大野くんのディズニー案内

何かのスピリチュアル本で、今地球上にある、そしてこれからどんどん生み出される歌とか絵とかの、
芸術やアートなどと呼ばれるものすべては実はもうすでにどこか別の場所に存在しているものであり、
(この場所というのは別の次元のとか、別のずっと遠い星のとか、そういうこと)
それがただ表現者を導管にしてあらわれ出ているだけだというくだりを読んで、
どっひゃー!そんなことってあるの?とびっくりしたのだけど、今はそれがすごくわかる。

ウォルトが2日で描かせたという、ウォルトの頭の中にあったあのランドの構想図。
2日で描いた人もすごいと思ったけど、もっとすごいのはあんなに細かい部分まで鮮明にイメージでき、
かつそれを頭から引っ張りだすことのできたウォルトだと思う。
きっとあの図(後のディズニーランド)は別次元の、文明の進んだ平和で豊かな星かなにかにあるどこかなんだろうと思った。
そう、ウォルトが導管。

あれがすでにあるどこかならば、きっとそこがこれからの地球が向かっていく理想郷みたいなものだと思うし、
私たちにとってはディズニーランドこそがふるさとなのかもしれないな。
ディズニーランドには大人も子どももなく、差別も戦争も必要なく、愛と平和と緑と純粋な楽しさがある。
私はディズニーランドにもミッキーにも全く興味がなく、何というか、
あのハッピーさやファンタジーな感じに対して冷ややかだったわけだけど、
もしも実際に行くことがあればきっと楽しめると思うし、泣いてしまうかもと思う。
その美しさとなつかしさに。

ウォルトはアニメーターでもただのお金持ちでもなくて、クリエイターだったのだね。
それもかなり強固に頭の中のものを具現化することにこだわった。
妥協も失敗もなくやり遂げたのってすごいと思う。
その成功がなければ今の地球上にディズニーランドは存在せず、きっと地球人の楽しみ2割減てなとこだろう。
(2割はちとおおげさかもだけど)
でもディズニーって私たちにとっての娯楽だけでなくて、アーティストにとっての受け皿というか、
想像し創造する人の力を発揮させる場所として重要な役割を果たしてるんだと思った。

大野くんが天井か何かを指さして、「関わりたかった。ここ、塗りたかった。」なんて言ってたけど、
ウォルトはそんな風に何かを創ることに歓喜する人にとっての場所もつくりたかったのかななんて。
それはウォルト自身だから。
そして宇宙へのゲートだから。

想像や創造をすることで行けるその宇宙を私もちょっとだけ垣間見たことがある。
Michaelのことが好きで好きでもうどうしようもなくて彼の小説を書いた時。
Michaelをびんびん感じて、愛がどうしようもなくあふれて、満ち足りていて、
もうこの気持ちのまま一生生きていきたいと思ったほどだった。
持続はしない。ずっとは行けない。
でもまた行きたい、そこに。
そこに行けばMichaelにも大野くんにも会えるような気がして。
彼らの魂に触れることができるような気がして。


若冲の時にも思ったけど、絵に触れる大野くんの顔はいきいきしている。
子どもみたいでキラキラしていて眩しい。
私はそれを見て自分は何も持っていないような気になって悲しくなる。
私にも宇宙へのゲートが優しく開く日がくるのかな。


大野くんみたいな人に出会えてよかった。
彼を見ていると不思議なくらい自分が受け入れられている気持ちになる。
大野くんが私のものだったらいいのに。
そしてこんな風に笑う顔をそばで見てみたい。



なあんてね。









wild at heart

嵐くんに恋したばかりほやほやの私は、
彼らが世に出てから出演したドラマだのバラエティだの、とにかく膨大な量をせっせと、
でも楽しく観るのがすっかり日課と化している。

バラエティものはたくさんあるのだけど、
PVは著作権の関係かアップされてもすぐに削除されていたり、
歌番組に関しては番組そのものが少ないのもあってか、
観るのが追い付かないってことはない数なので、のんびり順不同に観ていってるところ。

離婚して私の心に時折浮かぶのはさみしさ。
いっしょに暮らしていた人がいなくなってできた物理的な隙間。
家族がちゃんとそろっての場面はもうなくなってしまった。
でも驚くほどに感情って流れていくんだ。
流れていくものだと知って抵抗せずそのままにしていれば、
車窓から眺める景色みたいにゆるやかに優しく流れてく。
そして次の瞬間にはこれから私が歩む、自分が選ぶことのできる自分だけのための、
責任をともなうがゆえの自由な道が開けていることへの喜びがふつふつと湧いてくる。

Michaelはいわば招待状だった。
彼を愛することでスピリチュアルを知ることをきっかけにして、
私が自分をより深く知る旅への。

劣等感。自己否定。
親への憎しみ。
自分より優れているように思える人への妬み。
特別であることへの憧れ。
いつもいつも自分の奥にとどまっている執拗な怒りの念。

Michaelを愛することで私は受け容れられた。
ちっぽけで何の価値もないという思いが押し寄せてきてその波に飲まれるたび、
Michaelを愛する思いがいつもそれより少し勝った。
Michaelの存在は大きな大きな愛に変わり私の中に溶けていった。

スピリチュアルの知識を実践し、サイキックでありたい、
悟りに至りたいという気持ちは気づけばいつからか薄れていった。
離婚の話が出てそれどころじゃなくなったせいもあったけど、単に飽きたのかもしれない。

そこで現れ出たのがじゃじゃじゃじゃーーーーん!
吹き荒れたゼ、A・RA・SHI
嵐はスイッチだった。
スピリチュアルとはサイキックな在り方ではなく、今ある体と頭と感情をつかって、
フルにガチに生きることなんDA!!
わかったかい?ベイビー、はい、スイッチPON!!

嵐を見てると、その時に目の前にあることを今あるすべてで全力トライってわかる。
目の回るような忙しさの中(たぶん)、ユーモアと持ち前の愛らしさと軽やかさで越えてゆく。
Michaelを通して知った、愛していればその人の魂に触れることができるという持論をもって見ると、
彼らは誇り高くて、愛情深く、やんちゃで遊びゴコロのある天使にしか見えん。
与えることを惜しまない、ぴっちぴち活きのいい、イカした奴ら。

そんな彼らを見てて、自分も彼らみたいになんかやれる。
そう思っちゃうのは変かな。いや、必然だぜ。


『ワイルドアットハート』
今年3月に発売された嵐のシングル曲だけど、きちんと聴いたことがなかった。
で、あらためて観てみたらダンスがすげーカッコ可愛かった。
歌番組によってカメラのアングルやセットや照明の明暗も違うのだけど、中でもこれがよかった。
ダンスのフォーメーションがよくわかるし、なんといっても嵐くんの笑顔が、笑顔が、素敵すぎ。
ほんと、キラキラなの。 とっても楽しそうで、見てるこっちまでいっしょに踊ってる気になる。

そして、歌詞がね、ビンゴ!!ちゃんと聴いたのが今になったのがしっくり。


一度きりの人生 転がるように 笑って泣いて生きてゆこうぜ Baby
誰かの決めた 自由はいらない そしてここではない どこかへ Someday

背負(しょ)い込み過ぎたら 捨ててゆこうぜ 明日は明日の風にまかせ
何が起こるか 誰にもわからない 今を生きるだけさ Let’s go

出会えた仲間よ そのままでいい ためらうことなど 何もないぜ

もしも旅立ちを決めたときは 何も言わないで見送るから

そう 暗闇の中で たとえ 倒れたときは この手差し伸べるから


え?その仲間って私のことでしょ?バンザイ、同志よ!
ほら、これで確実。絶対。
Micahelから嵐へバトンは渡った。
私はここで嵐に恋して、強い心で生きていくんだ。
むくむくとパッションが湧き上がって、花火みたいにはじけた。



Wild at heart.
ワイルドに、心のままに、自然でいこう。