avatar image

フラとするめクラブな夜。

このあいだね、フラの教室をやめたんです。
ずっともっとうまくなりたいと思い続けていたので、
ステップアップするために上級のクラスに移ることを考えていました。
8月にちょっとした発表会みたいなものがあったので、それを区切りにしようと。
でもなかなかふんぎりがつかなくていろいろと考えあぐねていたら、
めんどくさくなっちゃってね(笑)。

10年です。
長いあいだずっとフラが優先順位いちばんでした。
飽きなかったし、やればやるほど奥深くて魅力があった。
楽しかったけど、うまく踊れない自分に劣等感ばかりだったな。
だからおのずと素敵に踊る人たちをうらやむ環境だった。ずっと。
もっと辛かったのは今一緒にやっている人たちに物足りなさを感じていたこと。
フラの上手下手で仲間を見てしまっている自分。
そんな薄情な気持ちでいるくらいならとっとと上級クラスに行って揉まれやがればいいものを、
結局は飛び出すことなしにやめてしまうわけだから、
怖がってるだけじゃん、カッコわる、
あーあ、またがんばらないんだー、
って自分にがっかりしたり責めたり、
でももうぜーんぶひっくるめてしゃらくせぇぇぇっ、ってなった。

私の中でフラをやめるってことはありえないことだったけれど、
とりあえず今回はめんどくさい気持ちから離れてみた。
フラはやりたくなればいつでも始められるしね。
おやすみするくらいの気持ちで。
空いた隙間には新しい何かが吹き込んでくるという期待も持ちつつ。
今の自分のままでちっとも恥ずかしくない、
出来損ないと思っているのは自分だけで、
今ある自分で楽しんでいればいいと思えればいいのにね。
それはフラも、大きく言えば私の生活すべてに言えること。
かんたんにできれば世話はない。
たぶん、一生かかる旅だね。

てなことがあったので、ぼちぼちほかに楽しいことでも見つけていこうと思った矢先、
雑誌CREAの「するめ基金」のトークイベントに当たったので熊本まで昨日行ってきました。
村上春樹さん、都築響一さん、吉本由美さんというお三方のトーク、
中でも春樹ファンの私には村上さんの朗読会が見れるというのはなんとも魅力的。
これを逃すともしかしたらナマ春樹に会えるチャンスはないかも!と思い申し込んだところ、
抽選にもすんなり当選し、よしよし風向き良好。


IMG_5065_convert_20160910195001.jpg

お三方のサイン。
味があって素敵。


都築さんという方を存じ上げてなかったのですが、お話、とっても面白かった。
変なモノを追い求めて日本中を駆け回っているとのこと、
昨夜は九州にある変なモノたちをスライドで見せてくれました。
飯塚市にあるかかしの24時間野球とか、北九州小倉のヤンキー色強しな成人式とか、
ディープでシュールなお写真の数々もさることながら、
都築さんのトークがとても面白くてよかったです。
来月福岡で展覧会をされるみたいなので行ってみようと思います。→僕的九州遺産

さてお目当ての村上さん。
朗読してくださったのはご自身の短編小説2話。
初期のころの作品で読んだことなかったものだと思う。
私って村上さんを繊細でちょっと神経質でもっとずっとシャイな方だと思っていたんだと思う。
実際の村上さんは思っていたより声が低くてしっかりしていて、
ナチュラルでかわいらしい素敵なおじさんでした。
一番手だったし場に慣れるまで時間がかかって、
それに読むのと聞くのではあまりに印象が違って戸惑ったのだけど、
だんだん会場がリラックスしてくると村上さんもたくさん話してくださって、
最後のほうの質問コーナーでは気さくで楽しそうにされていたのが印象的でした。
一対一で会うみたいな気になって勝手に緊張していたけど(笑)、
思っていたのと違う、ああ、でも思っていた以上に素敵な方だったなあ。
チェックのシャツを着て、若々しく、ちんまりと控えめに優しい、清潔な色気のある村上さんでした。
小説って村上春樹作品しかほぼ読まないのだけど、
以前のものをこの秋読み返してみようかなと思っています。

そういえば開演の前に熊本にいるお友達にLINEしたら、
その子も長くフラをやっている子だけどお休みしたいって言っていた。
別のお友達で私がフラをいちばん最初に一緒に始めた子も、
つい先日教室をやめたって言ってたな。
フラをお休みしたことをそれはそれでよかったんだなってゆるしてもらった気に勝手になった。
いろんなことが変化していく。
古いつながりが終わって、私が村上さんを新しく知ったような出来事もあったりする。
人と会いたいなと思った。
知っているけど会ったことのない人と会って新しく知りたい。
まだ知らない人とも会ってみたい。
ちょっとだけ楽しみな夏の終わりです。



Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • *ロッタ*
  • URL

みぃなちゃん

やめてしまってよかったのかどうかわからないけれど、
今はほっとしている気持ちもあるかな。
おやすみするつもりだったけど、
髪もばっさり切ってしまいたいと思い始めてる。
アン・ハサウェイみたいなショートヘアにしたいなあ、なんて。

村上さん、神経質だったり頑固だったりする部分もあるとは思うの。
でもそれと同時にちょっぴり鈍感な部分、単純で可愛らしいところなんかも混在していて、
少年のような魅力がある。
たしかにお声はダンディ、かもしれない。
低いのではなく、太くしっかりとした声なのだよね。

ちなみに私の声ですが、私自身は昔から好きではない。
デカくてよく通るのでうるさがられていたし、
ものすごいコンプレックス。
透き通ようなやさしい感じじゃないのが嫌。
ささやくような、妖精みたいな声の女性いるでしょう?
あれ、いいよね。
でも智くんを通じて知り合ったあるお友達に、
私の声が好き、聞いていると落ち着くって言ってもらったことがあって、
そんなふうに思ってくれる人もいるんだなと意外だった。
キュート、かしら?
お調子者?(笑)かもしんない。
私もいつの日かお会いできるのを楽しみにしています。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback