Welcome to my blog

*ロッタ*

*ロッタ*

セブンイレブンでね、前売り券とマスコットのセットを購入したんです(これね)。
舞台挨拶とかグッズとかあまり興味がなかったけど、何かひとつくらい記念にと思って。
実際手に取ってみてから気づいたよ。
クマ、そんなに好きじゃない(笑)。
気に入らなければ欲しい人が買ってくれる場所もあるからね、便利だね。

で、今日、やっと観に行ってきました。
わりと年配の方が多い中、おや?と思ったのは60代くらいのオジサマがひとりでいらしていたこと。
おとなりも前もオジサマ。
純粋な映画ファン、それも時代物がお好きな方なのかと勝手に想像したが、
観終った後の感想をぜひ聞いてみたかった。
嵐や智くんをあまり知らない方が映画を観て次にテレビで智くんを見た時、
無門の印象ががつんとくるんじゃないだろうか。
それくらい無門だったし、
気持ちのいいくらい無慈悲な無門はひどく心に残った。

たとえばハリウッド映画のように、
本編を通して人物が劇的に変化してワオ、感動的なラスト!!みたいなわかりやすいのも好きだけど、
この映画みたいに語りすぎない、泣かせすぎない、こねくりまわさないのが
じんわりじんわりと沁みてくるようなそんなお年頃。
無門が言った「かわいそうに」とお国が言った「かわいそうに」はどう違うのかなんて、
ぼんやり考えてみて役の気持ちになってみたりして。
愛されることも愛することもゆるされなかった殺伐とした環境とか、
大事に大事に愛でていた妻を亡くしちゃうとか、
やりきれないし、
もっとハッピーエンド(無門とお国に子どもが産まれるとか)が見たかったとも思うけれども、
最後の草原と海とつながれた手がとてもきれいでしたね。
無門は最初から最後まで優しかった。

観終ってトイレに行き外に出たら、
スタッフの方が「先ほど忍びの国のパンフレット再入荷しました~」と呼びかけていて、
なんてタイムリー。
きっと売り切れていたのでしょう。
ラッキーでした。


IMG_5909_convert_20170705154233.jpg


見ごたえのある映画だったな。
もいっかい行きたい。
最終更新日2017-07-05
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/07 (Fri) 01:03 | EDIT | REPLY |   
*ロッタ*  

みぃなちゃん

うんうん、私もちょっとウルッときただけ。
お国が死んだときの無門の反応も正直物足りない気がして、え?それだけ?って思ったし。
怒んないの?逆上しないの?
ほんとうの怒りは赤くない、白い炎なんだ的な?
でもね、あの映画のそういうところが逆に印象に残るし、あとからじわるんだよね~。
描きすぎてないっていうか。

無門の心には何があるのか?

智くんと重なるのもそういうところじゃなあい?
怒りの感情が見えにくいちょっと不気味なとことか、
人への期待しなささとか、
どこかあきらめてるような感じとか。
無門って智くんが過去に生きてた人みたい。

伊勢谷さん!!カッコよかったわー。
あんな素敵なお顔をしてる人っているんだニャ。
精悍でよかった。
鈴木亮介さんも私の中では鍵部屋のヤクザ役の印象が強かったんだけど、
役者として俄然興味がわきました。
そして石原さとみちゃん。
そんなに好きじゃなかったの、実は。
だけどお国、すごくよかったー。
みずみずしくて、可愛くて。
お似合いの夫婦になれただろうにな。
ラストに子ども産まれるシーンとか見たかったな。

2017/07/08 (Sat) 09:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply