avatar image

ジャポコン 福岡初日 ライブ?レポ

今年のコンは寒かです。
LOVEコンの極寒のグッズ購入を思い出すとです。
プレ販売の日は冷たい小雨が降ったりやんだりしていて、
初日の昨日も佐賀・福岡では今年いちばんくらいの冷え込みだったかもしれません。
今回はグッズの購入意欲がまったくなく、
ペンライトだけ大阪の方がいちど使用したというものをフリマアプリでゲット。
これ、なかなかよかったな。
寒い中並ばずにすみました。

このたび落選した私に声をかけてくれたお友達と彼女のお友達ふたり、
合計4人が連席でライブを楽しんできました。
席は昨年のちょうど反対側あたり(はじめての1塁側)。
今年のステージは前に寄っていたため、スタンド席からはやや遠い距離になっていたと思います。
ステージすべてを見渡しながらライブの臨場感をぞんぶんに味わうことができるのがスタンド席。
デジコンは宇宙的、近未来的な映像がバババーッと流れていた記憶がありますが、
今回はうってかわってすっきりとシンプルでしたね。
日本風の赤い柱が印象的でした。

私ね、フライデーショック以降夢から醒めたような気持ちでいたのですが、
嵐のコンサートに行くと必ず何かが自分の中で変わります。
何かわかることがあります。
やっぱり彼らは私に見せてくる存在なのだと思い知らされます。

昨夜のコンサートでは翔ちゃんがソロの場面でちょっとした失敗をしました。
歌に入る前にたったひとりステージでドラムを叩きます。
(歌の中にももちろん素晴らしいドラムパフォーマンスがあるのだけどね)
ドラムと言ってもスネア・ドラムのような薄くて小さいタイプのものを、
スティックをダンスのように操りながらリズミカルに叩いていきます。
翔ちゃんは赤い衣装を着ていて、
闘牛士が牛と戦う前に精神集中するような場面とでもいうか、
静かな中にも観客の気持ちをも盛り上げてくるような闘志を感じる演出だったと思うのですが、
3、4分ほどのパフォーマンスの最後の方でスティックを取り損ねたような、
ちょっと手からすべったみたいになってしまいました。
床まで落としたとかではなくて、
ドラムの上らへんか翔ちゃんの脇あたりでスティックがはねたという感じだったのですが、
私も「ああっ」とか声を出したくらいなので少々危なっかしい場面だったかもしれません。
そこで笑った人がいたのです。
文字であらわすと「クスクス」ではなく「アハハ」「あ~ん(がっかりふう?)」と、
ざわめきになって響くくらいの少なくない数の人がいっせいに笑いました。

え?

こ、ここでなぜ笑う?
笑うとこじゃないやろ?
思わずフラッシュバックするデジコンのあの出来事。
その後気が気じゃなくて、
スクリーンに映る翔ちゃんの顔が真面目なだけか怒ってるのかひやひやで仕方なかった。
あーあ、怒ってないといいな。
いや、きっと怒ったよね、ごめんなさいごめんなさい。

そしたらね、個々のあいさつの時(福岡ではバックステージでした)、
翔ちゃんがそのことに触れました。


みなさんに謝らなければならないことがあります

さっき曲中に失敗をしてしまいました

(このへんで何か言ったけど失念)

ファンの人でも笑ったりするんだと思いました

失敗してしまったのだから笑われても仕方ありません

でも笑った人に言いたい

まわりに子どもはいなかったか

僕は言いたい

人の失敗を笑うような大人にはなるんじゃないと!

(あいさつのほとんどがこの話題。もっと長いんだけど忘れちゃってる。
私の心に強く残ったものだけをロッタフィルター、しかもニュアンスでお届けしています)


この時点ですっかりしょぼーんですよ。
やっぱり怒ってたんだな。
あいさつ返上で言うってことはよほどのことだよ。
きっとがっかりされちゃったよな。

が!しかしですよ!

