



IMG_2283_convert_20150117084716.jpg

あーーー、もーーー、やだーーー。
これ以上1ミリも描きたくない。
そしたらちょうどLINEをしていたお友達から、
あんまり描き込みすぎなくてもいいかもねーって言われて、
ハッ Σ(゚д゚;) として。
ワッフルを描き進めるにつれお顔がどんどん埋もれていくような気がして、
ぼかしたり消したりしてワッフルの存在を最低限にしようとしてきたけど、
もうさ、これ以上必要なくね?
ちょうどうんざりしてきたとこだったしやめちゃえ~ってなって、
だから左肩らへんは白いままだし、しかもワッフル全体を練り消しでわしわし消してあります。
きっちり描き込んだものを最後に消す。
この手間のおかげかナチュラルな感じになったかなと思います。


完成しました。

[スマホ撮り]

IMG_2298_convert_20150117135146.jpg



[スキャン]

IMG_20150117_0001_convert_20150117002748.jpg


右手の袖がなにげに萌えポイントだったので絶対描きたかった。



ファイルに入れてみたらたまたま見開きで隣り合ったふたり。
ああ、この子は大人になったんだなーと思いました。

FullSizeRender_convert_20150117105308.jpg

あなたが恋人にするならどっち?
(右の子を選んでも10年付き合えば左の人になります)





Comment

  • えみねこ
  • URL
瞳。

こんにちは!

この大野さんも良いなぁ~と思って、
ホクホクしながら眺めていて、ふと気付いたわ。
雰囲気は優しいんだけど、瞳の力が強いんだ、
ロッタさんの絵。と言うか、ロッタさんの大野さんが。
迷いの無い真っ直ぐさに、惹かれます。

あ、この位のセーターなら、まだ余裕で編めます。
マフラーでリハビリしないと目が揃わないけどね(^_^;)

  • *ロッタ*
  • URL

えみねこさん

そうなの。
この目を描きたかったんだと思います。
撮影されるときにね、
どんな注文を受けたらこんな目をして撮られることができるのかフシギ。
それくらいつくったものでなく気持ちにじかに触ってくるような視線でした。

あのね、これ、ワッフル素材のジップアップパーカー?みたいなのなんです。
今日にでも記事を追記しようと思ってますが、
どうしてこれを描こうと思ったのか、
私のその無謀さをそれでも描きたかったのねとくすりと笑ってやってね。

えみねこさんも編み物できる派ですね~。
描く人は編んだことがある。
私の持論は正しかった(どんなの)。

  • O KUMA
  • URL
左の子にする

できたね♪

ワッフル、柔らかい感じですごく好き。
もふもふしたい。
でね、私は左の子を選びます。
好きなのは右の子なんだけど、左の子に右の子の絵を持ってこう言ってほしい。

「10年前のおいら。変な髪型でしょ(笑)」

ほんで、
「私はすげー好き♪」って返す!!

そんなこと考えられるぐらい、素敵な絵だなぁ

  • ash
  • URL

途中も詳しくありがとうございます
顔は難なくできるのがすごい
だって引き込まれそうな素敵な目なんですもん

自分をうんと若返らせて
私は右

『お前の気持ち 聞かせて』って私の返事を待ってる智くん かな( ´艸`)

自分で髪の毛切ってどんな整髪料でツンツンに固めてたんだろ?


左は10年つきあって
無造作な休日モードの柔らかいナチュラルヘアで

『そろそろ一緒に住んでみない?』とか……
(≧∇≦)

妄想膨らみます

結局どっちもいい

ロッタさんのおかげで楽しめます

  • *ロッタ*
  • URL

O KUMA ちゃん

左の人の中にもたしかに右の子がいるのを感じるよね。
彼の10年のことを思うと、おばちゃん、またすぐに泣いてしまうんだよ。
歳だねー。

「え? まぢ? イケてた?」

って言いそう。
10年来の思い込みをぜひくつがえしてあげて~。

  • *ロッタ*
  • URL

ashさん

お顔はダメなときは全然ダメで迷走しまくったりするし、
その違いは何なんだろうと自分でも考えるけど、
描けないかもって思う恐怖があるといかんみたいです、私の場合。
すっきりとした心持ちだと来てくれますね、さとちゃんが。

智と10年付き合えるかな。
自分でふっておきながらふと考えました。
私は彼に10年愛してもらえるだけの人間だろうか。
洗濯物を干しながら真剣に考えるロッタ、41歳(笑)。

智の髪は以前雑誌でやや硬めだと書かれていました。
スタイリングがキープしやすいんでしょうね。
いつもきれいな毛流れで描く時も楽しいです。

出来上がったね^^
このさとっさん、目がすきだわあ~

なんだろう、全体的にやわらかすぎない適度な尖り?がいいなって思う。

少し自信のある告白の返事待ちをしているような感じがします。
その中で「どうなんだろう、なんていうんだろう」って考えを巡らせているような…

恋人にするなら右の彼だなあ
一緒にやんちゃできそうな気がするから。

お話も読んでくれてありがとう。
この絵につながっている感じがして嬉しいよ。

  • *ロッタ*
  • URL

うにちゃん

小説のこと、ちょっと記事に書いちゃったけどよかったかな?
うにちゃんはたぶん見に来てくれると思って待ってたんだよね。

て。
ぎくっ。
なんでわかったのかしら?
自信のある告白の返事待ちって。
ね、どして?(笑)

あのお話を読んで後日談みたいなエピソードがたくさん浮かんで、
勝手にお話つくって妄想して楽しんでたんだけど、
この智の顔は悪いよな~、むふふ、あーでこーで…ってひとりでほくそ笑んでた。
ま、子持ち独身女のおバカでエッチな小話ですよ(自虐)。
ここで書けるわけもないけど笑ってやって。

私も右の子。
若い智を見ていると、その彼に恋している自分になるんだよね。
自分も若くて、きっと彼に可愛いって思ってもらってて。
その自分を生きてる気持ちになる。

この前のうにちゃんのお話もさ、
40代同士ならもうなんか肉感ありまくりでワンナイトなわけで。
でも若いから、
若い智もきっとこんな感じだったんじゃないかって浮かぶから、
素敵な恋のお話だったんだろうなーと思った。
私もあんな彼に出会いたかったよ。

え、なんでわかったんだろう
直感?w

後付で思うなら、やっぱ瞳が饒舌だからかな~

「オマエも同じ気持ちなんだろ?」って言われてる気がする。

  • *ロッタ*
  • URL

うにちゃん

あはは、瞳は語るね。

one more kiss 君も欲しーだろー♪
の世界っすわ。
わかってるくせに聞いてくんの。
言わせたがりなの。
Sめ。

  • シマザキ
  • URL

セーターすごい!

ロッタさん成分入ってる智くん
やっぱり好きすぎる♡

右の子選んで10年深めれば左の人
10年。。。
私に育めるのかリアルに考える(笑)
左の大人智くんの方が色々ゆるしてくれる感じもするし。。。

でも右の子!
単純に好き(´∀`*)

  • きなこ
  • URL

ロッタさんの描く智がとっても好きです。
新しい絵を見るたびに、おおって唸るよ。
ロッタさんの描く智はまっすぐで迷いがないの。
まっすぐなまなざしで強いパワーがヒューンって飛んでくる。
だから見るたびにドキッっとしちゃう。

それとね、ロッタさんの「ああ、この子は大人になったんだなー」って
この言葉に心つかまれた。
ああ、そう。そうだよねー。ってブンブンうなづいちゃった。
若かりしころの尖った射るよなまなざしの右の智と
あたたかく包み込むようなやわらかなまなざしの左の智。
うまく言えないけど流れた時の重さがギュッと濃縮されているようなそんな感じがする。
そしてどちらの智もまっすぐにこっちを見てる。


  • ゆえ
  • URL

ロッタさん、

このところバタバタした日を過ごしているうちに、描き上げていらしたのですね。
遅くなりました。

やっぱり、目が印象的。
そして、細いけど、きりっとした眉毛が、より意志の強そうな男の子をつくっている感じ。

でこぼこの生地は、伸びたところや、光の加減で見え方が違っていいなぁ。
描いたところを、わざわざ消したり、ぼかしたりしているのですね。
すごいなぁ。

髪の毛の流れも柔らかいような、つんつんしているようないろんな表情が見れて楽しい。
わたしも、この髪形好きです。

ロッタさんのおかげで、素敵な大野くんに会えてうれしいです。
そして、私、アラシゴトの写真、大好きなのですが、
ロッタさんが、その中からこうして、描いてくださっているので
やった~!って喜んでおります。

左の人も、右の子も・・・ふたりとも好き。
これが、同じ人なんだから、不思議。
ふたりを並べてくれてありがとう。
めちゃくちゃ贅沢だわぁ。
幸せな気分です。  ありがとうございます。、




  • *ロッタ*
  • URL

シマザキさん

私はね、今の智だと自分には全然不釣り合いな気がして。
(え?真剣に考えんなよってもひとりの自分が笑ってるけど)
彼を見る時、
自分のいいかげんさとか怠け者なとことか浅ましさとか、
そんなものを恥じるような気持ちになる。
心がどっしりと安定していて、
美しい容姿をしていて、
世界から愛されている彼のような人に自分が対等なわけがないと思ってしまうんだ。
暗いねー、どんよりー(笑)。

衣類の表現は難しい。
前回のセーターの方が楽しかった気がする。
ワッフルのブロックがね、難儀だったなー。
もうしばらくやんない(笑)。

  • *ロッタ*
  • URL

きなこさん

私もこのふたりを並べてみて本当にハッとしたの。
10年前の智はその存在すら知らなかったし、
今現在の智だって10メートル距離でチラ見くらいのもんで、
実際会って話した時の肉感や匂いや雰囲気なんてまるでわかるはずもないのに、
このふたりを見ていると、ぎゅんってその違いがわかって。
まるで会ったことがあるみたいに。
心根にまで触れたみたいな気になって泣きそうになった。
描くことで彼の本質を垣間見たんじゃないかなんて、
ずいぶん前の私ならそんなふうに信じたくなったかもしれない。

今は自分の描いた智に会いたくて、
見てくれる人がいるのがうれしくて、
智を描けてよかったなあと思うの。

  • *ロッタ*
  • URL

ゆえさん

『アラシゴト』の写真、私もとても好きです。
全部描きたいくらい。

智ってどうしてこんなに切ないんだろう。
右の子にも左の人にも共通しているのが私の中ではこの「切なさ」なんですよね。
どうも私自身切なさを感じる人が好きな傾向にあるみたいです。
憂いというか陰というか孤高というか、でも甘い感じもする。

髪はもっと板前っぽいざくざくとした感じにしたかったけど、
外国のくせっ毛の坊やみたいになっちゃったかなーと描きながら思いました。
でも見てくれた方には好評なのでよかった。
ゆえさんにいつか手に取って見ていただける日がくると思っています。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback