無門、はじめました。

先日イオンモールに行ったときにふと思いついてイオンシネマに立ち寄ってみました。
出遅れた感あるけど、フライヤー、もしかしたらあるかなーと思って。
『忍びの国』の。
そうしたら、

「こちらはお一人様一枚のみとなっております。
ご希望の方は入場口スタッフまで声をかけてください。」


と注意書きが。
ほほう、あるだけもらったりはできないけど、あるにはあるんだな、よしよし。

ちょうど開演前で列ができてるのに一緒に並び、
「あのー、大野さんの映画のチラシ、ありますか?」と恐縮モードで聞く。
するとスタッフのお姉さん、チケットを切る手を休め、近くのドアの中から一枚取ってきてくれました。
嫌な顔ひとつせず。
列をぶった切ったのにありがとう。

しみじみと見てみましたよ。
いいですね、紙。
ネットで見るより鮮明で、目力がよい。
そしてこの黒の感じがいい。
私が描くのが好きな感じでしたので、えいやっとはじめてみました。





智くんを描くの、実に一年半ぶりですよ。
カラーと白黒と用意しましたが、白黒のほうしか見ていません。
眼が強いなあ。
なつかしいなあ。
次男がいっちょまえに頼もしいアドバイスをくれるので、アイディアをひとつもらいました。
楽しんで描こうと思います。

藤ヶ谷くんを描きました。

ここ数日は九州にも寒気到来、雪がふったりしています。
どんどこ積もったりはしないものの今朝は道路がところどころ凍結。
朝早くから開いているパン屋さんまで行くのに車を走らせるのがちょっと怖かった。
道路の表面がキラキラ見えるのはきれいだったけど。

さて絵ですが、前回描いたのが半年前、ひえええ、早すぎる。
年月の過ぎゆく速さにほんとうに驚愕。
久しぶりに描いたのは、まさかの藤ヶ谷 太輔くんです。
Kis-My-Ft2の。

先日知り合ったある方がファンだということで、
ジャニーズ絡みでは全くなくて、
しかも初対面の方々ばかりの席だったのだけど、
絵の話になり、
描いてみようかなという気になりました。


★スキャン★

IMG_20170211_0003_convert_20170212071754.jpg


★スマホ★

IMG_5475_convert_20170212071742.jpg

藤ヶ谷くんと言えば、私にはan-anのヌードのイメージが強くて(ファンの方すみません)、
画像を検索してみてもセクシー路線みたいなのがわりと多い。
でもあえて自然な笑顔のものが描きたいなと思ってこれにしたのだけど、

もーね、ムズかったーーー。
時々しか描かないせいで腕が鈍ってるのだと思うけど、
切れ長のとっても涼しげな素敵なおめめを表現しきれず。
羽生結弦くんじゃね?と自虐したら子ども達も「あーね、羽生くんやね、そういえば」とか言うし(笑)。
お顔のパーツが個性的。
鼻筋もながくてまっすぐだし、細長く整った歯、涙袋はふくふく、そしてながーい首。
造作が美しくて、やっぱりジャニーズの男の子ってすげーな。
嵐の人がまるなら、藤ヶ谷くんは線。細長いイメージ。
彼は私の好みのタイプではありませんが、描くと知ってる気になって好きになるよね。
描いててとっても楽しかったし、喜んでもらえるといいなーと思います。

今朝の夢にそういえば相葉雅紀が出てきた。
次は彼を描こうかな、気分がのってるうちに。

王子様☆MASAKI☆

ニノと例の女子アナとの熱愛が発覚した時にとある掲示板で、
どんな話の流れだったのか、
「相葉くんがメンバーの中でいちばん自分が何をしたいとかいう確固たる気持ちがなさそう。
嵐でいることに必死でいるように見える。」
みたいなニュアンスのことを言われていた。
ああ、なるほどねー、と思いながらも、うーん、でもほんとうにそうなのかなとも思った。

そのあとに鹿児島アリーナでのコンサートに行ってすごく近くで嵐を見てきたわけだけども。
彼から感じたのは私欲のなさ。
だけどそれは自分がないというのとは違っていて、
自分を強く持たないことでつなげる役目をかっているというか。
以前から相葉雅紀という人は心優しくて美男美女しかいない惑星からやってきた宇宙人だと思っている。
地球の人たちに行き届かない宇宙エネルギーをかわりにキャッチしてくれて、
はい、はい、って渡してくれる。
宇宙人だからその志が地球人とはどこか違っているので、どこか遠くて切ない感じがする人。

突然ですが相葉雅紀は数秘でいうなら『11』です。
数秘術はいわゆる統計学ですが、とても興味深い。
何年か前から本を読んだりセミナーに行ったりメール鑑定をしてもらったりしています。
ちなみに私は『33』ですが33以外にもいくつか数字があって、
その組み合わせで生まれ持った性質とか今生での目的とか得意とする役割とか、
びっくりするほどピンポイントにはじき出されます。
嵐のメンバーの数秘やその鑑定なんかも検索するとけっこうたくさん出てきて面白い。

ちなみに先日見つけたのがこれ→
あはは、やっぱりパイプ役なんだよね。
そしてミラクル雅紀たるゆえん、下りてくるヒラメキのせいなんだなあ。
やっぱり宇宙人だ(笑)。
力むとうまくいかないってなんかわかる。
雅紀にはナチュラルでいてほしい。


鹿児島で見た雅紀があまりに美しく素敵だったのでわりとはやくから着手していましたが、
今までかかっちゃった。
ほんとうに久しぶりに絵を描きました。
ブログをさかのぼってみたら最後に描いてから一年近くたっていました。
心配したけど描き始めたらおぼえてた。
描く感じとか。



惑星アイーバ(笑)のプリンス。

FullSizeRender_(5)_convert_20160822233052.jpg

なかなかムズかったぞ。



続きを読む

人生の楽園

大変おひさしぶりです。
ロッタは元気です。

皆さま、『人生の楽園』という番組をご存知でしょうか。
息の長い人気番組で、私の住む町のどこかも放送されたことがありました。
素敵な生き方をしている方がいつも出てきます。

先日看護師時代の同僚(といってもすごく年上の大先輩)からお電話がきて、
以前食事をご一緒したお店が放送されるとの連絡をいただきました。

佐賀県小城市の『だんらん』

IMG_4701_convert_20160706215852.jpg

ご主人に先立たれた奥様がおひとりで切り盛りされているアットホームなごはん屋さん。
民家をそのまま食事処にされていて、テーブル数もさほど多くなくいつも予約でいっぱい。
お客さんが自らすすんで配膳する様子が放送されていました。
食事をしたのは3、4年ほど前のこと。
同席した元同僚の方おふたりとひさしぶりにお会いしていろんな話をした中で、
私は持参していた智くんの絵のポストカードをね、お渡ししたんです。
最近はこんなものを描いている日々なんだと話しながら。
お店の方もわあっと驚いてくださって、何枚か。

そうしたら先日のお電話では、
大野くんのポストカードは飾られていて、
お店のお客さんからもこれ大野くんでしょ、じょうずね、って言われるらしいよ、と聞き喜んでいたら、
テレビにも映るかもよと言われたものだから、
ちゃっかり録画してみました。

そうしたらね、

おおおっ!!!


IMG_4699_convert_20160706215830.jpg

たしかに映った!


IMG_4703_convert_20160706215935.jpg

びっくりですねぇ。
こんなこともあるもんです。
フラのお友達に教えたら、「智くんに近づいてるやん!」と言われました。
いやいや、近づいてないけれども(笑)。
思いがけずうれしい。


ここのお店のまわりは見事なあじさい畑。

IMG_4702_convert_20160706215911.jpg

奥様に持ってっていいよー、切って土に挿しとけばすぐにつくからと言われ、
その通りにしたら本当にちゃんと根付いたのだけど、
ふた夏くらい花を咲かせずにいたので、
簡易なプランターと手入れ不足のせいかと思ってあきらめていたら、
今年ね、はじめて赤紫色の花をふたつ咲かせたのでした。
きっとこのニュースの前触れだったのねーなんてね、今になって思ったりしました。


描く人を描く

ひとつ前の記事のを描いてすぐにとりかかって仕上げた。
指輪を持ってるページ見て買わなくていいやと一度は思ったけど、
あとの方のページの見上げてるお顔と描いてる横姿は欲しい。
結局TVガイド、買ってしまった。
最近では欲しいページ以外がゴミになるのが嫌で
テレビ誌に関しては切り抜きをオクやフリマアプリで買うことにしているけど、
絵のモデルにしようと思ったら話は別なのだよねー。

今回は気になるところがたくさん。
まずお顔が微妙…。
似ないのだ、これが。
紙を縦にしたり横にしたりして描いて、
横顔ではそこそこ似てるのに紙をもどしたらあれ、なんかちがーう、て何度もなった。
目もほっそーい黒まなこがちょびっと見えてるだけで、
これでどうやって似せろっていうんだよと苦し紛れにぼやいてみてもはじまらないから描くけど、
ひさびさに紙がボロボロになってあと少しでヤバかったっす。
手のスジのところは濡らしちゃって紙がめくれちゃったし、
モデル智はもっとペン先の方に体が寄ってるんだけど姿勢よくなっちゃったし、
左端に飛行機描いたら子どものラクガキみたいになって消したら跡うっすらだし、
はじめはデッサンぽくカッコよく描こうとしたのに結局いつものように変わり映えしなかったし、
なーんてつらつら文句言ってみる。
うふふ。

自分が思うイメージどおりにいつも描けるとはかぎらない。
うーむとうなって納得いかないこともあるけど、
見てくれる人がいてくれるのがうれしい。


てことで、描く人、完成です。





なんか、静かな絵だねー(笑)。
精進します。
とりあえず鉛筆画続けて描いてもー飽きたー。
右手はうすーくこわばってるし。
しばらくはまた放置かな。

テンプレートを替えてみました。
センスのいいテンプレートを作成してる方がいて、
最近その人のをよく使っていたんだけど、
自分仕様にカスタマイズするのは楽しい。
秋だしね♪
今週来週と子ども達の運動会。
明日は早起きしてお弁当づくりがんばるっす。



テーマ: 大野智 | ジャンル: アイドル・芸能

空へと










あなたの住む街は優しかったなあと夏のことを思い出したりしています。

秋はいいなあ。












テーマ: 大野智 | ジャンル: アイドル・芸能

君は1000%

やっとでけた。
別に難航していたわけではなくシャツを描くのが面倒だっただけ。
後半ちゃっちゃとすませてしまった。
でももーいいや(笑)。


IMG_20150712_0001_convert_20150712231847.jpg

ぼんやりぼやけた左半身はテキストのために見えなかったのだもん。
とゆーことで完成。


スマホ撮りの方。

FullSizeRender+(9)_convert_20150713143044.jpg



この歯並びがキュン度1000%です!




カルロス、よいよね。

2015年上半期を絵で振り返る

そっか、今年も半分は過ぎてしまったのか。
そんな話題を他人様のブログで目にしたりなんかして私も上半期の絵をね、見返してみたわけですよ。
ぎょぎょぎょ!(さかなくんふうに)、なんと6枚しか描いてなかった(笑)。
ツキイチのペースですか!
それはそれでゆるりちょうどいいペースのような気もしますね。
ちなみに昨年、2014年の上半期は18枚描いていました。
月に3枚ペース、そっちの方が驚き。
もう今は絶対無理。


では振り返ってみましょう。

[一枚目]

IMG_20150105_0001_convert_20150105212610_convert_20150703142332.jpg

なんといってもセーターの編み目。
ひとりの年末年始はこの編み目描きに没頭していました。
それはそれでひっそりと心静かな年越しでした。
編み目はまた機会があれば描いてもいいかなという感じです。


[二枚目]

IMG_20150117_0001_convert_20150117002748_convert_20150703142317.jpg

編み目に続きパーカーのワッフル生地。
この2枚だけでも昨年描いたものの5枚ぶんくらいはありそうに思う。
ワッフルはねえ、もうまっぴらごめんです。
この智くんがだいすきなのでワッフルを絶対に着せてあげる必要があったから描いたけど、
自分でもよく描いたなあと思います。


[三枚目]

IMG_20150321_0001_convert_20150321230233_convert_20150703142302.jpg

つい最近のように感じますね。
描いた絵を後から振り返ると自分が描いたんじゃないみたいに感じるけど、
この子もまるでずっとそこにいたみたいに見える。
とても描けそうにないと思うものでも実際に描いてみるとちゃあんとあらわれてくれるというのは
描き重ねるうちにたしかに感じられるようになったことのひとつです。


[四枚目]

IMG_20150418_0001+(2)_convert_20150418143514_convert_20150418151122_convert_20150703142248.jpg

この子は髪の感じがまたしても自分で描いたんじゃないみたい。
智くんの頭の形と髪のバランスってむずかしいなといつも思うのです。
少しの膨らみの違いで可愛さがまるでなくなってしまったりするので。
後ろ髪がこんなふうに長いのを描くのが好きです。


[五枚目]

IMG_20150422_0002_convert_20150422151214_convert_20150422151445_convert_20150703142223.jpg

この子は描かなきゃいけなかったよね~。
モデルにした公式写真があまり出回ってないレアな感じのもので、
それが手元にやってきてくれたのだから私が描かなくて誰が描くという思いと、
この少年に会いたいという気持ちがあったので。


[六枚目]

IMG_20150613_0001_convert_20150613120303_convert_20150613120601_convert_20150703142204.jpg

これもそうなんだけど、ここ何枚か、
この子を描けるのは私しかいないという気持ちで描いています。
ちょっとした覚悟のようなものです(おおげさ?)。
モデルにするのも、どこかに彼の本質がちらりとのぞいているのが好きです。
このスーツの智くんを描いた後に友人のお誕生日に彼女が好きだと言ったライブの時の智くんを描いて
プレゼントしたのですが、
彼女の手元できれいに額装されて笑っているその絵を見せてもらったら、
(それは彼女にあげるために描いたので彼女の智として客観的に見れていますが、自分が描いたという親密さももちろんある)
優しくていのちを感じて、
ああ、もうこういう智くんしか描きたくないなと強く思ったのでした。

上半期の事件としては(笑)、ここでの画像削除のことがあって、
それも今となってはちゃんとしたはからいであったことがわかるというか、
あれを機に嵐や智に対する執着みたいなものから自由になって、
私は私で日々の営みを慈しみながら過ごしたいと思うようになりました。
嵐にまつわるエトセトラも必ずしもすべてが手に入らなくてもいいという気持ちです。
とても楽ちんです。



下半期の一枚目もものすごいスローペースで進行中。

FullSizeRender_convert_20150705100219_convert_20150705100356.jpg

お顔が完成しちゃったのでやや満足。