この時点でまた笑っている人多数でした。
たしかに口調は冗談ぽいけどさー、ここはお叱りを受けている場面なわけさ。
泣けるくらい想像力たりねー。
空気読め。
悔しかったです。
福岡はあきれられてしまったんじゃないか。
嫌われてしまったんじゃないか。
去年に続いてこんなことがあって、あろうことかその日に自分がこうして参加している。
今朝ツイッターをのぞいたら話題になっていていろんな意見を見ました。
けして嘲笑ったわけではないんだという声もありました。
きっとそうなのでしょう。
でもたしかにあの時あの笑い声は異質なものとして私の耳には響いたし、
実際翔ちゃんは怒ってるわけだしね。
そんなの何の言い訳にもならないよね。
謝りたくても謝るすべもないしね。
いろんな思いが渦巻きましたがいい機会だったなとも思いました。
翔ちゃんが笑われたことに対して嫌な気持ちになって、
どんな表現であろうとそれをきちんと言葉にして私たちに伝えてくれたことは貴重だったなと。
嵐の人たちが喜怒哀楽を生の声でオンタイムで言い表してくれる機会なんてないわけだから。

そしてここからは私個人としてのとらえ方。
私のこれまでの人生、ずーーーっとずーーーーーっと「怒り」がベース。
とにかくいっつも怒ってる。
ひねくれてる。
その怒りはだいたい「悲しみ」由来のものが多い。
気持ちをわかってもらえなかったとか、
優しくしてほしかったのに無視されたとか、
うれしい気持ちを突き返されたとか、
もうほんと子どもみたいでうんざりするんだけどいつまでたってもなくならないどころか、
どんどんひどくなっていて、
もうこうなったら山籠もりして人と接さずにいるしか解決策はないような気さえすることも。
で、翔ちゃんの中にも勝手に「怒り」の火を見ることが多くて、
怒ってるタイミングとかがなんとなーくわかる。
彼のことをひどく苦手に思うのも怒られそうな気がするからで、
自分はおこりんぼのくせして怒る人はすごく嫌いなんだから勝手だよね(笑)。
でも昨日彼がしたことを見て、
怒って感じたことを伝えるのって勇気がいるけどやらなきゃいけないんだと思った。
時間がたってからでもいいから、こう感じたから怒ったんだって伝えていいんだなと。
いろんな受け取り方をする人がいるけれど、
中には自分の気持ちを無下にせずにいてくれる人もいるという希望がある。
翔ちゃんもね、言いにくかったと思うさ。
言った後に言っちゃった自分を責めてるかもしんない。
でも言ってくれてありがとう。
そう思いました。


智くんはね、そんな翔ちゃんをフォローするべく(?)、
自分のソロの時にはマスクを最後に2枚いっぺんに外してしまいましたと言って笑わせてくれました。
言わなくてもいい失敗なんですけどねと笑って。
今回大野智が「おにいちゃん」に見えました。
明らかに今までと違う。
MCでも存在感あるし(笑)、ナチュラルなのに大人びていて、優しくて。
彼の中で何かが変わったのか、それとも私の方が変わったのか。
彼を見てももう何も感じないかもしれないとうっすら思っていたのに、
今回のアルバムの静かな曲(曲名相変わらず記憶せず)を5人で歌った時にこみあげてくるものがありました。
ああ、彼は何も悪くなくて(あたりまえです)、
ずっとずっと同じ場所にいただけで(あたりまえです)、
なのに愛しぬけなくてごめんね(泣けるね)、
懺悔のような瞬間でした。


あれ?これ、ライブレポ?
思ったことを書きつくしたらやたら長いだけの、曲についての感想いっさいなしのレポになってしまいました。
嵐のエンターテイメント、もちろん素晴らしかったです。
ブルーレイはもう買わないつもりだったけど、これは買おうかなと思います。











Comment

  • まゆ
  • URL

昨日の翔さんの件、わかりやすかったです。
いろんな意見目にしたけど、現場にいなかったから笑いのニュアンスも怒りのニュアンスもわからなくて。いろんな捉え方があって正解だけど、ロッタさんはわたしと感覚が近いと思うので(勝手に)なるほどそんな感じだったのね、と納得です。

わたしも怒られるのも嫌われるのも苦手。去年の札幌の挨拶で、話してるときに掛け声かけた人に対してだったかな?ちょっと不機嫌に言及したことがあって、原因ハッキリ掴めないながらもめっちゃハラハラしたなぁ。

世間ではクリーンで良い人なイメージの翔さんだけど、実はブラックで尖ってて、スターだけど一番人間らしい反応してくれる人ですよね。

智くんがフォローするのも、いいね。ほんとにこの二人は、補い合う関係だなぁ…萌えるなぁ!!(笑)

