ばっさりやってやりましたぜ

昨日髪を切ってきました。
切った髪はヘアドネーションすることに決めていたので、いつも行くサロンの美容師さんに前もってお願いしていました。
ヘアドネーションとは小児がんををはじめとする頭皮の悩みをもつ子ども達のために
切った髪を寄付すること。
どこかで目にしていつか自分にもできることがあるかもしれないと思っていました。

10年以上も長い髪だった私。
パーマをかけることもなく、ここ何年も前髪さえ短くすることなく、ワンレングスのロングヘアをいつもひっつめ髪。
それでもフラも長い髪も好きだったから自慢でした。
だからいざ短くしたいと思ってもやってみたいスタイルが思い浮かばない。
でね、いろいろ見た末に好きだなと思うのが断然ショートヘアで。
高校時代には当時突然ショートヘアにしたナンノ(南野陽子さん)を真似た髪型にしたり、
短大時代の友人の間では今でもロッタはいつだってショートヘアのイメージ、
20年ほど前にもジーン・セバーグばりの超ショートスタイルで職場の人を驚かせたこともありました。
伸ばしてみるけど、結局いつもロングヘアに飽きてばっさりショートヘアにしたくなっちゃう。
パーマのセミロングでワンクッション、とかないんだね。
今回もそのパターン(笑)。

で、サロンに持っていったのは、

「宮沢りえちゃんみたいにしてください♡」

13643_original.jpg

この画像ね、プリントアウトしてね、大事に持っていきました。
他にもいろんな画像が候補にあって、最後にアン・ハサウェイかりえちゃんかになったのだけど、
このりえちゃんのさり気なくアシンメトリーなスタイルがキュートすぎて決めました。
結果からいうと大成功だったの。
顔以外は(笑)このスタイルに限りなく近くなりました。


ドネーションするためにはまず髪を何束かに分けてゴムで結びます。

FullSizeRender_(11)_convert_20160928192950.jpg


この後ゴム上1センチくらいをジョキジョキ切っていくのだけど、
耳のそばでハサミの音がするなんていうのも何年ぶりかってくらい。
もっと覚悟が要るかと思ってたけどそうでもなかったなー。


切った髪はこうなった。

IMG_5164_convert_20160928193017.jpg

ドネーションするには31センチ以上の長さが条件なのですが、長いところだと50センチ以上ありました。


私はこうなった。

FullSizeRender_(12)_convert_20160928193124.jpg


切った後いつものようにヘナカラーもしてもらいました。
いやね、もう、頭も気持ちも軽い軽い。
シャンプーなんて洗ってる手応えがなさすぎてひとりお風呂場で「ええ~、なんか~、ひょえ~」とか言って。
美容師さんにはショートヘアがよく似合ってる、
ショートのほうが女っぷりがあがるね、
いいなあ、私もショートにしたーい、
なんてほめちぎってもらってご満悦のロッタなのでした。
首元の開いた服やぶら下がるピアスや柔らかなワンピースや、そんなのを着てみたくなっています。
そして真剣に恋人を探そうと思います(ホントかよ)。
そんな気になるほどスペースが空いた感、あるね。
髪には「神」だとか「マナ」だとかが宿るというのはよく言われることだけれど、
私が髪を長くしていた間の思いもたしかにそうなんだと思う。
フラに恋していた気持ち、離婚して悲しかった気持ち、誰かを好きだと思ったり、自分を責めたりしていたのもぜんぶぜんぶ。

しばらくはこの大変身にびっくりしてくれる人たちの反応や感想を見て聞いて楽しめそう。
大好きな秋が始まります。


アラフォーって悩ましいんだね

先日フラ友さんが、最後に立ったステージのDVDを持ってきてくれたのでさっそく観てみた。
あんなに手放せないと思っていたフラ。
ハラウをやめてしまったら何となく熱が冷めてしまったので(見るのは好きだけど自身が踊ることに対して)、
静かな心で客観的に観たつもりだったのだけど、
やっぱり、ああ、ここ腰がうまく振れてない、
動きの流れが途中止まってしまってる、
笑顔が足りない…などなどついついダメ出しの悪い癖が。
そしてハッとする。
もうフラでこんなふうに自分を頑張らせる必要なくなったんだ、と。

今日ショッピングセンターに行ったらばったりお友達と会った。
近くに住んでいるし、以前いっしょに地区の役員をしたこともある人だけど久しぶりにお話しした。
いくつになったの?と聞かれたので歳を答えたら、
その人は私より五つほど年上だけど、
「わたしはそのくらいの歳から家にずっといると気持ちが沈んだりして、これじゃいけないと思ってお仕事はじめたんよね~」
としょっぱなから何だかちょっとタイムリーな話題展開。
そうなのだ。
先日どこかの掲示板でも「40代、やる気がでない」なんてトピが立っていたっけ。
離婚してから、とくにこの一年くらいは気分障害かと思うほどに気持ちが落ち込んだりすることが多くなった。
いろんなことがめんどうでますます家事嫌いになったし、
人と会えば楽しく過ごすのだけど夜になってお風呂で考え事しながら涙したことも何度もある。
どうやら年齢的なものが大きいのかもしれない。
プチ更年期みたいなものなのかな。
これから始まるホルモンだとか何だとかの体の変化の前に、
心の変化があらわれるそんな年代なのかもしれない。
自分には何ができるのかなってすごく真剣に考えるポイントなのかも。
考えるんだけど、老い始めというか若さを失っていくことで自分の価値をまったく信じられなくなる。

フラをやめたくなったのもひょっとしたらやる気が出ない悩めるアラフォー病なの?(笑)
めんどくさくなってフラを放り投げ、
フラとともにあった長い髪を今度は放り投げようとしてる。
10年伸ばしていたのでどんな髪型にしたいかわからなくなってたけど、
したいスタイルが見つかったので明日カットに行ってこようと思います。
今夜で最後かと思うとちょっぴりおセンチになって長男に記念に撮ってもらった。


FullSizeRender_(10)_convert_20160927230930.jpg

なげー(笑)。
何年もヘナ染め、ナチュラルな(合成成分でない)もので3日に一度のシャンプーのみ、整髪料とは無縁のヘアライフ、
髪も元気になってよく伸びたし艶をほめられることもあった。
湯シャンをすすめてたある人も言っていたけど、余分なものが取り払われた髪って髪のいい匂いがする。
思ってるのは自分だけかもしんないけど。

ばっさばっさと脱ぎ捨てていっていったいどこに向かう気なのか。
捨てたことでできるスペースに思いもよらない新しいものが入ってきたらうれしいなといつも少しの期待を持って。

フラとするめクラブな夜。

このあいだね、フラの教室をやめたんです。
ずっともっとうまくなりたいと思い続けていたので、
ステップアップするために上級のクラスに移ることを考えていました。
8月にちょっとした発表会みたいなものがあったので、それを区切りにしようと。
でもなかなかふんぎりがつかなくていろいろと考えあぐねていたら、
めんどくさくなっちゃってね(笑)。

10年です。
長いあいだずっとフラが優先順位いちばんでした。
飽きなかったし、やればやるほど奥深くて魅力があった。
楽しかったけど、うまく踊れない自分に劣等感ばかりだったな。
だからおのずと素敵に踊る人たちをうらやむ環境だった。ずっと。
もっと辛かったのは今一緒にやっている人たちに物足りなさを感じていたこと。
フラの上手下手で仲間を見てしまっている自分。
そんな薄情な気持ちでいるくらいならとっとと上級クラスに行って揉まれやがればいいものを、
結局は飛び出すことなしにやめてしまうわけだから、
怖がってるだけじゃん、カッコわる、
あーあ、またがんばらないんだー、
って自分にがっかりしたり責めたり、
でももうぜーんぶひっくるめてしゃらくせぇぇぇっ、ってなった。

私の中でフラをやめるってことはありえないことだったけれど、
とりあえず今回はめんどくさい気持ちから離れてみた。
フラはやりたくなればいつでも始められるしね。
おやすみするくらいの気持ちで。
空いた隙間には新しい何かが吹き込んでくるという期待も持ちつつ。
今の自分のままでちっとも恥ずかしくない、
出来損ないと思っているのは自分だけで、
今ある自分で楽しんでいればいいと思えればいいのにね。
それはフラも、大きく言えば私の生活すべてに言えること。
かんたんにできれば世話はない。
たぶん、一生かかる旅だね。

てなことがあったので、ぼちぼちほかに楽しいことでも見つけていこうと思った矢先、
雑誌CREAの「するめ基金」のトークイベントに当たったので熊本まで昨日行ってきました。
村上春樹さん、都築響一さん、吉本由美さんというお三方のトーク、
中でも春樹ファンの私には村上さんの朗読会が見れるというのはなんとも魅力的。
これを逃すともしかしたらナマ春樹に会えるチャンスはないかも!と思い申し込んだところ、
抽選にもすんなり当選し、よしよし風向き良好。


IMG_5065_convert_20160910195001.jpg

お三方のサイン。
味があって素敵。


都築さんという方を存じ上げてなかったのですが、お話、とっても面白かった。
変なモノを追い求めて日本中を駆け回っているとのこと、
昨夜は九州にある変なモノたちをスライドで見せてくれました。
飯塚市にあるかかしの24時間野球とか、北九州小倉のヤンキー色強しな成人式とか、
ディープでシュールなお写真の数々もさることながら、
都築さんのトークがとても面白くてよかったです。
来月福岡で展覧会をされるみたいなので行ってみようと思います。→僕的九州遺産

さてお目当ての村上さん。
朗読してくださったのはご自身の短編小説2話。
初期のころの作品で読んだことなかったものだと思う。
私って村上さんを繊細でちょっと神経質でもっとずっとシャイな方だと思っていたんだと思う。
実際の村上さんは思っていたより声が低くてしっかりしていて、
ナチュラルでかわいらしい素敵なおじさんでした。
一番手だったし場に慣れるまで時間がかかって、
それに読むのと聞くのではあまりに印象が違って戸惑ったのだけど、
だんだん会場がリラックスしてくると村上さんもたくさん話してくださって、
最後のほうの質問コーナーでは気さくで楽しそうにされていたのが印象的でした。
一対一で会うみたいな気になって勝手に緊張していたけど(笑)、
思っていたのと違う、ああ、でも思っていた以上に素敵な方だったなあ。
チェックのシャツを着て、若々しく、ちんまりと控えめに優しい、清潔な色気のある村上さんでした。
小説って村上春樹作品しかほぼ読まないのだけど、
以前のものをこの秋読み返してみようかなと思っています。

そういえば開演の前に熊本にいるお友達にLINEしたら、
その子も長くフラをやっている子だけどお休みしたいって言っていた。
別のお友達で私がフラをいちばん最初に一緒に始めた子も、
つい先日教室をやめたって言ってたな。
フラをお休みしたことをそれはそれでよかったんだなってゆるしてもらった気に勝手になった。
いろんなことが変化していく。
古いつながりが終わって、私が村上さんを新しく知ったような出来事もあったりする。
人と会いたいなと思った。
知っているけど会ったことのない人と会って新しく知りたい。
まだ知らない人とも会ってみたい。
ちょっとだけ楽しみな夏の終わりです。



ポッポのパン

前に片頭痛の記事を書いたけど、
昨日は年に数回ある強烈な頭痛で寝込んだ日でした。
鎮痛剤と氷のうでの冷却で夕方には何とかおさまったけど、
お誕生日だった次男に看病させたり、
長男はお友達と遊びに行く約束をこっそりキャンセルしてくれていたり、
す、すまねぇぇぇってな日でした。

今日はお誕生日祝いのディナーに行けそうなまでに回復しましたが、
最近頭痛以外にもちょっとした不調を感じていました。
というのが、食後に目まいや頭痛、動悸がするというもの。
ここ数年おなかまわりが気になるものの体重の変動も少なく、
貧血なし、コレステロール異常なし、検査値は常に正常なのが自慢。
元来大食漢で甘いもの好き、
量はさすがに食べられなくなったけど相変わらず甘いものを欠かさず摂取して、
パンも大好きだから朝・昼パン食という生活を続けていたせいか、
ここのところとくに炭水化物をとりすぎた食事をしたり、
満腹になりすぎるときまって前述したような症状が出ている気がするのです。

やば、私、糖尿病にでもなっちゃったの?

半ばうちひしがれながらネットでいろいろ調べていくうち、
『機能性低血糖症』という病名に目がとまりました。
ビンゴ!すっげ当てはまってるぅ。
抑うつ的な気分、ずっとありました。
ちょっとしたことでものすごく落ち込んでお風呂でむせび泣くなんてことが何度も。
なんじゃ、これのせいだったのか!
ロッタ、御年43歳、無理がきかないばかりか、もういいかげん自愛しないといけませんね、心も体も。

とりあえず一昨日からごはんやパンなどの主食(炭水化物)を極力取らない食事に切り替えました。
今流行りの糖質制限みたいですが、
機能性低血糖症というのは血糖値のジェットコースター的変動がモンダイなので、
とりあえずそれをゆるやか~にするための一時的な回避だと考えています。
(いや、自己診断だけどね、あくまでも。)
それにね、私、パンが好きなのです。
白ご飯は我慢してもパンはできれば食べたいなと思って調べたら、
全粒粉のパンだとイケそうだなとわかりました。


そこで、久しぶりに注文。
ポッポのパン

FullSizeRender+(3)_convert_20160710092529.jpg

全粒粉など素材にこだわったパンのお店で、ここのベーグルが絶品なのです。
冷凍しても蒸し器で蒸したあとオーブントースターで表面を焼けば、
外はカリッと中はほんとうにもっちもちで一個で満腹になります。
先ほど届いて中身を確認しむふふとほくそ笑む。
しばらくはこのおいしいパンを食べられると思うとしあわせ。
新潟のお店なので送料がけっこうかかるのですが、焼き立てをすぐにクール便で送ってくれるので新鮮です。

口に入れるのものは添加物なし、完全無農薬、グルテンフリー、肉食なんてもってのほか e.t.c…なんて
そんなふうなこだわりは全然なかったけれど、
これからは必要なものをできる量だけおいしく食べることに少し目を向けてみようかと思いました。
とか言いながら、今夜は昨夜行けなかったお誕生日ディナー。
次男のたっての希望のラーメンを食しに行ってまいります。
(ラーメン以外のメニューもあるとこにしよ)



だいじょうぶです。

最初の揺れ、本震といわれる昨夜の揺れ、
おおきなふたつの揺れを経て今は落ち着いています。
深夜の揺れがかなり激しかったため動悸がしてその後眠れず、
ずっとテレビを見て朝まで過ごしました。
夜が明けてからはときどき小さい揺れを感じますが、
ここ佐賀は被害はあまりなくふしぎなほどいつもの日常を過ごした今日でした。
午前中は長男のバスケの練習試合、
その後お昼寝しているあいだに子ども達はそれぞれ遊びに出かけていました。

熊本に被害が集中していることに胸を痛めながらも、
あまりナーバスになりすぎずできる範囲でいつもと変わりなく過ごすのがいいと思っています。
被害はなくても揺れは常に感じているし、
いざとなれば私が子ども達をまもらなくてはという気持ちもありつつ。

最初の揺れの時、実は私は車中にいたため揺れに気づかなかったのでした。
中学校の役員の集まりに参加して帰宅する途中、
家のそばの狭くて緩いカーブの道を徐行していたらスマホがけたたましく鳴り、
何事かと帰ってみたら子ども達が「すごく揺れた~」と興奮していました。
そうしていたらすぐにお友達から安否を気づかうLINEが。
それからはSNSやメールでもいろんな方からばばばーっとお見舞いの言葉が届き、
ほんとうにうれしくありがたく思ったのでした。
ああ、愛を感じる。
優しい気持ちに感謝します。
あらためてお礼を言わせてください。

自分にできることを淡々と。凛と。
このまま無事に日々が過ぎますように。
被害にあわれた人たちに心からお見舞い申し上げます。



家族旅行

加入しているコープ生協に出資金というのがある。
我が家が利用しているグリーンコープは素材にこだわった商品を展開していて、
はじめての育児でできれば安心して食べられるものを選びたかったので加入した。
(長男は食物アレルギーもあったしね)
だからもうかれこれ15年ほど利用していることになる。
出資金を求められた時になんだかよくわからないけどそんなにたくさん出したくないなと思って、
とりあえず最低価格の1000円だけ毎月出資することにした。
後で聞いたら5000円とか10000円とかにして積立金みたいにしてる人もいるみたいだったけどね。
でこの出資金、年に一度「減資」「増資」ができる。
「減資」はいわゆる払い戻しのことだけど今までどちらもしたことがなかった。
単にタイミングを逃していただけだったのだけど、
先日年一度のお知らせが来たので見てみたらなんと出資金の合計が20万円になってた!
そりゃそうだ。
だって15年ぶんだもん。
5万円は残さないといけなかったので15万円をとりあえず払い戻すことにした。
車検代にでもしようとぼんやり考えてた。
そしたらお友達と旅行の話になって、ふと沖縄旅行を思いついた。
沖縄本島にも離島のほうにも何度か行ったことがある。
いつか子ども達にも行かせてあげたいと思ってた。
降って湧いたラッキーマネー、どうせなら楽しいことに使おう。
よし、沖縄だ!!


飛行機+ホテル+レンタカーは早々に申し込み(気分が乗るとやることがはやい)。
少しでも安くしたいと思っていろいろと探しているうち、
せっかくだからおいしい朝食バイキングが食べられる海の見えるホテルがいいなと欲が出て、
ホテルのグレードにしてはお手頃な値段のを見つけて予約。
たくさん見たけど結局JTBのツアー。
JTB独自のホテルランキングのレビューが参考になりました。
今はレンタカーもガソリン満タン返し不要はあたりまえなんですね~。
沖縄行かない?との誘いに部活を休まないといけないからと生返事だった長男も、
私がさっさと日を決めて予約してしまったら心が決まって楽しみになってきたみたい。
次男は乗り物酔いするため、ホテルは空港といちばんの目的美ら海水族館の中間地点にしました。


FullSizeRender_convert_20160316060824.jpg

amazonに予約していたガイド本(画像左)が届いたのでさっそく行きたい場所をピックアップして
おおまかなスケジュールを組み立ててみたのですが、
グーグルのMAP機能ってほんとうに便利だー。
目的地までの距離と時間、これって大事。
のんびりゆらり旅ができればいいと思っていたのに今は考えが変わった。
できるだけ詰め込みたい(翔ちゃんみたい(笑))。
海水浴は夏に五島でできるからいいとして、テーマパークみたいなのもいいし、
パワースポットや歴史を感じる首里城や斎場御嶽(せーふぁうたき)はぜひ訪れたい。

あと、古宇利島。

47918f4e6aec-ab61-4ac0-ac84-f863cf8bae38_m_convert_20160316090042.jpg

なんてきれい!
橋を渡った先の小さい島に嵐くんのハートロックがあるのかな。

ひとつここだけは絶対行ってみたいと思う場所があったのだけど、
調べてみると見学ツアーを申し込まないと行けないようだった。
それがここ。

course_image05_convert_20160316083057.jpg

ガンガラーの谷

このでっかいでっかいがじゅまるや鍾乳洞をめぐる徒歩80分コース。
かなりの人気のようで春休み後半の土日はほぼ予約で埋まっていました。
行きたいと思った日時の空きがあと2人ぶんしかなく、電話でどうにか3人お願いできませんかと交渉。
快諾していただき予約できました。
ふんむっ、がぜん気持ち高まります。
こんなウキウキ気分は久しぶり。
旅行の予定を組むのってこんなに楽しかったっけ。

話はそれますが、この旅行にあたり交通宿泊費は出資金でまかなえたけど、
おこづかいまでは間に合わなかった。
そこでこの2ヶ月近く極力無駄遣いを改めおこづかいぶんを捻出することにしたの。
私ね、お金大好き(笑)。
貯めるのじゃなくて使うのが好き。
見るとすぐになくなっちゃう。
考えたすえ月を週割りして一週間2万円だけしか財布に入れないというものをやってみた。
光熱費や保険代なんかは口座引き落としだし、
前もってわかる出費、たとえば私や子どもの習い事の月謝、毎月行ってるお顔のお手入れ代、
今月だったら嵐のFCの年会費とか、私のお誕生日のディナー代とか、そういうのは別に封筒に取っとくので、
それ以外の毎日の食費(外食代含む)とガソリン代、本代、日用品代などを2万円ですませるというもの。
月によって余裕のある時には2.5万円にしたりしながら今のところ大きな失敗もなくやれています。
週の最後の方しんどいけどね(笑)。
目的のためならやればできるんだということがわかった。
沖縄旅行が終わったらもうやめにしたいけど、倹約家(ケチとは言うまい)の長男はずっと続けようと言う。
トホホ、こんな世間知らずの頼りない母ですが、沖縄では楽しめるよう運転がんばるよー。
おすすめスポット、ご存知の方がいたらおしえてくださーい。

『復活LOVE』をいつも『婚活LOVE』と見間違う

とくに婚活にいそしんでいるわけではありません。
先日光GENJIの曲が聴きたくなって動画サイトに行って観てみたんだけど、
内海くんが相葉雅紀に似てるわと思った。
手足が長くてやせっぽっちなとことか、
笑っててもちょっとどこかさみしげな感じとか。
最近雅紀が心の恋人。
彼が「おかえり」と言う前にすかさず「ただいま」ってつぶやくとすごくいい感じです。
照れます。

さて。
この前のしやがれで智くんがつくっていた変なスパゲティ。
いっしょに観ていた次男がつくってみたいと言うので挑戦してみました。
「変なスパゲティ」で検索するとウィンナーバージョンも出てきた。
異様さはおなじだった。

まずエリンギ。
ときどき鍋に入れたりはするけど我が家はふだんあまり使わない。
今回は家族3人で2パック購入。

IMG_4091_convert_20160308202813.jpg


刺すべし。刺すべし。
けっこう折れるので注意。

IMG_4093_convert_20160308202826.jpg

IMG_4094_convert_20160308202839.jpg
エリンギが足りなかったので、エリンギなしの麺もいっしょに茹でる。


茹でると、

FullSizeRender+(1)_convert_20160308203032.jpg

こうなる。

IMG_4096_convert_20160308202728.jpg
うっわ、けっこうなグロテスク感。たしかに深海魚っぽい。


ま、ふつーに美味しそうでしょ。

IMG_4097_convert_20160308202748.jpg

にゅるーーーー。

IMG_4099_convert_20160308202858.jpg


にゅるるるるるーーーーー。
(これは次男のしわざ。これでもかと刺したやつ)
IMG_4100_convert_20160308202910.jpg


が、しかし侮ることなかれ。
智くんも言っていたようにこれがなかなかの美味さ。
エリンギがきゅっきゅっとした歯ごたえで、新食感。
またつくってみようと思いました。
次はエリンギ半分、ウィンナー半分にしようかな。
パスタって具材といっしょに食べるのってめんどうだけど、
これだと刺さってるから実はとっても食べやすいのだということがわかりました。
めでたし、めでたし。


来月若冲ミラクルワールドの再放送があるとのこと。
ずっと観たいと思っていました。
録画しなくちゃ。

パドブレ



Coccoを聴くとわたしがわたしに還るような気持ちになる。

わたしはここにいるのに。

どうしてだれもわたしにきづかないんだろう。

ほんとのわたしに目を背けないのはだれ?

どんなわたしでも抱きしめてくれる人はどこ?

ああ、そんなあなたにいつかめぐりあう生でありますように。

って気持ちにさ、なるのです。

祈るような。