湖の紺(このこん)

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FREESTYLEⅡを見に行ってきました

大野智
  • comment12
  • trackback0
東京旅行記は気が向いたらまた後ほど書くということで、取り急ぎ個展の記事を先に。
表参道ってとてもきれいなところですね。
道路わきの木が高くて緑の葉っぱがとても印象に残っています。

IMG_3520_convert_20150806155329.jpg

大人の街という感じがして、個展スペースのある建物もおしゃれなショッピングビル。
柔らかくて伸びのいいハンドクリームをひとつ買いました。



どんだけフラッグ(笑)。

IMG_3515_convert_20150806155139.jpg

IMG_3516_convert_20150806155157.jpg

FullSizeRender+(6)_convert_20150806155409.jpg

着いた時間はまだ人通りがそう多くなく、木漏れ日がきれいで、ゆっくり写真におさめることができました。


吹き抜けの中央にある階段を下りきったところに黒い壁があってそこが今回の目的の場所。
他のお客さんの迷惑にならないようにとの配慮か並ぶのは15分前から。
出入り口で立ち止まったりたむろったりはさせてくれません。
入場前はコンサートのグッズ売り場の行列とは違ってみんな大人っぽく並びます。
誘導してくれるスタッフのおそろいのTシャツもカッコいい黒。
ぴりぴりしていなくてフレンドリーで、
会場説明の際にも「自由に楽しんでください。フリースタイルで。」なんて笑顔で言ってくれる。

IMG_3527_convert_20150806155249.jpg




いよいよ入場。
想像していたのとは違ってかなり自由に見れます。
ランダムな配置で順路がないので列で進む必要もないし、
ここからは近づいちゃダメっていう床の黒テープも貼られていたのはふたつみっつで、
それもよほどはみ出せば若くて優しいスタッフのおねえさんにそっと注意されるだけ。
作品自体もフィギュアはガラスケース入りだけど、絵やオブジェは額やガードめいたものはいっさいなし。
手で触れさえしなければ1ミリの近さまで顔を近づけてガン見も可能。
みんな行儀よく空いている作品の前に好きなように立ったり座ったりして楽しんでいました。

さて作品ですが、見に行くことのできる人にはあえて私の感想は必要ないだろうし、
残念ながら見に行くことのできない人にはくまなく様子を伝えることは私にはできそうにありません。
というのも私はパグ犬をじっくり見るためにその他の作品を流し見しかしなかったから。
流し見と言うと興味がなかったみたいに聞こえるかもしれないけど、
一時間という限られた短い時間の中ではとくに好きだと思うものを早い段階で決めて、
濃くじっくりと堪能することに集中するという鑑賞の仕方もありかもと思います。
ただひとつ思ったのは等身大の智くんだなということ。
今の彼がそのまま感じられる気がする。
私自身も今回ロマンチックになることなしに見れたのでそれもとてもよかったです。
過剰な期待や思い込みは必要ないんだなと思いました。


パグ犬。
とにかくおっきい。
前に奈良さんの個展に行ったことがあり、『春少女』を見てすごく大きいなと思ったのですが、
それよりも大きいと感じました。
離れた場所から全体を見ていると気になる部分に気づいて次はそこに近づいていって見て、
パーツごとに近づいたり離れたりを何度も繰り返して、
それを2匹ぶんだったのでかなりの時間を費やしました。
線だけでザッザッと描かれているところと幾重にも色を塗り重ねているところがあって、
色も作品集などだと白黒のイメージが強いけれども、
実物はピンクや薄いブルーや黄色などのパステルカラーもつかってあり、
そこかしこに惑星が点在するまるで小宇宙みたいだと思いながら見ました。
毛流れや色の重なり合いをいくらでも飽きずに見れます。
とくに線だけで描かれているところは見ていると気持ちよさそうで、
智くんがこの線をこう描いていったのだなと心の中でなぞってみたり。
私がとくに好きだった線は向かって左の首をかしげた方の子の右足の爪のあいだからひゅるんと出たみたいな毛。
作品集で見て一匹だと思っていたパグ犬は2匹でした。
どちらの子の瞳にも智は映っているけれど微妙に違います。


グッズはお友達のぶんも含めてけっこう買いました。
ゆっくり選べてゆっくり買えます。
見本もきちんと見せてくれます。
スタッフのおねえさんは目が合うとにっこり笑ってくれます。

IMG_3549_convert_20150806160000.jpg

5 YEARS DIARY。
智くんは何年も短い日記のようなものを手帳に記していたという話は有名だけれど、
そこからつくられたものなのでしょうか。
買って、さっそく宿泊先のホテルで書くことを始めました。
2015年8月3日、智くんの個展に行った日からページが始まります。



Comments - 12

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/07 (Fri) 11:37 | EDIT | REPLY |   
-  
No title

ロッタさん

何かをみて、感じたことって、言葉にしちゃうと何だか逃げて行ってしまうというか、その時点で違ったものにすり替わってしまうというか、そういう感覚もありますよね。

でも、あえて。等身大の智くんは、どういう人だと感じましたか?

2015/08/07 (Fri) 12:59 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

みぃなさん

そうですか。
みぃなさんは見に行くことはかなわなかったのですね。
当日の一度に入るお客さんの数を見ていると、
そうだな、
15人とかだったら当日券もありなんじゃないかと思えます。
あのきれいな緑の歩道を散歩していてフラッグに目がとまってふらりと立ち寄る。
そんな気楽なスタイルもあっていいのにな。
誰でも見れて感じることのできる個展ならいいのにと思います。

パグ犬の線は私自身も描いたことのあるような線だなーと思って見ました(ずーずーしい?)。
これって気持ちいいよね~とわかったような気になりながら(笑)。
で、想像なんだけど、
毛流れとかはたぶん見本にかなり忠実なんじゃないかと思いました。
見たままを素直に描きうつしてあるのではないかなと。

ハンドクリーム、私は年中つかうのですが、これはかなりよいです。
少しずつだいじにつかっていますが、手にのせるたびに表参道のことを思い出していますよ。

2015/08/07 (Fri) 22:32 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

(お名前はないけど)りすママさん(だよね?)

私は今回、なんというか、ぐぐぐと盛り上がる気持ちが事前になかったのですよ。
智くんがつくった作品がこの目で見れる~とか、
きっと素晴らしいにちがいない~とか、
期待とか思い込みとかなくわりとすかすかした心持ちでした。
で、見ているときも、
過去の経験からすべてを目に焼き付けようとすればするほど、
記憶にはあまり残らず隙間からすり抜けていってしまうと知っていたので(私の場合)、
パグのパーツという少ない情報を濃くインプットすることに集中したわけですが、
後から振り返ってみると自分にはこの方法がすごく合っていたようです。
総じて思ったことはすべてを自分のものにする必要はないということ。

等身大の智くん。
小難しいところがなくシンプル、でしょうか。
素直。
こころに余分な感情がなくすっきり静か。

2015/08/07 (Fri) 22:52 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   
りすママ  
No title

また名前抜けてました、すみません。

そうかー、もしかして「表参道」のほうが印象深かったとか?!

ロッタさんの言葉通り、智くんはほんとうに‟素直でシンプル”って感じですね。もっというなら「あどけない」。「スッピン」をみてるとつくづくそう思います。

2015/08/08 (Sat) 14:43 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

りすママさん

あ、そうそう、「あどけない」。ビンゴ!
作品にもそれはあらわれていると思います。

表参道だけではなく東京で見た景色や、
接したすべての人のやさしい笑顔や、
となりでずっと笑っていてくれたお友達の顔や、
そんなものすべてとおなじく智くんの作品も記憶に残っている感じです。

2015/08/09 (Sun) 08:19 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/11 (Tue) 12:09 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

みぃなさん

コメントもらってみぃなさんのブログ記事も読ませてもらいましたが、
自分があそこに合わないと思って離れた方は他にもいらっしゃるし、
絵なんてべつに人のために描くんじゃないんだし、
自由にいいと思うの。

私は究極的には智くんを描くことからも自由になりたい。
描かなくても何も失わない。

2015/08/11 (Tue) 14:25 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/11 (Tue) 21:40 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

みぃなさん

うーん、きっとみんなおなじように思ったことがあるのかもしれないね。
少なくとも私はあったような気がするよ。
何のために描いてるんだーって。
今は描くことへの執着が少しずつ薄れてきてるのでそうでもないけど。
いろんな思いを内に感じながらね、描くってそういうことなのかもね。

あは。
熱烈ラブコール、きた。
私ってここじゃなぜかモテるのよね(笑)。
リアルだと大したことないんだけど。
でもうれしい。
ありがとう。
あいらびゅーとぅー♡

2015/08/11 (Tue) 21:59 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   
かおり  
いやーん

ロッタさん、お久しぶりです!覚えてるかなぁ??

最近ロッタさんの事思い出してお元気かしら?とか思っていたら東京来ていたのですね😫どおりで近くに感じた訳だ!
東京いるならお会いしたかったな。ザンネン。

でも、大野くんを愛し続けてるロッタさん、美しいです✨

2015/08/19 (Wed) 19:09 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

かおりちゃん

コメントありがとう。
すごくうれしかった。
インスタで時々かおりちゃんの日常を垣間見れるのを楽しみにしてる。

それにしても気持ちのつながりようってすごいね。
そんなふうにして思った誰かの心に思い浮かべてもらえるならしあわせ。
遠いと思っていた人も実は近いのかもね~。
おんなじ人間だもん、何も変わらないのかも。
そんな当たり前のことを考えたりします。

2015/08/20 (Thu) 09:12 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。