上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ここのベースは、嵐だったら相葉くんで。」

ドラマ『コウノドリ』をね、観ているんです。
先に漫画を読んでいてね。
長男と一緒に新刊が出るとレンタルして読むのを楽しみにしていて。
絵も見やすいし、
妊娠出産を2度経験したものとして、母として、人間として、親近感を持って読むことができる。
泣けるしね。
で、ドラマも興味があったので、
録画しておいてまとめて観てみたんだけど、すごくいい。普通の人間臭さがいい。
漫画の100倍泣ける。
そして何より綾野剛さんがいいんです。
画面越しにもからだのつくりや所作の美しさがにじみ出ています。
漫画のイメージまんまなら瑛太が適役だったらしいんだけど(雑誌の受け売り)、
このドラマに関しては綾野剛さんのコウノトリ先生が素敵で楽しんでいます。
コウノトリ先生は産婦人科医でありながら謎のピアニストでもあるんだけど、
漫画では聴こえないピアノが聴けるしね。
綾野剛さんはこのために一年間プロの方に指導を受けられたそうです。
役者ってすげー。

で、コウノトリ先生の同僚に一見暗くて偏屈な医者(♂)がいるんです。
四宮先生といって彼は彼でいろんな事情を抱えているわけですが、
私はこの役者さんをこのドラマではじめて見たの。

CRRyA7BUYAAtfG4_convert_20151129110332_20151129110427ae8.jpg

意地悪そうな顔だよね(笑)。
いるいる、こういう医者(と元看護師風吹かせてみる)。
新しい役者さんなんだなーと思ってた。
そしたらさ、この前ベストアーティスト2015を流し見(嵐に行きつくまでがいつも長い)していたら、
あれ?これって四宮(呼ばわり)じゃね?
にっこにこしてるよ、え?歌手なの?ちょっと混乱。
星野源さんとおっしゃるのですね。
衝撃。
役者と思っていたら歌い始めて、その声に。
がつんときましたね、その声に(2回言う)。
四宮先生からのギャップ萌えってやつかもしれません。
どことなーくオリジナルラブを思い出させる低く落ち着いた声。
調べてみたら役者でも歌手でも活躍されている方なんですね。
全然知らなくてごめんなさい。
大病(くも膜下出血)をされてお休みしていたこと、それについて書かれていることを知り、
さっそく彼のエッセイ本を買って読み始めました。面白い。闇か。
しかし、何でもできる人って何でもできるんだなー。
ちなみにタイトルにしたのは闘病記も含まれているエッセイ本の中にあった星野さんの言葉。
曲作りをする時に楽器を演奏してくれる方にこんなふうに弾いてほしいというイメージを
専門用語以外の表現で説明する時にこう言ったのだそう。
相葉雅紀ふうのベースっていったいどんなんだ?
軽め?ぱっと弾けた明るい感じ?抜け感?
なにげにぽつぽつ嵐くんも登場する。
おもしろくってしばし爆笑。しつつ読んでいます。

でね、今朝彼がMichael Jacksonのファンであるというのを知っておお!と思いました。
マイケルを通じた仲間みたいな気に勝手になってる(大野智に続き)。
よしよし、キミも私のマイケルファミリーに勝手に任命ーーー♡
タイミングよく新しいアルバムもあと数日で発売、ライブも2月に来福予定だとか。
ずいぶんと久しぶりです、歌うたいの方で好きだなと思うのは。
しかも直感的に飛びついたのなんて。
ぴょこんと思いがけず芽生えた新しい好き、わくわくするよね。
だから乗っかってみようと思っています。
ライブ、行けるかわかんないけどチケット申し込んじゃうよー。
曲をいろいろ聴きたくて動画サイトに行ってみたらオフィシャルチャンネルなんてのがあって、
過去の歌も映像もたくさんアップされてて見放題。
こういう自由さがね、いいなと思うんだよね。


FNSで歌っていたのはこれ。



次男(10歳)がいたくお気に入りで、私より先におぼえて私より上手に歌う。
やばい。
もっと好きにならなくちゃ!!


12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。