  • きーこ
  • URL

こんばんは。
行って来られたのですね~。おかえりなさい。
翔くんのレポは目にしましたが、ロッタさんが感じたままの表現が、そうだったんだろうな…って感じました。
大阪初日の時も翔くんはスティックを落としたのですが、その時は私も含め「あぁー」って声が上がりました。笑いというのと違っていてファイトー的なニュアンスのものだったかと思いますが、思わず出てしまった感じです。
でもやっぱり自分でも反省というか後悔しましたもん。
黙ってパフォーマンスを見届くべきだったなって。
あと、最初の松潤が歌舞伎風にあいさつをしたところはどうでしたか?
その時こそ笑ってる人がたくさんいて、会場に十分響くくらい。いっしょに来ていたJファンのお友達は怒っていました。
人それぞれ感じ方は違うし、そんな悪気はないという方もいるとは思いますが、嵐のみんなが嫌な気分になってないか、ちょっと気になることでした。
盛り上げてくれているのだからこちらも嵐にいい気持ちになってほしい。だって私はいいファンに見られたいですもん(笑)
福岡はいつも寒そうですね、ペンライトのみで手に入ったのはよかったですね。
もしかして、ロッタさんがこみあげてきた曲は「僕らがつないでいく」ではなかったですか?(違ってたらごめんなさい)
私も帰りのバスの中で、この曲を歌ってくれたのを思い出して一人泣きながら岐路につきました。すごく浸ってた(笑)
とにかく早くブルーレイで観たいなぁ。

  • *ロッタ*
  • URL

まゆちゃん

いろんな見方があるよね。
それでいいんだよね。
結局見たいようにしか見てないんだもんね。
ここ最近ほんとうに自分のナナメ具合にうんざりしてて、
もーどうにかなっちゃうんじゃないかってくらい自罰的、他罰的。
でもね、もうそれを認めてあきれ返って通り越して開き直れそうな気がしてきた。
ところのー、翔ちゃんだった。

ほほう、札幌でもそんなことが?
大事に聞いて欲しい場面だったのに的な感じだったのかな?
その張りつめた空気を想像すると凍りそう。
今回も笑い声が起こるたびひとり肝を冷やしたよ。
でもね、それでいい。
むしろそれがいい。
翔ちゃんがいちばん感情表現が豊かで、よく笑うし、
これからも人間らしさ(不器用さとも言えるのかな)をもっともっと見せてほしいって思うよ。

智はね、戻ってきたね、おかえり、って感じがした!(笑)

  • *ロッタ*
  • URL

きーこさん

そうそう、その曲です。
で、今一度聴いてみようとiPhoneミュージックを開いてみたら、あれ?な、ない。
この曲だけ同期されてなかったふしぎ。
ということは、私は昨日はじめて聴いたの?えええっ?
と今混乱中ですが(笑)、
嵐ってコンサートの時にナチュラルすぎてせつなく見える時があるんですけども、
この曲の時の智の背中がまさにそうでした。
彼の好きに生きていってほしい、自分も好きに生きていきたい、今は心からそう思います。
こんな気持ちになれてよかったなあと背中を見て泣けました。

まつずんの歌舞伎の時は「おおーー(感嘆ふう)」でした。
何をしてくれるのかと思ったら粋な立ち振る舞いを見せてくれたので、
それに対して「おおーー(粋だねえ旦那、みたいな)」という声を出したところ、
会場のものとシンクロしていたので、
たぶんだいたいの人は「おおーーー」だったかと。
あの時のまつずんは口調も明るくてどこかおちゃめで、
観客の興味を引くあいさつ役みたいな感じに見えたな。
演者が魅せたいと思っているそこんところを観客はしっかり間違わずに解釈して、
それに応じた反応を返すのが心意気だと思うので、
残念さんがぶっ飛んだレスポンスを返して今回のようなことがあると、
ダサいと思ってしまう。
私がまだずっと若い頃はどのコンサートでも、
「福岡はノリがよくて、着席したり、声掛けのタイミングもすごくよくて、大好きです♡」と
アーティストの人に(リップサービスかもだけど)よく言われていたもんです。
嵐みたいなビッグタレントだとなかなか統率は取れにくいのかな。
なつかしいな、あの会場の一体感…(遠い目)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • きーこ
  • URL

曲が入っていないという摩訶不思議(笑)
大野くんに対する気持ちが前向きなものに確信したようでよかったです。
そう、ほんとに大野くんは何も変わっていないなぁって。特に最近感じます。
こちらも乗り越えた感はあるし(笑)、きちんと魅せてくれているし。
大野くんの好きなように生きなさいって私も思えるようになりました。
まぁ母目線で心配はしていますが。

まつずん(笑)の件は、そちらではそんな感じだったんですね。会場や日によってもこんなにも雰囲や温度が変わるものなんですね。
東京はすべてふまえてどうなるでしょう。
今回のライブはとにかくどうか無事にけがもなく終えられますように…、と祈るばかりです。特に相葉ちゃん。

