湖の紺(このこん)

ARTICLE PAGE

キャットタワーをつくる

ニャンコ
  • comment6
  • trackback0
実は半月ほど前に我が家にやってきていたニューフェイス。


FullSizeRender_(3)_convert_20160830172134.jpg


麦(むぎ)ちゃん。
オス。
7/13生まれ。
もらってきたその日までお母さん猫のおっぱいしか飲んだことがなかったのに、
我が家に来てすぐにカリカリを食べるようになり、
トイレも一発で覚えその後粗相もなく、
先住猫の麻から甘噛みというのは名ばかりの加減を知らない噛みつきを日々受け
「ふんぎゃぉぉぉ」と雄たけびをあげながらも仲良くしており、
とっても元気で賢いよい子。

とうとう我が家も多頭飼いってやつ。
以前から憧れていたキャットタワーを自作することにしました。
というのも先日とても感じのよいキャットタワーをお見かけしたのです。→tono-pさんの自作キャットタワー
キャットタワーの色やたたずまい、そしてお写真が静かで素敵だなと思いました。
2×4サイズという安価で手に入りやすい木材を専用金具でつっぱるだけという簡単さに、
ひょっとしたら私にもできるかもと思っちゃったわけだね(笑)。
そうなるといてもたってもいられない。


調べてみるとこの夏発売になったばかりのこういうのがあるのを見つけた。→ラブリコ
何となくおしゃれ。
つっぱる用と棚版を固定する金具をネット購入しました。

IMG_4947_convert_20160830174821.jpg

こういう時だけ貸してくれる猫の手(笑)。


その他の材料はホームセンターやダイソーでなるべく安価になるように購入。
材料費だけだと合計6000~7000円くらいでした。

IMG_4960_convert_20160830171332.jpg

木材はホームセンターの方が手早くカットしてくれます。


まず最初に木材にやすりがけをして、棚版はかるーく面取りしました。
その後オイルステイン塗布。
使用したのはワトコオイルのダークウォルナット。

IMG_4961_convert_20160830171301.jpg

色見本などなく、たぶんこれでイケるだろうと予測して購入しましたが、
我が家の床材の色とはちょっと違ってしまいました。


次男のサイズアウトした下着を切ったものにオイルを染み込ませ塗りこんでいきます。
棚版はパイン、16ミリの厚さのものです。

IMG_4964_convert_20160830171345.jpg

一度塗り後。
この後もう一度塗りこんで一日乾燥させました。

IMG_4967_convert_20160830180602.jpg

乾燥中。
乾くのが待ち遠しい。
麻たんも様子見(笑)。


そして、ついに、










完成。


IMG_4989_convert_20160830171439.jpg


つっぱり具・天井部分。

IMG_4993_convert_20160830171522.jpg


つっぱり具・床部分。

IMG_4994_convert_20160830171531.jpg

つっぱる強度は十分だと思います。
猫が昇降するていどではグラつかないのでは。


IMG_4990_convert_20160830171448.jpg

棚版の大きさや配置する間隔などtono-pさんのブログ記事やコメントなどを参考にさせていただきました。
部屋の中央に配置したかったので棚版をらせん状に設置。

棚版はこんなふうに支えられていますが、

FullSizeRender_(4)_convert_20160830172124.jpg

これはイカんかった。
棚版、グラグラ。
次男がお試しに麻を乗せてみたら重量に負けてバキッとネジ部分から外れましたから(笑)。
tono-pさんのように切り込みを入れて噛ませたかったのですが、
DIY初心者のため手を抜いてしまいちょっと後悔。
結局完成後にL字金具で補強しました。

