上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リペアというほどのものではないかもだけど

もうかれこれ10年以上は愛用しているラフィアのバッグ。
サンアルシデというブランドのもの。
マダガスカル産でひとつひとつ職人のてづくりなんだそうだ。
福岡のロニースコッツっていうセレクトショップがあるんだけど、その久留米店でたしか買った。
15000円くらいして、ただのかごバッグなのに高価いなー、でも欲しいなーと思って買ったのをおぼえてる。
結局毎夏使い続けて10年たったのでもとは取ったよね。

ここ数年はラフィアがところどころほつれてきてて、革の持ち手も外れかかっていた。
で、ネットでラフィアの紐を購入して自分で修理することにした。
刺繍針にちょっとがんばって紐をとおして。

じゃん。

FullSizeRender+(4)_convert_20150622101009.jpg

(ラフィアの紐、めっちゃ余ってます!欲しいという方がいたらお分けします!)

どう?
いいよね?
ちょっと満足。
先日も包丁が全然切れなくなって買い換えようと思ったけど、
試しにダイソーの砥石で研いでみたら見違えるような切れ味になった。
どちらも修理とかお直しとかそんな大層なものではないんだけど、
手を加えて使い続けるよさというものもあるんだとわかりました。


FullSizeRender+(3)_convert_20150622100957.jpg

手持ちのラフィアの小物たち。
帽子とこげ茶のバッグはヘレンカミンスキー
ヘレンカミンスキーはオーストラリアのブランドで、
サンアルシデよりも大人っぽくてお高いので憧れつつもなかなか手が出ないのだけど、
バッグは先日例のスマホアプリで新品同様のものを半額程度でゲットすることができた。
東京旅行に持って行けるかなと思って。
そう、東京での智くんの個展に行くことになりました。
といってもお友達がチケットを見事手に入れてくれて、
東京案内も全部おまかせで、
私は飛行機とホテルを予約しただけ。
まだ実感はないけれど、そのうちじわじわくるのかも。
私リネン素材も大好きなのだけど、東京用になんて言いながらリネンシャツやリネンワンピも物色中。
そういうの込みで楽しかったりするのだー。

18 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。