そういえば、星野源さんのエッセイ本読みました。とりあえず、私でも読めそうな(笑)薄めのものから読んだのですが、まぁこれがおもしろくて!一気に読みました。
もう共感しまくりで、自分のことのような、自分に言われているような、自分のわかっていただらしなさも再認識したり、涙チョロリもあったり。
夜中ひとりツッコみながら笑って読んでいました。
今度源さんをテレビで見るとき見方が変わりそうです(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • *ロッタ*
  • URL

みぃなさん

嵐ともなるとあれだけのファンの数ですから。
一公演でもヤフオクドームで35000人、いろんな反応があって仕方ないとは思う。
嵐の立場からはファンを選ぶことはできないわけだけど、
もし嵐にとって嫌だなと思う場面があった時にそれを今回のように伝えてもらえるって
うれしいことだなと私個人としては感じています。
翔ちゃんが怒ったんじゃなくてファンを諭しただけにしたい人、
彼のプライドが高いせいだととらえる人、
人によって受け取り方が違うのがまた面白いんだけどね。
私は自分が彼から感じたものをしっかり刻みました。

智に対する思いですが、
フライデーショックの前と同じ気持ちにもどったわけではなくて、
いろんな感情を味わって一巡してきて違う景色です。
以前のようにスイートで優しい気持ちはあんまりないかな。
もっとピリッとスパイシー(笑)。
ただ思うのは彼だけしか私に感じさせることができない気持ちがあるということ。
個人的な気持ちだし言い表すのもむずかしいんだけどね。

子ども達へのプレゼントの準備は万端。
喜んでくれると思います。
みぃなさんも楽しいクリスマスをね。

  • *ロッタ*
  • URL

きーこさん

お互いに怒涛の日々をよく乗り越えました(笑)。
今回ご一緒したお友達とも話していたのですが、
フライデーショックで沸き起こった感情を
自分のものとして味わったか味合わなかったかですごく違うよねと。
見ないふりもできたのにね。
私たち、きっとドMだよ(爆!)。

県民性、みたいなものもあるのかなとちょっとだけ思いました。
ノリがよすぎるとこや羽目はずしちゃうような空気があるのかも。
だけど昨日は問題なかったみたいなので、やっぱり個人の問題か。

源ちゃん、読んでくれたの?
うれしーなー。
そうなの、彼のちょっと陰気なところや子どもっぽいところは
私も自分の中にあるのをひしひしと感じます。
2月のライブに行きたくて現時点で2回ほど抽選漏れしましたが、
(CDのシリアルコードからとかオフィシャルサイトからとか
抽選に応募するチャンスがたくさんあるの。いいよね)
あきらめず3回目の挑戦中。
今旬の彼だから来年早々にしやがれにゲスト出演してくれないかなー。
この前スマスマには出てたの。
紅白も楽しみ♡

  • *ロッタ*
  • URL

うにちゃん

私はもう降参しようと思う。
自分は自分でしかいられないよね。
上から目線でいつも偉そうな自分は好きじゃないけど、
しかたねーっていうか。
人から何を言われても頑固に変えないし、
楽しくないことにはぜんぜん興味もない。

ゲッターズ飯田さんって知ってる?占いの。
この人が「銀のイルカ(私ね)は来年は最高に遊べる一年」だって。
もう遊びまくってはじけちゃおうかな。
恋にも、ね。
チャンスがあれば。

  • きーこ
  • URL

みぃなさんに言われた、ピリッとスパイシーという表現に思わずうなずいてしまいました。ロッタさんは言葉がとって豊富。
共感はし合えるけど、自分にしかわからない感情ができて、みんなそれぞれ大野くんに対する想いが変わって、新しくできた気持ち。こんなに感情が動かされた日々は久しぶりでした。2015年下半期はプライベートも含め、ほんとにいろいろありました。

抽選漏れといえば、私もフリスタ大阪取れませんでした。
こんなにも当たらないとは!いろいろあってもみなさん作品は観たいんですよね。
来月先着一般販売でがんばってみようと思います。私に気を送ってください(笑)
ローチケで目にしたのが源さんのライブだったのですが、私の住んでいる街にもきてくれるようで。こんなど田舎にようこそって思いました。
それこそ、ライブ慣れしていない田舎者たちが、きちんとノッてあげられるのだろうか…なんていらぬ心配をしてしまいました。県外の方も来られるから大丈夫かな?
ロッタさんも当たりますように…。

ほんとに、最近はよくテレビに出てますよね(笑)話題の人☆

  • *ロッタ*
  • URL

きーこさん

フリスタ、転売はたーくさんされているのにね。
なんか変なのー。
きーこさんが行けるようにイメージしておきます!