IMG_4997_convert_20160830171542.jpg

コルクシートはダイソーで購入したものがおそろしく薄くて破れやすいものだったので、
当面は貼らずにいようと思います。


完成後はどこに置いたらニャンズが興味を持ってくれるのかと家じゅうあちこち移動させましたが、
な、なんと予想外のスルーですよ。
無理やり乗せてみたところ、

麻。憮然としてます。

IMG_5003_convert_20160830171550.jpg


麦。案外気に入ったみたい。

IMG_5004_convert_20160830171600.jpg

いちばん低い棚版で寝てくれるようになりました。

たぶん、オイルのにおいなんだと思います。
麻は近寄ってもくれません。
実は昨日キャットタワーその2が我が家にやってきたのです。
木工所の機械の裏でお母さん猫が産んだ麻。
そこの木工所のおじちゃんに依頼していたキャットタワーが時を同じくして完成してきたのでした。

FullSizeRender_(3)_convert_20160830183622.jpg

こちらは無塗装なので麻も登るんですよね~。

現在並ぶようにしてキャットタワー2台置き。
贅沢この上ないと思うのですが、思い描いていた猫まっしぐらとはいかなかった。
あってもなくても猫にとってはさほど変わりないみたい。
だけど私はといえば、完成したことで満足しております。


Comments 6

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/31 (Wed) 02:32 | EDIT | REPLY |   
tono-p  
参考にしていただきありがとうございました

こんにちは。
木工所で作成してもらったというキャットタワーはさすがに立派ですね。
棚板の固定強度についてですが、私も柱分のカットをしただけで噛ませているわけではなく、金具の強度だけに頼っています。最初に買った金具は強度不足でした。

猫が使ってくれないのは残念ですねー。良くあることではありますけど。お部屋が良い雰囲気なので、ここに市販のキャットタワーは浮いてしまうということはよくわかりました。

2016/08/31 (Wed) 19:24 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

みぃなちゃん

麻は麦が来て体調を壊すこともなく仲良くしてくれています。
ただやっぱり落ち着かないのか?
最近は声を出してよく鳴くようになって、お外にとっても出たがる。
玄関を開けた隙に飛び出るので何度か脱走されました。
家のそばから離れることはなかったけどね。
やれやれ。

いえいえ、お恥ずかしい。
雑草に除草剤をかけたもんだからそこだけハゲになって、
芝生も伸び放題だから荒れた庭なんだよー。
これでも新築して数年は美しい緑の庭だったんだけどね(笑)。
我が家は建築家に依頼して建てたの。
こだわって時間をかけたけど、家族も減ったし、
私自身は小さな家でちんまりと過ごすのも苦じゃない。
猫のためにはね、この広さでよかったのかもしれないけどね。
2匹で夜の大運動会、すごいよ(笑)。

2016/09/01 (Thu) 08:07 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

tono-pさん

来てくださってありがとうございます。
そう、あの切り込み。
いざできあがってみるとそこが実は大事だったんだなと思いました。

木工所の方のは無塗装で白っぽい木がなんとも馴染まないので、
色を付けたいなと思っているのですが、
においのことを考えるとオイルステインは気が進まず。
水性ニスだとにおいがあまりないとのことだったので
試してみようかと考えているところです。

ホームセンターなどによく売ってある、
白や茶色などの薄い布張りのキャットタワー。
たしかにちょっと…と思っていましたが、
ひょっとするとあれが実はいちばん猫が登るのかもしれない。
なんて思い始め、買ってしまいそうでコワイです(笑)。

2016/09/01 (Thu) 08:16 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   
tono-p  
No title

塗料は柿渋なんて如何でしょうか?
水のように塗れて、重ね塗りして日が経つと良い感じになってきます。

2016/09/01 (Thu) 21:33 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*">
*ロッタ*  

tono-pさん

柿渋、調べてみました。
色合いがとてもいいです。
聞きかじったことはあったけれど、何となく和風な感じがしていたのです。
和室にあるぴかぴか立派な一枚板の座卓、みたいな。
検索してみたら違っていました。

お値段も手ごろでぜひやってみようと思います。
今日さっそくホームセンターをのぞいてみます。

2016/09/02 (Fri) 07:55 | EDIT | *ロッタ*さん">REPLY |   

Leave a reply