湖の紺(このこん)

いつもそこに感じるのは豊かな水をたたえた静かな湖面

「だれにも言ったことなかったんだけど…」って言いながらあなたが話してくれたらうれしい。わたしをとくべつだって思ってくれたのね。

NO IMAGE

背中を押してくれたもの・ひとつめ

2
スピリチュアルって大きなひとつの真実で、私にとっては生きていくうえでの指針。でも書くのには少し抵抗がある。読んだ人に私を受け容れてもらえなくなるのではという不安から。宗教じみてるとか得体が知れないとか思われないかなって。だけどちょっと書いてみようかな。これを読む、同じ気持ちを知っている人にもしかしたら届くかな。スピリチュアルを知ったきっかけなどはまた別の機会に書けたらと思いますが、離婚するにあたっ...

NO IMAGE

再婚するの?

2
今日の夕方小学5年生の長男が、「おかあさん、あのさ、ちょっと思ったんだけど、再婚ってしたりすることもあるの?」と突然聞いてきた。私は少し迷ったけれど、「そりゃあ、あるよ。おかあさん、結婚したいなって思う人があらわれれば結婚するよ」と返した。長男はそれ以上何も言わなかったけど、おとうさんじゃない人がおかあさんと結婚するなんてきっと嫌なんだろうな。長男はもともと優しくてききわけのいいところがあるけれど...

泣けばいんじゃね?

2
お向かいのおじいちゃんが亡くなってお葬式に行ってきた。肺がお悪かったらしく、最期は病院で静かに息を引き取られたということだった。お葬式の会場は空気が清々しく澄んでいて、こんな表現は変かもだけどすごくいい式だった。その人の最期によってもお葬式の雰囲気って変わるのだろうが、悲しいながらもありがとうの気持ち、会えてうれしかったよの気持ちを言葉にできる式はしあわせなお別れの仕方だなと思った。帰ってきたらお...

離婚のこと

2
離婚はすることもしないことも自由に選べた。我が家の場合セックスレス以外には特に問題もなく、今振り返ればいつもしあわせと感じていたように思う。元夫は物静かで、言いたいことのたぶん10分の1も言葉にしていないんじゃないかと思うくらい、本当に感情の表現が控えめで神経質な人だった。そして常に怒りのエネルギーをたたえていた。それは本人さえも気づかないような、よく目を凝らさないとわからない感覚的なもので、私はよ...

NO IMAGE

別に言わなくてもいいかもしんないけど的なお知らせ。

4
先日離婚しました。 この一年いろいろな心模様がありましたが、過ぎ去ってみればたいした問題ではなく、 今は落ち着いた心持ちです。 夫は家を出ましたが、私と子どもたちの生活には大きな変化はありません。 夫も私もほぼ同じような流れで同時期に離れようという気持ちになり、 心配だった子どもたちも持ち前の明るさとしなやかさで受け入れてくれて、 本当に流れるようにスムースに(変な言い方だけど)離婚になりました。 今感...
このカテゴリーに該当する記事はありません。