きーこさんのお近くにも源ちゃんが?
2月最後の土日の分かしら?
2daysはうらやましいなあ。
福岡は普通サイズのホールで一日だけなんで狭き門っぽいです。
最後までやれることを私もやってみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • タツノオトシゴ
  • URL

どうもお久しぶり(*^^*)
同じ日だったんだなーと嬉しくなりました

ロッタさんがライブに行くまでコメは控えておこうと思っていたもので
随分と久しぶりになっちゃった

起伏はあったけど気持ちの着地点が見えたってことかな?
結局は行ってみて姿みてどう感じたか
それが答えだと思うのだけど

答えは見つかったでしょうか?
私はあの日見た彼の穏やかな表情が忘れられません
(これに関しては自分のところで書いたけど)



翔さんの件
私はあまり気にならなかったのね
予備のスティックひっくるめてカッコ良かったから
いろいろなところで書かれてるから後からびっくりしたくらい
ひょっとして私って鈍いのかな、なんて思った

翔さんは伝える立場にいる人だものね
あそこで思ったことを正直に伝えてくれた
それでいいと思うよ

久々のコメなのにちゃんと文章になってるかなぁ
ちょっと心配

  • *ロッタ*
  • URL

ゆえさん

小さいころからよく泣く、よくむくれる子でした。
あまりにもすぐ泣くので両親から「また泣いて!」と怒られていました。
今でも悲しいと怒ったり泣きそうになってしまうので、
人前ではひかえるように気を付けています。
嫌だな、悲しいなと思っても言葉でうまく相手に伝えることができません。
だから怒ってみせて相手を負かそうとしてしまうのかも。
だめですよねえ(笑)。

ゆえさんの世界では変わらない智くんが智くんなんだと思います。
私の見る世界では私が彼への気持ちを変化させてしまったので、
彼が変わったように見えるのだと。
あんなに親密に感じていたのに今は遠く感じます。
やっぱり彼は私のことなんて知らなかったな。
私の愛なんて彼にとっては必要じゃなかったな。
いろんな理屈抜きでそんなふうに思いました。
さみしいですね。
でもしゃーない、これが現実(笑)。

ゆえさんがそんなふうに感じてくれているのならよかった。
自分のままの自分で愛されるとはぜんぜん思えないけれど、
私の姿を見てあれでもいいんだなと思ってもらえるというのはうれしいです。
堂々、ということはないですよ。
嫌われて仕方ないとあきらめるためにそんなふうにしてるような気がします。
こんなひねくれ者のロッタですが来年も仲良くしてください☆

  • *ロッタ*
  • URL

オトシゴさん

おひさしぶりです。
ブログにはおじゃましていました。

私もどうして自分はこんなに気になるんだろうと思ったほど。
たぶん、翔ちゃんの中に自分の中のおこりんぼを見たんです(笑)。
自分に近いほどダメージ受けるというか、
むずむず刺激されちゃうというか。
だからよい経験でした。
賛否両論ありますが、言ってこそ彼だなと私も思います。

ほんとうに、ほんとうに穏やかでしたね。
ナチュラルで、ちょっとさみしげで、きれいでした。
しあわせであってほしいと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • *ロッタ*
  • URL

りすママさん

もし大野智に奥さんとふたりの子どもがいたら、
フツーに小太りのアラサー男性になると思うのですがどうでしょう?
嵐のどのメンバーよりもです。
ほっぺとかまんまるで、いささかどんよりして(笑)。
想像できなくもない。

翔ちゃんとかは実年齢と嵐の立ち位置のギャップに苦悩してそうと思うのです。
「かわいい♡」とか言うんじゃねえ、しゃらくせえ、とか思ってそうな。
なかよしこよしなのもどこかでもう無理があると思ってそうな。
大野智はますます何を思っているのかわからない感じですが、
35歳という年齢も彼に当てはめてみるとなんだか素敵だなと思います。

来年はアリーナツアーだそうです。
ここからだと最寄りは鹿児島アリーナで最大5700席だそう。
ああ、当選する気がまったくしません。
でももし行けることになって今までよりも近くに智くんを見れたら、
それはとてもうれしいことだなと思います。
最近ではブログの更新もゆっくりだし、
アラシゴトも智ゴトもほとんど追っていないし、
来年がどんな年になるのか想像もつきませんが、
書かないだけでいろいろともの思う年でありました。
今年も遊びに来てくれてありがとうございました。
また来年も仲良くしてください。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback