湖の紺(このこん)

ARTICLE PAGE

『最強のふたり』

好きな人やモノ
  • comment2
  • trackback-
157792_1_convert_20120921155607.jpg

『最強のふたり』公式サイト ←予告でまさかの号泣

やっと観れた。
毎週金曜日の午前いちばんの回は割引で1300円ということもあってか、平日なのにわりと多い人出。
そのほとんどがシニアの方だった。

まず邦題がちょっと謎。コメディっぽくとっつきやすくしたかったのかな?
原題とは全然ちがうし。

でも見終わったら確かに最強かも、なんて思ったり。


面白かった。
ガハハと笑える場面もあって、ラストはしんみりと涙もほろりと出てくる感じで、
でも実は全部実話ってところがすごく救いというかやってくれたなあって気分にさせてくれる。

感想を書こうと思っていたけどね、うまく言葉にできないのですよ。

いちいち説明いるのか?この映画に。


しょっぱなの場面。

ちょいとおふざけが過ぎたおふたり。
そこで Earth, Wind & Fire のこの曲が流れます。




『SEPTEMBER』


もうここで観客は心をぐっと掴まれちゃうの。

だってこの曲聴いて踊りだしたくならない人なんていないでしょう?

途中にもう一度アースの曲が流れますが、ここも欠かすことのできない素敵なシーンで、
ふたつの場面がこの映画のすべてをあらわしてくれていると思います。


もうそれでいいし。
深刻な顔してあれこれ考えない。

だってさ、こんな痛快な映画を観ているとさ、


しあわせな気分になって、

また例のごとく智くんの顔が浮かんで、


ああ、いっしょに踊ったり、でっかい口開けていっしょに歌ったりしたいななんて、

そんな風に思えるってよくない?


恋をしたら臆病にならずにいようとか、
人にバカって思われても全然平気かもしんないとか思えるって、

映画の醍醐味じゃね?



この世も映画みたいなものなら楽しんだもん勝ちだよね。



ぜひぜひ観てみてください。おすすめします。



m0000000686_sub4_large_convert_20120921155627.jpg

このおふたりのキュートさに乾杯。






で、智くんといっしょに観てる妄想とかしてみんだけど、
さとっち、となりで寝てたよ(爆)。


Comments 2

hitomin  
こんな最強?

こんばんは。

わたしもね~「なんで最強?」って思ってたの‥
なんでだろう??って思って過ごしていたら、
頭で考えるより、ハートがなんか理解して
なんだかすごくしあわせだった^^

何のシンクロ?『SEPTEMBER』9月?

♪僕たちの心は高鳴っていた
魂の歌に合わせて
僕たちが夜に踊ったダンスが
夜空いっぱいに星を輝かせたことを忘れないで

バーディヤ 覚えてるかい
バーディヤ 9月に踊ったダンスを
バーディヤ 雲ひとつない素直な気持ちで

僕の気持ちは君と一緒さ
君の心と手をつないで君のことを考えている
愛の言葉と愛が
僕たちの愛が一緒にあることを教えてくれたことを忘れないで

今は12月
僕たちが9月に分かち合った愛を見つけた
愛の言葉と愛だけさ
僕たちが今日、分かち合う本当の愛を忘れないで♪

これって‥

あっ!?涙が・・・

『ROCK WITH YOU』と同じ感じだ。

世の中の倫理とか社会通念観念‥
もうそんなところでないところで
生きることを魂が要求している

そこはシンプルで
とってもユーモアあふれてて
あたたかい‥?

ロッタさんのブログを見て
あらためて気づいたこと多し‥

ほんとに、うれしいよ❤

2012/09/22 (Sat) 00:08 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*  
Re: こんな最強?

hitominさん

コメ読んではっとした。

この2曲、確かにキラキラ感とエネルギーがいっしょだ!
なんで気づかなかったんだろうってくらいに。

そう、ハートなの。
ハートで感じた映画だった。


そしてハートで感じて生きたい。

もうその波は確かにきてる。


ユーモアか。素敵。
マイケルはもうそれをずっと知っていたんだな。
うれしい。

2012/09/22 (Sat) 06:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply